このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラム肉の串焼きを簡単に作る方法!ラム肉が人気の理由も解説

ラム肉の串焼きを簡単に作る方法!ラム肉が人気の理由も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2020年3月21日

雑誌で特集が組まれるほど、人気急上昇中のラム肉。なかでも、フードアディクトたちの心を掴んでいるのが、ラム肉の串焼きなる食べ物。スパイスいっぱいで、美味しく、元気になるラムの串焼きは、ビールはもちろん、ワインにも合うらしい。今回はそんなラムの串焼きを自宅で作る方法を学んでいく。

  

1. ラム肉が人気の理由

そもそもラム肉とは何か?答えは、羊の肉。中でも生まれてから12ヶ月以内のものをラム肉と呼ぶ。ちなみに12~24ヶ月のものをホゲット、24ヶ月以上のものをマトンと呼ぶのが普通。3つのなかで、もっともクセがなく、食べやすいのがラムとされている。

ラム肉と健康

ラム肉が注目を集めるようになったきっかけは、ダイエットに向いているとされたこと。というのも羊肉には、L-カルニチンと呼ばれるアミノ酸が含まれていて、これが体内脂肪の燃焼に役立つといわれているのだ。実際に含まれる量は、月齢が大きいほど多いので、マトンが一番。また、羊の脂には不飽和脂肪酸も含まれており、血液や血管を健康に保つ効果が期待できる。

輸入がほとんど

日本で食べられる羊のうち、国産羊は1%弱と言われている。そのほか、ほとんどが輸入物。輸入先は、ニュージーランドやオーストラリアが主流。スーパーなどで販売されているラム肉は、ほとんどこの2カ国産。フランスやアイスランド産も稀にあるが、高価である場合が多い。

2. ラムの串焼きにトライ

小さめカットが正解

ラム肉の串焼きは、中国の屋台などでも人気の食べ物。現地に行くとわかるが、ゴロゴロというよりかは、かなり小さな肉が串に刺さって網焼きにされているものが多い。食べやすさはもとより、味がしっかりつくところも利点。自宅でも小さめにカットすることをおすすめする。購入すべきは、スーパーなどでよく販売されているラムのロースやモモ。デパートなどで、塊肉を購入してきてもいい。1cm角程度に切っておこう。

下味が美味しさの決め手

切ったラムは、しっかりとした味をつけるといい。生姜、ニンニクのすりおろし、塩を揉み込む。さらに味の決め手になるのがスパイス。お好みで構わないが、クミンはマスト。なじみをよくしたい場合はパウダーで、より刺激的な味を好む場合はホールで使うといい。そのほか、コリアンダー、チリパウダーなどをたっぷりと投入するのが吉。

竹串でOK

使う串は竹串でOK。ただ、焦げが心配なので、持ち手の部分にアルミホイルを巻いておくといい。あとは下ごしらえした肉を串に刺して、焼いていくだけ。網焼きにしてももちろんいいが、なければフライパンでこんがり焼けばOK。ラム肉が新鮮な場合は、ほんのり内部がピンク色の状態が美味しいので焼き過ぎないようにしよう。基本的には、食品衛生上、肉の中心部までしっかり火を通して食べるようにしよう。

3. もっと美味しく食べるなら

パクチー&レモン

焼きあがったラムの串焼きは、パクチーをたっぷりと添えて、レモンを絞っていただくのがおすすめ。口に運べば、異国情緒たっぷり!夏はさらに美味しく感じるはず。BBQなどでも重宝する。

アルコールにぴったり

ラムの串焼きは、ビールやワインがさらに美味しく感じられるメニュー。ビールの中でも、香りの高いものがおすすめ。ワインは、ガメイ種などを使った浅い赤ワインがベスト。そのほか、モヒートやレモンたっぷりのハイボールなどとも相性がいい。

臭みが気になるなら

どうしてもラムの臭みが気になるという人は、プレーンヨーグルトであらかじめマリネしておくといい。ぐっとまろやかになる上、食感も柔らかくなる。

結論

ラムの串焼きは、お酒好きにはたまらない一品。自宅でも簡単に作ることができるので、好みのスパイスで作ってみるといいだろう。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年10月31日

  • 更新日:

    2020年3月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧