このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼きそばのおすすめアレンジ方法!アイデアひとつで可能性は広がる

焼きそばのおすすめアレンジ方法!アイデアひとつで可能性は広がる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月21日

縁日の屋台メニューとして人気が高い焼きそば。香ばしいソースをまとったツルツルの麺、香ばしく焼きあげられた野菜とお肉…焼きそばは、万人受け必須の日本の大衆料理ではないだろうか。B級グルメブームの波もあり、ご当地焼きそばやそばめし、オムそばなど、いまや焼きそばのスタイルは一通りではない。ここでは、さまざまな焼きそばのアレンジ方法を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼きそばアレンジ初心者は、まず具材を変えてみよう

焼きそばの具材と聞くとまず思い浮かべるのが、豚肉・人参・キャベツ・もやしなどではないだろうか。いつもの焼きそばの具材を少しアレンジするだけでも、焼きそばの味わいはガラリと変わるのだ。肉は豚肉でなく、エビやベーコン、ひき肉、鶏肉を使ってみる。野菜は、レンコンやごぼう、水菜、きくらげなどを入れるだけでもいつもと違った食感を楽しめるだろう。

ほかにも、トマトやベーコンを入れてイタリアンテイストに仕上げたり、天かすと青のりを入れて下町風に仕上げたりと、具材のアイデアは豊富だ。辛いのが好きな人は、キムチを入れてピリ辛に仕上げるのも食欲をそそるだろう。焼きそばの具材に、定番はないのかもしれない。パスタを作る感覚で、その日の気分でさまざまな具材の焼きそばアレンジに挑戦してみてもらいたい。

2. 味付けでひとひねり!中級者におすすめの焼きそばアレンジ方法

焼きそばといえば、ソース味。そんな概念も捨ててみよう。味付けを変えるだけでも、バリエーションに富んだ焼きそばのアレンジになる。ソース味の次にメジャーなのが、さっぱり感が魅力の塩焼きそば。塩焼きそばに、ガーリックを入れて風味をプラスしたり、レモンを絞ってさっぱりと仕上げたりするのもよいだろう。

ほかのアレンジ方法としては、バター醤油味やカレー風味、豆板醤のピリ辛テイスト、味噌とウスターソースのこってり味など。洋風では、トマトでナポリタン風、たらこマヨネーズ味と、さまざまな味付けのアレンジ方法がある。もはや、焼きそばはソース味である必要はなさそうだ。さまざまな味付けで、焼きそばの新境地を開拓してみてもらいたい。

3. 上級者にこそ挑戦してもらいたい!調理法や盛り付けで焼きそばアレンジ

焼きそばを極めた上級者には、ぜひ調理法や盛り付けでアレンジする焼きそばレシピに挑戦してもらいたい。まず、パリッと香ばしく焼きあげた焼きそば麺に、とろみのある野菜あんかけを盛り付けていただくあんかけ焼きそばがおすすめだ。市販の焼きそば麺のほかにも、もっちりとした食感のちゃんぽん麺を使ったり、茹でたそうめんを揚げてかた焼きそばふうに仕上げたりするのもよいだろう。

ほかにも、焼きそばのうえにチーズをのせてグラタン風に焼きあげるアイデアもある。また、ビビンバの具材を盛り付けて、ビビンバ風に仕上げるのも美味しそうだ。

最後に、焼きそばと呼ぶには邪道かもしれないが、人気の高い焼きそばのアレンジレシピを紹介したい。焼きそばをオムライスふうに卵で包んだオムそば、焼きそばとごはんを合わせたそばめし、どちらも近年人気のある焼きそばのアレンジ料理だ。ほかにも、焼きそばをコッペパンではさんだ焼きそばパンは、幅広い年代から支持される懐かしみのある味わいが魅力。変わり種だと、焼きそばのそばを日本そばで代用すれば、素朴でヘルシーな一品が完成するだろう。

結論

日本人の毎日の食卓になじみ深い焼きそば。そばと具材を炒めるという、シンプルな料理だからこそ、アレンジ次第で豊富な味わいを楽しめるのが魅力ではないだろうか。ぜひあなたの新しいアイデアで、変幻自在に楽しめる焼きそばアレンジに挑戦してみてもらいたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ