このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエット中は厳禁!?焼きそばの驚きのカロリーと糖質を大公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月13日

簡単に美味しく作ることができる、お昼ごはんの定番・焼きそば。しかし、カロリーや糖質の塊というイメージが強いのも事実だ。実際に、焼きそばにはどれだけのカロリーや糖質、栄養素が含まれるのか。また、どうすればカロリーオフできるのかを紹介しよう。

1. 知っておきたい焼きそばのカロリー

焼きそばのカロリーの大半を占めるのは中華麺で、1人前でおよそ200g前後だ。そのカロリーは、約280kcal。中華麺は製造の段階で、表面を油でコーティングしているため、麺自体のカロリーも決して低くない。さらに、調理に不可欠なのがサラダ油だ。焦げ付かないように、とたっぷりの油で炒めてしまうと、カロリーはその分上乗せされてしまう。ソースや具材などのカロリーを含めると、1人前で500kcalをオーバーしてしまうことも珍しくない。
また、焼きそばは太りやすいイメージがあるが、それはカロリーだけの問題ではない。おかずなしで大皿に盛ることで、いっき食べしてしまう傾向にある。時間をかけて食べると麺がのびてしまうため、食べているうちについ焦ってしまうのも一因だろう。ダイエット中に焼きそばを食べるなら、カロリーだけでなく、食べるスピードにも十分気をつける必要がある。

2. 焼きそばに含まれる栄養素

焼きそばのメイン食材である中華麺は、そのほとんどが炭水化物だ。1人前200gで111.4g。食物繊維も4.2gと、微量だが含まれている。つまり、焼きそばでいかに栄養を摂取できるかどうかは、具材選びに左右されると言ってよい。ソースと中華麺だけの焼きそばでは、炭水化物以外の栄養素はあまり望めないということでもある。
野菜を加えれば食物繊維やビタミン類を補給でき、肉類や魚貝類を加えると、たんぱく質を補うことができる。五目焼きそば、海鮮塩焼きそばなど、栄養バランスを考えて具材をたくさん入れて焼きそばを作るのがおすすめだ。

3. 焼きそばに含まれる糖質

中華麺に含まれる糖質は、1人前200 gの場合107.2gと、決して低くはない。しかし、糖質が気になるならダイエットの強い味方である糖質0gの中華麺で代用することができる。おから・こんにゃくなどのヘルシーな食材でできており、糖質をカットしつつ食物繊維を補うことができる優れものだ。
また、ソースの糖質も気になるところ。大さじ1杯のお好み焼き用ソースで糖質5.6g、大さじ1杯のウスターソースでは4.8gと、使用するソースの種類によって糖質量は異なる。甘味が強く、濃度が高いほど糖質量も多くなるので注意しよう。

4. 焼きそばを上手にカロリーオフする食べ方

ダイエット中は、最も気になる糖質を減らして焼きそばを食べることが、カロリーオフのポイントだ。麺を食べる量を可能な限り少なくして、他の具材でボリュームを補えばよい。もしくは糖質0gの中華麺を使おう。肉類は豚バラ肉を避け、鶏肉など脂質の少ないヘルシーなものや、魚介類がおすすめだ。野菜は、油で炒めることで栄養の吸収効率が上がるピーマンなど、緑黄色野菜を選ぼう。きのこ類なら、なおさらカロリーオフに効果的だ。
また、中華麺をコーティングしている油は、炒める前にお湯をかけるだけで落とすことができる。調理用の油も、オリーブオイルなどのヘルシーなものを使うようにしよう。ソースには糖分が含まれるので、塩で味付けすると手軽にカロリーオフが可能だ。

結論

焼きそばのカロリー・糖質量は、なかなか侮れない。ダイエット中に考えなしに食べてしまうと、リバウンドする原因になり得る。栄養バランスを意識して、味付けや具材を工夫することで、ダイエット中でも美味しい焼きそばを楽しむことができる。糖質カットを念頭に置いて、ヘルシーな焼きそばを作ってみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ