このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【唐辛子】の辛さをもっと楽しむ豆知識8選。辛さを堪能しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年1月23日

料理に入れるとピリッとした辛みとともにさわやかな味わいが広がる唐辛子。辛いものは好き嫌いが分かれるが、唐辛子は古今東西古くから愛されてきたスパイスだ。今回はそんな唐辛子の歴史や保存方法、栄養素をはじめ、食欲をそそる調理法など唐辛子についてわかりやすく解説した記事をピックアップして紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 唐辛子の世界

世界中で広く料理に使用されている唐辛子だが、その原産地は中南米だといわれている。また、自然交雑が盛んに行われることから、種類も数千種以上存在するという。この記事では、唐辛子の歴史や、日本に普及するまでの流れやさまざまな唐辛子の種類について詳しく解説している。
この記事もCheck!

2. 唐辛子を粉にしてみよう

唐辛子を調味料として使用するなら、そのままの形よりも乾燥させて粉状にしておくと使い勝手が格段によくなる。粉状のものももちろん販売されているが、自分好みの粗さや品種で作ってみるのもおすすめだ。作り方の手順や注意事項、唐辛子の粉末にプラスしてより美味しくなる材料などを学んでみよう。
この記事もCheck!

3. 唐辛子の栄養と効能

古くから世界中の人に愛され続けている唐辛子だが、その栄養素や成分も優秀だ。唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは基礎代謝をあげて脂肪の燃焼を助ける効果のほか、疲労回復なども期待できる。アラビアータや麻婆豆腐などの食用以外にも、催涙ガスや防虫剤などカプサイシンは有効活用され、私たちの暮らしに活かされている。
この記事もCheck!

4. 唐辛子料理のカロリーや糖質

唐辛子は、唐辛子炒めなどのように調味料として使用されることが多いため、直接カロリーを左右することは少ない。だが、メインの食材に何をセレクトするかによってトータルカロリーは大きく変わってくる。この記事ではカロリーや糖質を抑えながらもピリッと辛い唐辛子炒めを楽しむ調理法を解説している。
この記事もCheck!

5. 一味唐辛子と七味唐辛子の違い

唐辛子調味料として日本で広く普及しているのが一味唐辛子と七味唐辛子だが、この二つの違いはご存じだろうか。一味はシンプルに唐辛子の辛みをプラスしたいときに適しており、七味は7種類の香辛料がブレンドされていることから香り要素も含めた風味づけに適している。使い分けのポイントや、一味と七味それぞれに合う料理を紹介。
この記事もCheck!

6. 唐辛子を入れすぎたとき

唐辛子をたくさん入れた料理は刺激的な辛さで美味しいものだ。しかし、調子に乗ってドバドバと入れすぎてしまうと逆に料理本来の風味や旨みを損なってしまううえに、辛すぎて食べられなくなってしまう。そんなやりすぎた辛みを中和してくれるのが、ヨーグルトなどの乳製品。ここでは唐辛子を入れすぎてしまった時のおすすめ対処法とNG対処法を紹介する。
この記事もCheck!

7. 唐辛子の保存法

唐辛子はスーパーなどでは乾燥した状態で流通していることが多いが、道の駅や農協直売所では生の状態で販売されているのをよく見かける。生のままではあまり日持ちがせず、保存もきかないため、もし生唐辛子が手に入った場合には一工夫することをおすすめする。オイル漬けや醤油漬けをはじめ、乾燥させる保存方法をこの記事で学んでみよう。
この記事もCheck!

8. 唐辛子の栽培方法

唐辛子は比較的栽培がしやすい植物で、プランターさえあれば家庭菜園でも気軽に育てることができる。真っ赤に色づいた唐辛子は料理に華を添えてくれるので、自宅栽培でたくさん収穫するのも楽しいだろう。唐辛子を植えるのに適している時期や、上手な栽培のコツなどがまとめられているので、家族で挑戦してみてはいかがだろうか。ただし、実に触った手で目をこすらないよう要注意!
この記事もCheck!

結論

世界中で広く愛され歴史も深い唐辛子。品種や辛さも非常に種類豊富であらゆる料理を美味しくするので、上手に使えば家庭料理の幅もぐんと広がるだろう。活用しすぎると刺激が強すぎて粘膜や胃が荒れる可能性もあるため、ほどほどに。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ