このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

八宝菜って保存がきくの?正しい保存法を知って作り置きしよう

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月29日

八宝菜が余ったら、できるだけ美味しさをキープして保存をしておきたい、と思う人も少なくはないだろう。保存方法には冷蔵と冷凍があるが、八宝菜の場合はどちらが適しているのだろうか。ここでは、八宝菜の保存方法やその際の注意点などを解説していく。

1. 冷凍できない材料は抜いて作ろう!正しい八宝菜の保存方法

八宝菜を作りすぎてしまい後日食べたいとなった場合、気をつけておきたいのは保存方法である。鍋で作ってそのまま常温で放置してしまうと、味の低下はもちろん衛生面を考えてもよくない。では、八宝菜はどのように保存すればよいのだろうか。

八宝菜は基本的には冷凍可能な料理だが、その場合は使用する材料に注意しなければならない。たとえば、八宝菜の定番の具であるうずらの卵は、解凍や温め直すときにレンジを使用すると爆発する恐れがある。また、卵に熱がこもって食べるときにやけどをする危険性があるので気をつけよう。そのため、八宝菜を冷凍するのであれば卵を抜いておくことが望ましい。

また、タケノコを使う場合は冷凍すると、シャキシャキ感が失われる可能性もある。解凍後に下ごしらえをしたタケノコを加えるか、タケノコの代わりにほかの野菜を使うのがおすすめだ。

タケノコの下ごしらえは、下茹でをしたタケノコに出汁や酒、醤油、みりん、塩を加えて味をつける。素材そのものに味がついていると料理の美味しさが増すので、丁寧に準備しよう。

2. 八宝菜を冷蔵保存する場合って消費期限はどれくらい?

八宝菜を長期間保存しない場合は、冷蔵庫で保存しておくこともできる。夜に作って次の日のお弁当のおかずに使いたいときや、休日にサッと食べられるものを準備しておきたいときには便利だ。

八宝菜を冷蔵する場合は、粗熱を取ってから保存容器や皿に移してラップをかけて保存しよう。粗熱を取らずに冷蔵庫に入れると庫内の温度が上がり、ほかの食材を傷めてしまう原因になる。また、冷蔵の場合は2〜3日が食べきる目安だが、保存状態によっては品質が低下することもあるので、においや味などの状態を確かめてから食べるようにしよう。

冷蔵保存の場合でも、うずらの卵はレンジで温め直すと爆発する恐れがある。鍋やフライパンに移して加熱をするか、電子レンジを使う場合はうずらの卵を除いて温めるようにしよう。

3. 白菜は冷凍保存が可能!いつでも八宝菜を作れる準備を!

野菜には、冷凍保存ができるものとできないものがある。冷凍すると食品の細胞が壊れてしまったり、水分が失われてしまったりするためだ。また、生の状態とは食感が違うため、基本的には冷凍した野菜は加熱して使う。

白菜を買ってきたら野菜室で保存する場合が多いが、場所を取るので、すぐに使わない場合は冷凍しておくと便利である。冷凍した白菜があれば、いちいち切る手間が不要で八宝菜だけでなくてもスープや鍋といった、さまざまな料理に使うことが可能だ。

白菜を冷凍する場合はザク切りにして冷凍用の袋に入れ、空気を抜いて封をして冷凍庫に入れる。使用する場合は解凍せず、凍ったまま調理するのが基本だ。白菜から出た汁には栄養や旨味が詰まっているので、汁を活かした料理を作ろう。

汁気のない炒め物の場合は、白菜を一度解凍し水気を絞ってから使うが、八宝菜は水分にとろみをつけて食べる料理なのでとくに解凍する必要はないだろう。

4. 八宝菜には欠かせない存在!冷凍したエビの解凍方法とは?

八宝菜に使用するエビは生のものを使うのが理想的ではあるが、予算的な問題や処理が面倒といった理由で冷凍品を使用する場合もあるだろう。冷凍されたエビは、一度解凍してから使用する方法が基本だ。

エビは解凍するときにドリップが出てしまう。このドリップは、旨味や栄養素が含まれるほか独特の匂いの元になるため、なるべくドリップを出さないように解凍する必要がある。

エビの解凍法には、大きく分けて2つある。まずは、氷水に浸して解凍する方法で、こうすることでゆっくりと解凍ができるためドリップが出にくい。次に塩水につけて解凍する方法だ。真水に入れて解凍するとパサパサとした食感になりやすいが、塩水につけて解凍するとしっとりとした口当たりになる。このときの塩分濃度は海水に近い3〜3.5%が理想だ。

結論

八宝菜は冷凍保存ができる料理なので、作るときには多めに作って保存しておこう。ただし、解凍するときにレンジを使用する場合はうずらの卵が爆発する危険性があるため、始めから入れない方がよい。お弁当のおかずやサッと食べたい場合には冷凍八宝菜があれば大活躍する。冷凍のポイントに気をつけて上手に保存をしてみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ