このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スコーンのカロリーはどれぐらい?気になる糖質と栄養も紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月13日

簡単に手作りすることができ、紅茶などのお茶と相性がよいスコーン。海外では頻繁に食べられているスイーツだ。ボリュームもあり、満腹感を感じやすいスコーンだが、カロリーや糖質はどうなのだろうか。今回は、スコーンのカロリー、糖質、さらにカロリーオフで食べるレシピについて紹介していこう。

1. スコーンのカロリーは低い?ほかのスイーツと比較

スコーンは原料に生クリームやチョコレートなど高カロリーの原因となる材料があまり使用されていないスイーツだ。そのため、カロリーが低くたくさん食べても問題ないのでは?と考えている人も多いと思う。ここではスコーンのカロリーとほかのスイーツのカロリーを比較していく。

スコーン[353kcal/1個]
ホットケーキ[261kcal/1枚]
チーズケーキ[364kcal/1個]

スコーンと同じくアフタヌーンティーで食べられることがあるスイーツと比較したところ、スコーンも決してカロリーが低いわけではないということが分かる。チョコレートなどが使用されていないぶん、甘さを引き立たせるために砂糖やバターをふんだんに使用しているのが原因だ。スコーンにジャムや生クリームをつけて食べる場合はさらにカロリーが高くなるだろう。スコーンの食べすぎは注意が必要だ。

2. スコーンにはこんな栄養が!健康的な成分とは?

スコーンを作るにあたっては、卵やバターなどが使用されている。卵やバターからは身体によいさまざまな栄養素を摂取することができる。その中でも、とくに身体によいとされる3つの栄養素を紹介していく。

カリウム

カリウムが多い食品の代表格は、野菜や果物だが、小麦などの穀物や卵にも豊富に含まれている。カリウムは、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる効果が期待できるので、高血圧が気になる方は積極的に摂取しておきたい栄養素だ。

食物繊維

コレステロールの吸収を抑える役割を持つ食物繊維。女性はとくに不足しがちで、便秘などの症状が現れる。スコーンの原料である小麦粉には食物繊維が含まれている。便秘解消効果を期待するなら、全粒粉を使ったスコーンを選べばより効果的だ。他にも、野菜類やきのこなど食物繊維を含んださまざまな一品を摂取するようにしよう。

セレン

セレンという栄養はあまり知られていないが、ミネラルの一部で、身体を健康に保つために必須といえる栄養素のひとつ。セレンが不足すると肌の乾燥や抜け毛などの症状が現れてしまう。適度に摂取したい栄養素だ。

3. ダイエットには向いている?スコーンの糖質

ジャムやホイップクリームなど糖質が高い食材と一緒に食べられることが多いスコーン。「スコーン自体の糖質は実際どのくらいなのだろうか」と思っている人も多いはずだ。ここではスコーンの糖質について紹介していく。

スコーンはおもに、小麦粉・バター・牛乳・砂糖・ベーキングパウダーなどから作られている。とてもシンプルな材料ではあるが、バターと砂糖を多めに使用するためカロリーと糖質がどうしても高くなる。糖質は1個あたり20〜30gといわれている。

スイーツの中では比較的低い値ではあるが、食べすぎはあまりよくない。また、チョコレートが入っているスコーンなどはさらに高い糖質量となる。スコーンに含まれている成分を見つつ、自分の身体と相談し食べるようにしよう。

4. 気にせず食べたい!スコーンのカロリーオフレシピ

カロリーが少し高いということがわかったスコーンだが、手作りスコーンならカロリーオフで食べることができる。

スコーンのカロリーの源となっているものはおもに、バターと砂糖だ。材料を混ぜ合わせる際に、この2つの材料の分量を少なくすることでカロリーを抑えることができる。手作りスコーンだからこそできるカロリーオフの方法だ。ただし、極端に分量を少なくすると、うまく焼きあがらなかったり、味や風味が損なわれるおそれがあるので注意したい。

また、さらにカロリーを低くしたいという人は、生地を焼き上げる際におからを入れ、生地をかさ増しするとよいだろう。大幅にカロリーを低くすることができるとともに、ボリューム感のあるスコーンができあがる。コーヒーや紅茶とも相性のよいスコーンができあがること間違いなしだ。

結論

気軽に作り、食べることができるスコーン。カロリーや糖質量から大量に食べるのは厳禁だということは、わかっていただけたと思う。低カロリースコーンを味わってみたい人は、一度自宅で手作りしてみてほしい。材料も少なく、短時間でできるのでおすすめだ。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ