このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スコーンの作り方や美味しい食べ方を紹介!マフィンとは何が違う?

スコーンの作り方や美味しい食べ方を紹介!マフィンとは何が違う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月14日

スコーンは、アフタヌーンティーで使用される人気のお菓子だ。しっとりとした食感で、紅茶やコーヒーともよく合う。作り方が難しいと思われがちだが、少ない材料で簡単に作れるのだ。手作りのスコーンで、ゆったりとアフタヌーンティーを楽しむのもオツである。ここでは、スコーンの作り方や美味しい食べ方をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スコーンの作り方~小麦粉編

クッキーは家庭で作る人も多いが、スコーンはどうだろう。何だか難しそうと敬遠しがちではないだろうか。実は、スコーンも少ない材料で簡単に作れるのだ。材料は、卵・ヨーグルト・砂糖・強力粉・ベーキングパウダー・バターだ。下準備として、バターは5cm角に切り冷蔵庫で冷やし、パウダー類はふるっておこう。怠ると仕上がりにも影響が出るため、注意したい。まずは、卵・ヨーグルト・砂糖を混ぜ合わせる。パウダー類とバターは、別のボウルでフォークで潰すように混ぜよう。次に2つをまとめて、粉っぽさがなくなるまでこねる。スコーンの生地を型取り、オーブンで焼こう。中まで焼けていれば、完成だ。
この記事もCheck!

2. スコーンの作り方~ホットケーキミックス編

ホットケーキミックスは、小麦粉・砂糖・ベーキングパウダーがあらかじめ調合されている。そのため、材料はもちろん調理器具も少なくできる。プレーンのスコーンの材料は、ホットケーキミックスと牛乳、バターのみだ。バターは小さめの角切りにしよう。ホットケーキミックスに入れて、木べらで潰すように混ぜる。塊がなくなったら牛乳を少量ずつ足し、生地をひとまとめにしていく。天板に切り分けた生地を並べ、オーブンで焼き上げれば完成だ。チョコやバナナを加えてアレンジすることや、かぼちゃやチーズで食事系のスコーンを作ることも可能である。
この記事もCheck!

3. スコーンのカロリーは?

スイーツを食べる時、どうしても気になるのが、カロリーや糖質だ。スコーンもほかのスイーツと同様、カロリーや糖質は高めだ。さらに、チョコレートが入ったものや、ジャムや生クリームを付けて食べる場合は、さらにカロリーや糖質が高くなってしまう。低カロリー低糖質で楽しみたいなら、手作りスコーンがおすすめだ。バターと砂糖の量を控えめにすればよい。生地におからを入れてかさ増しすることも可能だ。手作りだからこそできる方法である。では、スコーンの栄養はどうだろうか。小麦粉に含まれるカリウムは、血圧を下げる効果があるといわれている。ほかにも食物繊維が含まれ、便秘解消効果も期待できる。
この記事もCheck!

4. スコーンの美味しい食べ方

スコーンはスコットランド発祥のスイーツで、パンを目的に作られていたそう。しかし、クリームやジャムとの相性がよく、いつしかスイーツの定番になったようだ。スコーンと合う調味料や食材は多い。スコーンに別の味が加われば、さらに美味しく食べられるのでご紹介しよう。手軽なのは、はちみつやジャムだ。スコーンの甘みと旨みを引き上げてくれる。スーパーなどで手に入りやすいのも嬉しい。ヨーロッパでおなじみのおともは、クロテッドクリームだ。柔らかい口当たりで、スコーンとの相性は言うまでもない。ベーコンやチーズと一緒に加熱すれば、食事へと早変わりする。スコーンはスイーツだけにとどまらないのだ。
この記事もCheck!

5. スコーンの相棒!クロテッドクリームとは?

スコーンの相棒といってもいいクロテッドクリームは、イギリス発祥である。乳脂肪分が高い牛乳を煮詰めて作られ、酸味がなく濃厚な味わいと溶けるような食感が特徴的だ。見た目は滑らかなクリーム状で、少し黄色味を帯びた色合いである。乳脂肪分の割合は、生クリームと比べても高い。一般的なスーパーでは手に入りにくいため、輸入食品が多いスーパーで購入するのがおすすめだ。手に入りにくい場合は、簡易的に家庭で作ることも可能。その際は、生クリームを使用しよう。クロテッドクリームは、スコーンのみならず、ほかの料理でも活躍する食材だ。カレーやスープにはコクをプラスし、卵液に入れれば卵料理をふわふわに仕上げてくれる。
この記事もCheck!

6. マフィンとスコーンは違うもの!

同じ丸みを帯びたフォルムのマフィンとスコーンだが、違いを明確にご存じだろうか。マフィンはアメリカ発祥でスコーンはスコットランド発祥である。食感は大きく異なり、マフィンはしっとりとしているが、スコーンはほろほろと崩れるようだ。材料はほぼ同じ焼き菓子だが、食感の差異は作り方にある。油分の量がポイントで、マフィンのほうがバターの含有量が多い。スコーンの食感は、先に粉と砂糖を混ぜたところにバターを加え、切るように混ぜることで生まれている。同じ材料でも、分量や作り方が違うだけで、大きく変わるのだ。
この記事もCheck!

結論

スコーンについてご紹介した。簡単に家庭で作れ、チョコやドライフルーツを加えてもいいし、ジャムやクリームをつけて食べても美味しい。手作りスコーンとドリンクで、ほっとひと息つくのはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ