このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【厳選】天ぷらの具材まとめ!野菜・魚・肉・変わり種や調理法も紹介

【厳選】天ぷらの具材まとめ!野菜・魚・肉・変わり種や調理法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2020年10月29日

食卓に天ぷらを並べるとき、いろいろな具材を用意するとより華やかな料理に見える。色鮮やかな野菜、食べごたえのある魚や肉、ちょっぴりめずらしい変わり種など食べる人を満足させるバリエーション豊富な具材を揃えたいものだ。今回は、具材ごとの調理法と変わり種などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 【天ぷらにおすすめの具材】野菜

天ぷらの具材として使う野菜は、色みを意識して選ぶとよい。魚や肉は色みを添える具材として使いにくいため、野菜を積極的に取り入れていこう。

【赤】ニンジン

ニンジンは斜め切りが一般的だが、花や星など型抜きを使うのもおすすめ。とくに子どもと一緒に天ぷらを食べるときは、型抜きのひと手間で楽しく食べられる料理に早変わりする。鮮やかな赤(オレンジ)を目立たせるため、衣は薄くなるように仕上げよう。

【黄】サツマイモ・カボチャ

根菜はそのまま揚げるとなかなか火が通らず調理に時間がかかる。とはいえホクホクした食感を残すため、薄切りは避けたいところだ。対策として、天ぷらにする前に電子レンジで火を通しておこう。具材の中までしっかり火を通した状態で揚げると、衣がサクッとするのを待つだけで済む。じっくり揚げすぎて焦げてしまった、という失敗も防げる方法だ。

【緑】ピーマン・シシトウ

緑の野菜類は火が通りやすいので、短時間で揚げることを意識しよう。揚げ時間が長くなるとせっかくの鮮やかな色みが損なわれてしまうためだ。

【紫】ナス

ナスは、切ったままの状態で時間が経つと切り口が黒く変色する。切ったらすぐに水に浸け、すべて切り終えたらなるべく早く揚げるようにしよう。水に浸けている時間が長くなりすぎても水っぽくなるため、手早さがポイントだ。

【白】タケノコ・レンコン・シイタケ

タケノコやレンコンを厚切りにする場合、根菜の野菜と同じように電子レンジで火を通してから揚げるとよい。シイタケは、十字の切り込みを入れると見た目も美しく仕上がる。

2. 【天ぷらにおすすめの具材】魚

続いて、天ぷらにおすすめの魚を使った具材を紹介しよう。そもそも食べごたえがある具材だが、下ごしらえを工夫するとより美味しく仕上がる。

白身魚

衣を付ける前に白身魚の水気をキッチンペーパーでしっかり拭くと、生臭さが和らぐ。衣に青のりやゆかりを混ぜて、香り高い天ぷらにするのもおすすめだ。

イカ・タコ・エビ

イカ・タコ・エビは油ハネが気になる具材である。天ぷら専用の鍋を使ったり、鍋にかぶせるステンレス製のネットを使ったりすると、調理時の安全性が高まる。ほかにも、衣を付ける前に表面の水気をしっかり拭き取っておくことがポイントになる。

3. 【天ぷらにおすすめの具材】肉

肉といえば、魚と並んで天ぷらのメインの具材となる食材だ。同じように、下ごしらえにひと工夫取り入れてより美味しく仕上げよう。

鶏肉

鶏の天ぷらは子どもにも人気の具材である。やわらかくてジューシーなもも肉もおすすめだが、さっぱり仕上げたい場合は胸肉もおすすめだ。胸肉は、細長くカットするとパサつきが気になりにくくなる。

牛肉

牛肉を天ぷらにするときは、焼肉用の薄切り肉を使うと揚げ時間を短縮できる。下味を付けてから油で揚げると、天つゆや塩などを付けずにそのまま食べても美味しいおつまみ具材になるのでぜひ試してみてほしい。肉全体に素早く火が通るよう、肉を広げながら油に入れるとカラッと揚がる。

4. 【天ぷらにおすすめの具材】変わり種

ここからはちょっと変わった天ぷらの具材を紹介していく。新たな美味しさが発見できるかもしれない。

ミニトマト

ヘタを取ったらそのまま揚げるだけで簡単に作れる変わり種の具材だ。口に入れると衣のサクサク感と口の中で弾ける感覚がやみつきになるだろう。

カマンベールチーズ

カマンベールチーズの天ぷらには、メープルシロップや蜂蜜をかけて食べよう。ワインと相性のいい変わり種具材のため、晩酌のおともにいかがだろうか。

納豆

海苔に包んでから揚げる納豆も、天ぷらの変わり種具材のひとつである。そのまま揚げると油の中でバラバラになってしまうが、海苔で包めば失敗を回避でき風味も増す。

5. 【天ぷらにおすすめの具材】スイーツ

言ってしまえばこれも変わり種の具材かもしれないが、食事というよりもおやつに近いため、あえて別枠とさせていただいた。次のようなスイーツも天ぷらの具材にすると新たな味わいになる。

アイスクリーム

耳を落とした食パンでバニラアイスを包み、衣を付けてサッと揚げるだけであっという間にアイスクリームの天ぷらが完成する。カステラを使ったレシピなども公開されているので、興味がある方は参考にしてみてはいかがだろうか?なおパンはできるだけ薄いほうがよい。

バナナ

おやつにもピッタリなのがバナナの天ぷらだ。斜めに輪切りしたバナナに衣を付けて揚げるだけでOK、米油を使うとサクサクに仕上がる。

プリン

なんとプリンまでもが天ぷらの具材になってしまう。液体になるまで電子レンジで加熱したら、天ぷら粉を混ぜて型を作りオーブンで焼き上げるだけだ。サクサクした食感と甘みは、まるでクッキーのようである。子どもはさぞ大喜びだろう。

6. 天ぷらの具材を上手に切るコツ

最後に、天ぷらの具材の切り方のコツをお伝えする。

包丁は引くときに力を入れる

天ぷらの具材は調理前に食べやすくカットするのがベストだが、切る場合は切れ味のよい包丁で一気に切ろう。包丁を引くときに力を入れるのが切り方のコツだ。オクラのように、飾り切りで見た目をよくする具材もある。切り方としては、斜めにカットして断面を見せるようにするのがおすすめだ。切り方ひとつで天ぷらの見た目に差が出るので、ぜひ身につけておこう。

結論

天ぷらにおすすめの具材を厳選して紹介してきた。一例ではあったが、定番から変わり種、スイーツまで実にさまざまな食材が天ぷらの具材になることがお分かりいただけたのではないだろうか?バリエーション豊富な天ぷらが食卓に並んでいれば、ご家族だけでも大人数で集まるシーンでもきっと楽しい時間を過ごせるだろう。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ