このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆って冷凍できるもの?正しい解凍方法とは

納豆って冷凍できるもの?正しい解凍方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年8月 3日

納豆の賞味期限が切れてしまい、処分した経験は誰しもあるのではないだろうか。もともと発酵したものだからと迷うことも多いだろう。納豆が冷凍できるのならば、どのくらい保存できるのか、また、どのように解凍するのか、など、納豆の冷凍保存に関する「はてな」について解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 納豆は冷凍保存できる?

納豆はもともと納豆菌の繁殖により発酵させているため、常温で放置しないなど、適切な環境下にある場合には腐敗しないといわれているが、通常冷蔵庫内で保存した場合、賞味期間は1週間前後といわれている。

とはいえ、冷蔵保存でも賞味期間が過ぎると、

・アンモニア臭が増加する
・糸引きが悪くなる
・表面にチロシンと呼ばれるアミノ酸の一種の白い結晶ができ、食感が損なわれる
・水分が少なくなり乾燥する
・苦みが強くなる

などの変化が起こり、健康被害までは及ばないものの、品質が悪化して美味しく食べられなくなってしまう。ちなみに常温下に置いておくと、納豆菌の増殖が促進されてアンモニア臭がしたり、苦みが強くなったりするなどの品質劣化だけでなく、納豆菌よりも強いカビ菌が増殖してしまう恐れがある。こうなると食すのはあきらめざるを得ないだろう。

納豆は冷凍OK?

納豆を大量に入手した時や、旅行や出張などで数日間食べられないような長期保存をしたい場合には、納豆もほかの食品と同様に冷凍庫で保存できるのだろうか。答えは「YES」だ。

納豆菌は冷凍状態などでは胞子になり、いわば休眠状態に入り生き延びることができるという。そして、解凍をして20度前後に戻るとまた発酵が開始されるというから、納豆菌の生命力には驚かされる。

2. 納豆を冷凍保存する方法

それでは、具体的に納豆を冷凍保存する方法について解説しよう。

準備するもの

・ジップ付きのフリーザーバッグなど密閉できる袋や容器
・ラップ

冷凍保存の方法

購入してきたままのパックの状態でも冷凍は可能ではあるが、パックは納豆の分量のわりにかさが大きいことや、水分が失われやすく冷凍焼けなどによる乾燥やニオイ移りのリスクもある。余裕があればパックから出してラップにくるんで密閉容器に移して保存するのがおすすめだ。

パックのまま冷凍保存する場合は、パックごとラップにくるんで、さらにジップ付きのフリーザーバッグなど密閉できる袋に入れて空気を抜いて保存しよう。密閉して乾燥を防ぐことが冷凍保存する際のポイントであり、それさえ守れば特に難しいところはない。

離乳食として使用する場合

納豆は赤ちゃんの離乳食でもたんぱく源としておすすめの食材であるが、離乳食では少量ずつしか使わないため、離乳食の保存方法としても冷凍保存は活用されている。離乳食の冷凍保存でも、離乳食用に下ごしらえした納豆は、製氷皿などに小分けにしたあと、乾燥しないようにフリーザーバッグに入れて冷凍することが大切である。ちなみに冷凍すると、保存状態でも多少の前後はあるが、概ね3か月間は保存できるという。
おすすめ商品

3. 冷凍した納豆の解凍方法

納豆は冷凍するとカチコチに固まってしまうため、冷凍したそのままを味わうことはできない。やはり解凍してから食すことになる。それでは、冷凍した納豆はどのようにして解凍すればよいのだろうか。

冷蔵庫で解凍が正解

一旦冷凍保存した納豆は、食べる前日に冷凍庫から出し、冷蔵庫でゆっくり解凍する方法がおすすめだ。季節により前後はあるものの、6時間~8時間ほどで解凍できるだろう。上手に解凍しないと風味や口当たりが変わってしまうことがあるという。

凍ったまま納豆を容器から無理やり取り出そうとすると、パックの破片が納豆にこびりついてしまうこともあるため、パックごと冷凍した場合は、解凍が終わるまではパックから無理やり出さないようにしよう。パックに入っていると解凍時間も余分にかかってしまう場合もあるため、解凍時間は余裕をもって調節しよう。

常温やレンジでの解凍は?

常温で放置すると、温度にもよるが、20度前後に戻ると再発酵が進むので注意が必要だ。特に夏場は急速な解凍で水分が流れ出てしまうことも考えられる。美味しく解凍するにはじっくりと時間をかけることがポイントだ。

また、納豆菌が死滅するため、電子レンジでの解凍はやめておこう。納豆の食感も損なわれる上、納豆菌特有のアンモニア臭がより強く感じられてしまうこともあるようだ。

結論

納豆は冷凍すると3か月ほど保存できるというから、賞味期限が近づいた納豆はぜひとも冷凍しよう。ちなみに、冷凍しても納豆菌が生きているため、解凍した納豆を蒸した大豆に混ぜて40℃前後で発酵させれば、納豆を作ることもできる。興味があれば試してみてほしい。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年8月19日

  • 更新日:

    2020年8月 3日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ