このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

組み合わせが難しい!?クリームシチューに合う献立とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月 9日

寒くなると、ふと食べたくなるクリームシチュー。身体を芯から温めてくれる料理でもあるが、クリームシチューになにを合わせるのかで迷った経験はないだろうか。冬の定番メニューであるクリームシチューは、主役にもなり脇役にもなる万能なメニューであるからこそ、献立を立てるときの悩みの種にもなる。クリームシチューを作るときにはどんな献立がよいのか、参考になる料理のバリエーションを提案したい。

1. 重要なのは副菜よりも主食!クリームシチューにはごはんorパン?

クリームシチューは肉や野菜が入っており、バランスよく身体に必要な栄養素を摂取できる。そのため、クリームシチューと主食さえ揃えばそれだけで済ませることも可能だ。それゆえに合わせる主食に困ることもあるが、クリームシチューをメイン料理で取り入れる場合はどのような組み合わせがあるのだろうか。

1.クリームシチュー+ごはんのメニュー

クリームシチューには白いごはんじゃないとダメだという人もなかにはいる。おかしい組み合わせではないが、やはり見た目を考えるとしっくりくるとはいい難い。クリームシチューは洋食であり、それを考えると白いごはんというよりは味付きのピラフやまぜごはんが理想的ではないだろうか。シチューに味付きのごはんがあるだけで見た目に豪華な食事がそろう。
  • バターライス
    炊飯器に米、コンソメ、塩こしょうと好きな野菜を入れるだけで立派なバターライスができあがる。また、バターライスを具材なしで作っておけば、炒めた玉ねぎや人参、アスパラ、ブロッコリーなどをあとから混ぜるだけでも、彩りよく華やかにテーブルを飾ってくれるだろう。
  • ケチャップライス
    ケチャップライスとは、その名のとおりごはんをケチャップで炒めた料理である。通常は具材に鶏肉を使ってチキンライスを作ることが多い。しかし、クリームシチューの鶏肉とダブってしまうため、チキンライスにした場合は、クリームシチューの肉をシーフードに変えたり、野菜のみのシチューを作ると栄養的にもバランスがよくなるだろう。

2.クリームシチュー+パンのメニュー

クリームシチューに合わせる主食といえば、ダントツでパンだ。バケットやロールパンは添えるだけで食べられる手軽な主食になり、オープンサンドや、サンドイッチなど少し豪華にすればおもてなし料理にも変化する。
  • シンプルパン
    バケット、ロールパン、クロワッサンといったシンプルな味のパンはシチューともよく合う。普段食べている食パンでも、カットしてトーストするだけで見た目も華やかになる。
  • サンドイッチ
    パンに野菜や卵を挟めば、見た目にも華やかだ。クリームシチューと材料がかぶると楽しみも減るため、違う食材を選んで作ってみよう。
  • ピザ
    手間をかけて、生地から作る必要はまったくない。食パンにピザソースを塗り、野菜とチーズをのせて焼いたり、焼くだけで食べられる市販のピザを使ってもよい。

2. スープパスタにも!パスタ+クリームシチューでガッツリ系献立

クリームシチューとパスタを準備すればボリューミーな食事の完成だ。カロリーの摂りすぎが心配な場合はパスタの量を減らしたり、ソースをカロリーの低いものにして挑戦しよう。
  • オイル系
    オリーブオイル、ニンニクと唐辛子だけで味をつけるペペロンチーノは、ただそれだけでも美味しく食べられるが、ブロッコリーやきのこといったいろいろな野菜と相性がよい。そのために材料を揃えなくても冷蔵庫にあるもので完成度の高い料理ができるはずだ。
  • 醤油ソース系
    口当たりがさわやかな醤油ソースは、クリームシチューの存在を邪魔しない。バターを使用しないため、あっさりと食べられる。
  • クリームソース
    クリームシチューにマカロニなどのショートパスタを入れて一緒に食べるというのもひとつの方法である。シチューを作って余ったら2日目のアレンジレシピとしてぜひ試していただきたい。卵やパルメザンチーズを加えれば即席カルボナーラにもなる。

3. アレンジ万能なサラダで副菜を楽しむ!クリームシチューの献立に合うサラダ

クリームシチューには玉ねぎや人参などの野菜が入っているため、野菜不足の心配はそれほどない。しかし、見た目を考えると主食とシチューのほうにあと一品でもあるとうれしいところだ。ここでは、こってりしたクリームシチューにぜひ合わせたい野菜料理を紹介していく。
  • 豆腐と海藻のサラダ
    食べごたえのあるクリームシチューと合わせるのであれば、やはり口当たりがさっぱりしているものが望ましい。豆腐はたんぱく質源となり、ほかの料理の味を邪魔しないため、名脇役として活躍する。レタスやワカメなどの海藻類と合わせてあっさりと仕上げよう。
  • カプレーゼ
    オリーブオイル、トマトをはじめとする多種の野菜をふんだんに使う地中海地方の料理は、健康にもよいとして注目されている。シチューだけでは十分なたんぱく質量を補給できていない可能性があるため、モッツァレラチーズとトマトを合わせてしっかりと栄養を補給しよう。オリーブオイルは健康効果の高いオメガ9脂肪酸としても注目されている。

結論

牛乳やバターを使うことから脂質が多くなりがちではあるが、主食や副菜で脂質を抑えることができればバランスよく食べることができる。クリームシチューはメイン料理かつ汁ものとしての役割があるため、そのほかに主食と副菜を揃え、バランスよく組み合わせて献立を考えていこう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ