このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジャム瓶の蓋が開かなくなる理由。簡単に開ける方法5選とNG手段

ジャム瓶の蓋が開かなくなる理由。簡単に開ける方法5選とNG手段

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月25日

ジャムをはじめ調味料や佃煮など、たくさんの瓶詰め食品がある。いざ使おうとすると、蓋が固すぎでどうしても開かない!という経験は誰でもあるはず。そんな時に知っておくと役立つ、瓶の蓋の開け方を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 開けづらい理由

そもそもなぜ、瓶の蓋は開かなくなるのだろうか。

それは瓶の中身を酸化させないために、瓶詰めの時に空気を抜いて真空状態にしているため。また、瓶詰めを冷蔵庫に入れておくと瓶の中の空気が冷え、瓶内の気圧が下がるために空きにくくなるということもある。

2. 道具を使わない方法

まずは何も道具などを使わずに開ける方法を紹介する。まずは、こちらを試してみよう。

蓋を押さえて瓶をまわす

利き手ではないほうで蓋を持って固定し、利き手で瓶を持って瓶本体をまわす。このほうが普通に蓋をまわすよりも安定感があり、力が入れやすい。

腕全体を使って開ける

腕をまっすぐ前に伸ばし、瓶と蓋を力いっぱい持つ。そのまま手首を動かさずに、ひじを横に曲げながら瓶を体に引き寄せるようにすると、一気に強い力が入る。ポイントは手首を固定し、ひじと腕で開けるように意識することだ。

3. 道具を使う方法

道具なしで開けることができなかった場合は、以下の方法でチャレンジしてみよう。

瓶の蓋を温める

昔からよくやられている方法だ。小鍋に瓶の蓋が浸かる量の水を入れて50℃くらいに温め、瓶の蓋部分を浸けて温める。すると蓋が温まることで膨張し、開きやすくなる。

ゴム手袋を使う

手が滑って力が入っていないという場合もある。そんな時は、ゴム手袋をつけてから開けてみよう。滑り止め効果で、グッと力が入るはずだ。

キャップオープナーを使う

蓋が開けられなくていつも困っているという人は、市販されているキャップオープナーを用意しておくのも手だ。

4. これはNG!

蓋が開かない時、ついやってしまいがちな事の中にはNGなものもある。覚えておこう。

蓋を火であぶる

温めると開くので、蓋を火であぶるという話も聞くが、瓶が破損する恐れがあるためやめておいた方がよい。

瓶を強く叩く

空気を入れて真空状態を解消するために瓶を叩くという方法も聞くが、これも瓶が割れる危険があるため避けよう。ただ、叩いた衝撃で隙間から空気が入るので、瓶を逆さにして、調理台など安定した場所に濡れたタオルを敷き、瓶の蓋の部分をタオルの上に軽く叩きつけると効果的。割れない程度に様子を見ながら試してみよう。

蓋と瓶の隙間に差し込む

これも空気を入れるためにやりがちな方法。やはり割れる危険があるためやめておこう。

結論

いろいろ紹介したが、まずは開ける前に手をしっかり洗って乾かすこともポイント。水気も油気もない乾いた手で開け直すだけで、案外開いてしまうこともある。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2018年5月12日

  • 更新日:

    2020年9月25日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ