このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

天ぷらは具材のバリエーションで勝負!調理法と変わり種を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年3月18日

食卓に天ぷらを並べるとき、いろいろな具材を用意するとより華やかな料理に見える。見ためのよさを決める色鮮やかな野菜、食べごたえのある魚や肉、ちょっぴりめずらしい変わり種など、食べる人を満足させるバリエーション豊富な具材を揃えたいものだ。今回は、具材ごとの調理法と変わり種を紹介する。

1. 天ぷらの具材におすすめの野菜

天ぷらの具材として使う野菜は、色みを意識して選ぶといい。メイン具材になる魚や肉は色みを添える具材として使いにくいため、野菜の具材を積極的に取り入れていこう。

【赤】ニンジン

ニンジンは斜め切りにするのが一般的だが、花や星などの抜型を使うのもおすすめ。とくに子どもと一緒に天ぷらを食べるときは、型抜きのひと手間で楽しく食べられる料理に早変わり。鮮やかな赤(オレンジ)を目立たせるために、衣は薄くなるように仕上げよう。

【黄】サツマイモ、カボチャ

根菜の野菜を天ぷらにするとき、そのまま揚げるとなかなか火が通らず調理に時間がかかってしまう。根菜類ならではのホクホク食感を残すために、薄切りにカットするのは避けたいところ。対策法として、揚げる前に電子レンジで火を通しておこう。具材の中までしっかり火を通した状態で揚げると、衣がサクッとするのを待つだけでいい。じっくり揚げすぎて焦げてしまった、という失敗も防げる方法である。

【緑】ピーマン、シシトウ

緑の野菜は、揚げ時間が長いとせっかくの鮮やかな色みが損なわれてしまう。火が通りやすい野菜類のため、短時間で揚げることを意識しよう。

【紫】ナス

ナスは切ったままの状態で時間が経つと、切り口が黒く変色する野菜である。切ったらすぐに水に浸けて、すべて切り終えたらなるべく早く揚げるようにしよう。水に浸けている時間が長くなりすぎても、水っぽくなってしまうため注意が必要だ。

【白】タケノコ、レンコン、シイタケ

タケノコやレンコンを厚切りにする場合、根菜の野菜と同じく電子レンジで火を通してから揚げるのがおすすめ。シイタケには十字の切り込みを入れると見ためも美しく仕上がる。

2. 天ぷらの具材におすすめの魚や肉

天ぷらのメイン具材となる魚や肉。食べごたえバツグンの具材だが、下ごしらえを工夫するとより美味しく仕上がる。

白身魚

衣を付ける前に白身魚の水気をキッチンペーパーでしっかり拭くと、生臭さが和らぐ。衣に青のりやゆかりを混ぜて、香り高い天ぷらにするのもおすすめ。

イカ、タコ、エビ

イカ、タコ、エビは油ハネが気になる具材である。天ぷら専用の鍋を使ったり、鍋にかぶせるステンレス製のネットを使ったりすると、調理時の安全性が高まる。ほかにも、衣を付ける前に表面の水気をしっかり拭き取っておくこともポイントである。

鶏肉

鶏の天ぷらは子どもにも人気の具材である。やわらかくてジューシーなモモ肉もおすすめだが、さっぱり仕上げたい人にはムネ肉もおすすめ。ムネ肉は細長くカットするとパサつきが気になりにくくなる。

牛肉

牛肉を天ぷらにするときは、焼肉用の薄切り肉を使うと揚げ時間が短く簡単に調理できる。牛肉に下味を付けてから油で揚げると、天つゆや塩などを付けずにそのまま食べても美味しいおつまみ具材のできあがり。肉全体に素早く火が通るように、肉を広げながら油に入れるとカラッと揚がる。

3. 天ぷらの具材として追加したいおすすめの変わり種

定番の具材で天ぷらを作ったら、最後に変わり種も用意してみよう。新たな天ぷらの美味しさが発見できるかもしれない。

ミニトマト

ヘタを取ったらそのまま揚げるだけで簡単に作れる変わり種の具材。口に入れると衣のサクサク感と口の中で弾ける感覚がやみつきになるだろう。

カマンベールチーズ

カマンベールチーズの天ぷらには、メープルシロップや蜂蜜をかけて食べよう。ワインと相性のいい変わり種具材のため、晩酌のおともにいかがだろうか。

納豆

納豆を海苔に包んで揚げる変わり種具材。そのまま揚げると油の中でバラバラになる納豆も、海苔で包めば失敗を回避でき、風味も増す。

4. 天ぷらの切り方のコツ

天ぷらは調理前に食べやすくカットするのがベストだが、切る場合は切れ味のいい包丁で一気に切ろう。包丁を引くときに力を入れるのが切り方のコツ。

オクラのように、飾り切りで見た目をよくする具材もある。切り方としては、斜めにカットして断面を見せるようにするのがおすすめ。切り方ひとつで見ためのよさに差が出るだろう。

結論

天ぷらの具材は、定番から変わり種まで揃えて食卓に並べよう。バリエーション豊富な天ぷらが揃っていれば、大人数で集まるシーンでもそれぞれの好みの具材がきっと見つかるだろう。調理の参考にしたり、変わり種のアイデアにしたり、天ぷらを作るシーンで活用してはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ