このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエット中でも大丈夫?アイスティーのカロリーや糖質を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月10日

アフターヌーンティーは、溜まった疲労を癒し、午後への活力ともなる優雅なひととき。紅茶やコーヒーなどが飲まれるが、紅茶の中でも人気があるのがアイスティーだ。クセのない味わいで誰でも気軽に飲むことができる。普段から飲んでいるという人も多いと思うが、カロリーや糖質がどのくらいかはご存じだろうか。今回はアイスティーのカロリーや糖質に焦点をあて紹介していく。

1. アイスティーに含まれているカロリー

ひと息つきたいときや、飲食店などでも飲むことができるアイスティー。
ここではアイスティーのカロリーについて紹介していこう。
アイスティーを飲むときカロリーを気にしている人は少ないかもしれないが、飲み方によっては多くのカロリーを摂取している場合がある。
アイスティーの基本的なカロリーは1杯あたり1kcalだ。そのままストレートで飲んでいる分には、ほぼゼロカロリーといっても過言ではない。しかし、そこに砂糖を入れることによってカロリーが上昇してしまう。分量にもよるが、アイスティーを飲むときに砂糖を大量に使用する人は、おかわりには注意しよう。

2. アイスティーから摂取できる栄養素とは?

何気なく飲んでいるアイスティーだが、実は身体の調子を整える栄養素が多く含まれている。ここではアイスティーに含まれている3つの代表的な栄養素について紹介していく。

ビオチン

体内で酵素を活性化する働きをする。日本人が不足しがちな栄養素のひとつ。不足してくると肌荒れなどの影響が現れるので、定期的に摂取したい栄養素といえるだろう。

マンガン

身体のさまざまな代謝に作用するマンガン。不足するとイライラや、肌荒れの原因になるともいわれている。パイナップルやしじみに多く含まれている栄養素だ。

カリウム

神経を正常に保つ働きをしており、不足すると高血圧の原因ともなりうる栄養素。アイスティーはもちろん、フルーツや葉物野菜に豊富に含まれている。

3. ダイエット中でも大丈夫?アイスティーの糖質

ダイエット中や糖質制限中の人はとくに気になる、アイスティーの糖質について紹介していく。
アイスティーをストレートで飲んだ場合、カロリーと同様に糖質もほぼゼロと見てよいだろう。砂糖を使用した場合は、量次第で変動するが、だいたい1〜4g 程度となる。
お茶や水と同様に、食事の際にも量を気にせず飲んでもよい。ただし、砂糖を使用せずに飲むのが鉄則といえる。
無糖でアイスティーを飲むには物足りないという人は、レモンを入れたレモンティーにするなどしてアレンジしてみるとよい。

4. アイスティーを少しでもカロリーオフで飲むには

アイスティーをカロリーオフで飲みたい場合は、砂糖を使用しないことが大前提だ。また、最近では糖質ゼロ・カロリーゼロのアイスティーも販売されている。自宅で手軽にアイスティーを味わいたい場合は、自分で淹れたものを飲み、ダイエット中や糖質制限中で完全にカロリーゼロ・糖質ゼロのものが飲みたい場合は市販のものを購入するなど、使いわけるとよいだろう。場面により、味わい方や楽しみ方をわけることが大切だ。
アイスティーとしてだけではなく、レモンティーやミルクティーなどさまざまな飲み方でティータイムを楽しもう。

結論

日本のみならず海外でもティータイムのときに重宝されているアイスティー。よりアイスティーを楽しむために、ザッハトルテや、スコーンなどのお菓子を同時に食べるのもおすすめだ。摂取カロリーはアップするが、満足度もアップする。自分の体と相談しながら味わってほしい。また、さまざまな紅茶の種類にも挑戦してみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ