このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

辛いもの好き必見!!激辛唐辛子「キャロライナ・リーパー」とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年7月 6日

2013年にギネスの「世界一辛い唐辛子」記録を更新した「キャロライナ・リーパー」。どんな特徴を持ち、どのようにして生まれたのか。また、どれくらい辛いか、どこで手に入るかなど、キャロライナ・リーパーについて見てみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「キャロライナ・リーパー」とは?

「キャロライナ・リーパー」とは、2013年8月7日にギネスワールドレコードに「世界一辛い唐辛子」として認定され、記録を塗り替えた唐辛子だ。
熟した果実は燃えるような赤色でごつごつとしており、死神の大鎌のような突起が印象的。その辛さと見た目から、「キャロライナ・リーパー(Carolina Reaper)=カロライナの死神」と名付けられた。
アメリカのサウスキャロライナ州・ロックヒルで、唐辛子関係の会社の経営者によって生み出された、ナス科トウガラシ属の多年草。2011年に更新されるまでは世界一辛いといわれていた「ブート・ジョロキア」と、セントヴィンセント島産の「レッドハバネロ」を7世代にわたりかけ合わせることで改良された品種である。
世界中に存在するといわれる辛いもの好きは、常に今ある以上の辛さを探している。他に類を見ないほど辛い唐辛子は、とてつもない経済効果を及ぼすものであるため、一獲千金を求めてその開発に力を入れる生産者は数多い。その中にあって、このキャロライナ・リーパーの開発者は、自身や家族の健康改善のために唐辛子がよいと研究した結果、世界一辛い唐辛子の開発に行き着いたのだという。

2. 「キャロライナ・リーパー」はどのくらい辛いの?

唐辛子の辛さを示す値に、「スコヴィル値」とよばれるものがある。元々、各種の唐辛子を一晩漬けこんだオイルに砂糖水を加え、被験者が辛さを感じなくなる希釈倍率を測定して示していたのだが、極めて主観的で時間もかかるため、現在では唐辛子に含まれるカプサイシンの含有量を機械測定した数値をスコヴィル値に変換する方法が一般化している。
ほかの唐辛子と同様に、辛さには個体差があるものの、ギネスに記録されているキャロライナ・リーパーのスコヴィル値は156万9,300SHU(スコヴィル)であった。
激辛唐辛子ブームの火付け役としてもよく知られる「ハバネロ」のスコヴィル値は50万SHU程度ともいわれているため、キャロライナ・リーパーが想像を絶する辛さであることだけはわかるだろう。
ハバネロが世界一辛い唐辛子だった当時は「これ以上に辛い唐辛子は作れない」と言われていたが、その後は、スコヴィル値が100万以上の「Super Hot」と呼ばれる領域に突入。
「ブート・ジョロキア」や「インフィニティ・チリ」、「ナーガ・ヴァイパー」、それまでギネス1位であった146万3,700SHUの「トリニダード・スコーピオン」など数々の新種が登場したが、キャロライナ・リーパーはそれらを遙かに上回る驚異の辛さを誇っている。
※数値は参考値であり、個体によって大幅に差がある。

3. 「キャロライナ・リーパー」を入手するには

キャロライナ・リーパーをぜひ試してみたいという場合は、どこで入手できるのだろうか。
キャロライナ・リーパーは、パウダーや乾燥させたもの、瓶詰めや苗に至るまで、ネット通販などで手に入れることができる。日本でも栽培および採種を許可されているため、キャロライナ・リーパーを栽培する農家が存在するからだ。
とはいえ、辛さに慣れていない人がいきなりキャロライナ・リーパーを試すのは危険がある。キャロライナ・リーパーの切り口が唇に少し触れたくらいでも辛さや痛みが数分は続くというのだ。
しかしながら、辛さの一方で糖度も高く、辛さの奥にある甘さに病みつきになる人も多いようだ。
そして、唐辛子類は比較的栽培が容易だといわれているため、苗を購入して栽培、自家製のペーストや粉末を作成する人や、種をとって毎年育てる人もいるという。
しかし、カプサイシンの含有量がかなり多いキャロライナ・リーパーの栽培には、細心の注意を要する。
その汁が皮膚に付着するだけでも数日間は火傷のような痛みに襲われ夜も眠れなくなるというから、収穫時から手袋は必需品だ。
さらに、収穫したキャロライナ・リーパーの調理や加工の際にも「ゴーグル」「手袋」「マスク」は必須。目に入れば失明の危険もあるほど取り扱いには注意が必要だという。まな板やフライパンなどの調理器具にはいくら洗っても辛味が残るといい、普段使っている調理器具とは別にする事がすすめられている。
調理の際には換気も十分に行い、危険を回避しなければならないというほど刺激が強いのだ。

結論

唐辛子の中でも飛びぬけた辛さを持つキャロライナ・リーパー。その辛さはもはや刺激や痛みで表現される領域であるようだ。現在では、さらにスコヴィル値の高い唐辛子が発見されたというから、その上限は計り知れない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ