このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘くてほろ苦い【オランジェット】気になるカロリーや糖質は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月22日

チョコレートと果物のオレンジを組み合わせたオランジェットは、軽くつまめるお菓子として人気である。甘さとほろ苦さの両方を楽しめるスイーツだが、つまみやすいが故に食べすぎてしまうこともあり、カロリーについては気になるところだろう。オランジェットのカロリーや糖質は、どれほどなのかを確認していこう。

1. 材料のカロリーが高いオランジェットは食べる量に注意!

オレンジをチョコレートでコーティングしたスイーツ、オランジェット。輪切りのままのオレンジを使うレシピもあれば、皮だけを使うレシピもある。どちらにしても、注目すべきはオレンジを砂糖漬けにするということだ。生のままのオレンジよりも、カロリーが高くなると考えられる。
オランジェットの材料としては、オレンジと、それをコーティングするためのチョコレート、砂糖漬けにするための砂糖の3つが挙げられる。それぞれの100gあたりのカロリーを調べてみると、オレンジは種類によっても微妙に異なるが約40kcal、チョコレートは558kcal、砂糖(グラニュー糖)は387kcalだ。
この通り、チョコレートと砂糖のカロリーは非常に高い。とは言え、たとえ輪切りタイプのオレンジを使う場合であっても、輪切り1枚に対するチョコレートや砂糖の量はそれほど多くないだろう。そう考えると、1枚つまむだけであれば、それほどカロリーが高いというわけでもなさそうだ。食べすぎに注意すれば、カロリーを抑えることは可能だろう。

2. オレンジ+チョコレートで栄養豊富なオランジェット!

オランジェットには主に3つの材料が使われるが、その中で栄養価を大きく左右するのはオレンジとチョコレートだ。

ビタミンCが豊富なオレンジ

ビタミンCは、オレンジの中で最も注目すべき栄養素だ。突出して多く含まれており、その量はオレンジを1~2個食べるだけで、1日に必要なビタミンCを補えるほどである。ビタミンCには、免疫力の向上や活性酸素の除去などの効果があると言われていて、美容や健康に嬉しい栄養素だと言えるだろう。ほかにも、体内の塩分排出を助けるカリウム、糖質をエネルギーに変える効果があると言われるビタミンB群、疲労回復効果が期待できるクエン酸などが含まれている。

実は栄養豊富なチョコレート

実はチョコレートは、栄養が豊富なお菓子として知られている。中でも注目されているのは、原料であるカカオに含まれるカカオポリフェノール。ポリフェノールと言えば赤ワインに多く含まれるイメージがあるが、チョコレートに含まれるポリフェノールはそれよりも多いのだ。抗酸化作用や血液をサラサラにする効果などが期待されており、とくに動脈硬化を抑制する働きがあると言われている。
そのほか、リラックス効果や集中力を高めるとされるテオブロミンや、ビタミン類・ミネラル類も含まれている。

3. カロリー同様、オランジェットは糖質にも要注意!

チョコレートと砂糖が使われるオランジェットは、糖質も高いことが予想できるが、果たしてどれくらいの糖質が含まれるのだろうか。
オレンジ100gに含まれる糖質は品種にもよるが、8g~10g程度だ。無視できるほどではないが、必要以上に気にすることもないだろう。一方のチョコレートと砂糖だが、こちらは100g中の糖質量がそれぞれ52g、100gと非常に多い。成人男性の1日に必要な炭水化物量が250~300g程度であることを考えると、オランジェットを食べる量によっては簡単にオーバーしてしまうだろう。とくに最近は、糖質の摂取量に注意すべきとも言われているので、食べすぎないように気をつけよう。

4. オランジェットを美味しくカロリーオフする食べ方は?

カロリー・糖質ともに注意しておきたいオランジェット。少しつまむ程度であれば問題ないが、少しでもカロリーオフする食べ方が知りたいという人もいるだろう。
オランジェットをカロリーオフする食べ方で最も手っ取り早いのは、チョコレートや砂糖の量を減らすことだ。自分で作るときには覚えておこう。チョコレートや砂糖の量が少ないと、甘さ控えめで物足りなさはあるかもしれないが、オレンジに加えるアクセントとしては十分だとも考えられるだろう。あるいは、砂糖をグラニュー糖からカロリー控えめのものに変えるのもおすすめだ。
なお、チョコレートをビターにすればカロリーオフできるのでは、と考える人もいるかもしれないが、実はあまり効果がない。と言うのも、ビターチョコレートに変えたところでカロリーはほとんど変わらず、むしろ少し高くなることも。また、糖質はビターチョコレートのほうがやや低いが、代わりに脂質が高くなっている。そのため、ビターチョコレートを使うことがカロリーオフする食べ方とは言えないため、注意してほしい。

結論

オランジェットは、少しつまむ程度であれば、カロリー・糖質ともにそれほど心配することはないだろう。しかし、使われている材料のカロリー・糖質が高いことには違いないので、食べる量についてはしっかり考えなければいけない。自分で作れば材料の調整ができるので、カロリーが気になる人は手作りに挑戦してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ