このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ラズベリー】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法

【ラズベリー】をスムージーやジュースで美味しく飲む方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

鉛筆アイコン 2020年3月18日

ビタミンCやビタミンE、カリウムなどの栄養素を含み、甘味と酸味を兼ね備えたラズベリー。可愛らしい形と鮮やかな赤い色が特徴的で、仕上げのトッピングにも使える。店頭には1年を通じて輸入品が並び、冷凍品も市販されているので、様々なドリンク作りに活用していこう。

  

1. ラズベリーのシロップ煮ソーダ

ルビーのような色合いが魅力のラズベリー。ソーダ水やジンジャーエールなどの炭酸飲料にそのまま浮かべるだけでもきれいで、テーブルに彩りを添えてくれる。

ほんのひと手間かけて、砂糖と一緒に煮てシロップ煮を作り、ソーダ割りにすれば、ラズベリーの甘酸っぱい味を生かした爽やかなドリンクが出来上がる。
材料はラズベリーと砂糖、水だけ。ラズベリーはフレッシュなものを使いたいところだが、量を多く作りたい場合は手頃な冷凍ラズベリーを使ってもよい。作り方は非常に簡単。鍋にラズベリーと水、砂糖を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めるだけで出来上がる。材料を耐熱容器に入れて、電子レンジにかけて作ることもできる。

このシロップを多めに入れて炭酸飲料で割ると、透明感のある赤色になる。ごく少なめに入れると淡いピンク色になって、これもまた涼しげできれいだ。シロップ煮の中のラズベリーやフレッシュのラズベリーを入れて、かき混ぜながらいただくもの美味しい。ミントの葉をのせると、赤色と緑色のコントラストもきれいで、おもてなしのウェルカムドリンクにぴったりだ。割る炭酸飲料は、爽やかな梅風味のソーダにしたり、コクのある乳酸飲料のソーダにしたり、好みでアレンジしてもOKだ。

2. ラズベリーとマンゴーのデザート風スムージー

甘酸っぱいラズベリーと濃厚な甘味のマンゴー。どちらも近年人気が高まっているフルーツで、店頭に並ぶ量も増えてきている。この2つを贅沢に使って、牛乳または豆乳などを少し加えてミキサーにかけると、満足感たっぷりのスムージーになる。

もちろんラズベリーとマンゴーをミックスしても美味しいが、それぞれ別にミキサーにかけ、2層のデザート風に仕上げてみるというのもおすすめだ。ラズベリーの鮮やかなピンク色とマンゴーのオレンジ色をきれいに出すように、できればそれぞれ果実を多めに、牛乳などはやや控えめに入れて美しく仕上げたい。

甘味が足りないなと思った時は、蜂蜜やコンデンスミルクを加えるとよい。または、よく熟れたマンゴーを選んで加えると、甘味も香りもぐんと高まる。グラスに2層に入れたら、上にラズベリーやマンゴーを飾ろう。生クリームやバニラアイスを載せると、さらにゴージャスなデザートになる。

3. ラズベリーのパワーフード入りスムージー

ラズベリーは牛乳やヨーグルトドリンクなどと、シンプルにミックスするだけでも美味しくいただける。ラズベリーと牛乳を合わせた場合は、チョコレートソースやエスプレッソコーヒー、粉末ココアなどを加えても美味しく、ぐっと大人向けの味わいになる。
乳製品の代わりに、植物性の飲料をミックスしてもOKだ。たとえば、豆乳や甘酒、近年人気のアーモンドミルクやライスミルク、ココナッツミルクなどを使うと、さっぱりとした味わいになり、ラズベリーの酸味がより引き立って感じられる。

中でも、ほのかな甘い香りが漂うアーモンドミルクとラズベリーは相性がよい。とろみを出すためにバナナも足してミキサーにかけると、ドリンクとして飲むだけでなく、グラノーラ(原料のオーツ麦に、そのほかの穀物やナッツを加え、蜂蜜やシロップ、オリーブオイルなどを混ぜてオーブンで焼いたもの)にかけて一緒に食べるという味わい方もできる。朝食や間食にグラノーラをよく食べるという人は、ぜひ試してみてはいかがだろう。

結論

甘酸っぱいラズベリーは、今回紹介した素材以外にも、いろいろなフルーツと合わせることができる。りんご、いちご、いちじく、オレンジ、パイナップル、ザクロ、グァバなど、家族でそれぞれ好きなフルーツを選んで、新たな味わいのオリジナルドリンクを生み出していくのも、楽しい経験になるはずだ。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年10月24日

  • 更新日:

    2020年3月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧