このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉を混ぜる派?混ぜない派?美味しいお好み焼きの焼き方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月18日

大阪風のお好み焼きの焼き方は、豚肉を生地に混ぜ込んでから焼く方法と、混ぜ込まない方法の2通りがあることをご存じだろうか?どちらが正しいというものではないので、両方のメリットとデメリットについて解説しよう。また、ソースとマヨネーズをかける正しいタイミングについても紹介する。

1. お好み焼きの生地と具材の混ぜ方

混ぜて焼くか重ねて焼くか

大阪風のお好み焼きの特徴は、「混ぜ焼き」だということである。「重ね焼き」である広島焼きとの一番の大きな違いは、その焼き方だ。混ぜ焼きなので、キャベツやネギは当然、生地に混ぜた状態で焼く。薄く焼いた生地の上にキャベツ、もやし、豚肉...と順番にのせていく広島焼きとは、全く違うことがわかる。
それぞれの具材の違いを味わえるのが広島焼きなら、大阪風のお好み焼きは、すべての具材が渾然となった生地の味わいを楽しむものだ。いずれにしても、その焼き方が味を大きく左右することは言うまでもない。

より美味しく焼き上げるために

焼き方が大事だとは言っても、実は焼く前の時点で味を左右するポイントが存在する。それは、生地の混ぜ方だ。生地を混ぜるときに、しつこく混ぜ過ぎてはいけない。混ぜ過ぎると小麦粉のグルテンに必要以上に粘りが出てしまうからだ。
お好み焼きの焼き方がどれほど上手だとしても、材料を混ぜる人が過剰に混ぜてしまっては、よい結果は生まれない。「お好み焼きがどうもうまく焼けない」と不思議に思う人は、生地を混ぜ過ぎていないかチェックしてみよう。

2. 豚肉は混ぜる派?混ぜない派?

豚肉を生地にのせる焼き方

豚肉を生地に混ぜるか、混ぜないで別に焼くかについては、大阪人の間でも意見が分かれるところである。
大多数の意見は、豚肉は先に焼いておき、その上に生地を丸く流し込むという焼き方だ。この焼き方の利点は、豚肉の生焼けを防げることと、焼いた豚の脂が生地にしみ込んで美味しさが増すということである。

豚肉を生地に混ぜ込む焼き方

豚肉を小さく切って混ぜ込むという焼き方のメリットは、肉自体がふっくらとした蒸し焼きに仕上がるということだ。この焼き方の場合は、薄切りの豚肉を使う。また、お好み焼きを薄めに焼くのが好きな方が好む焼き方だと言えるだろう。

豚肉を後からのせる焼き方

そのほかの焼き方としては、まず生地をある程度焼いてから、上に豚肉をのせて引っくり返すという方法もある。この焼き方のメリットは、豚肉が反らず、見た目がきれいなお好み焼きが焼けることにある。実は、大阪ではこの焼き方を支持する方が一番多いかもしれない。
どの焼き方が正しい・間違っているということはない。そこがお好み焼きのよいところだ。いろいろな焼き方を試してみて、家族の好みの焼き方を見つければよいだろう。その過程もまた、楽しいものである。

3. ソースは鉄板の上でかけるのがおすすめのお好み焼きの焼き方 

ソースをかけるベストタイミング

最後に、細かいが大切なことをお伝えしよう。それは、お好み焼きの焼き方の最終仕上げとして、お好み焼きソースやマヨネーズは、鉄板やホットプレートの上でかけるということだ。これによってソース類が温められ、より美味しくお好み焼きを食べることができる。
お好み焼きソースとマヨネーズを湯せんして温めたり、電子レンジで加熱したりする必要はない。お好み焼きがまだ熱い鉄板やホットプレートの上にあるうちに、ソース類をかけてしまうことが一番簡単で美味しい方法なのである。ソースの塗り方も、お好み焼きの焼き方のポイントのひとつである。

マヨネーズを先にかけてみよう

お好み焼きソースとマヨネーズを塗る際、マヨネーズを後からかける人の方が圧倒的に多い。まずお好み焼きソースを一面に塗り、少量のマヨネーズで模様を描くように塗るのだ。しかし細かいことを言えば、お好み焼きソースとマヨネーズをかけるときは、マヨネーズを先にかけることをおすすめする。色の薄いものを先にかけた方が、見た目がきれいだからだ。ただし、焼き方と同様、ソースの塗り方も人それぞれ。自分のアート感覚を存分に活かし、さまざまな塗り方を楽しんでみたい。

結論

お好み焼きの焼き方の1つのポイントは、豚肉を生地に混ぜて焼くか、別に焼くのかということだ。どちらの焼き方にも一長一短があり、結論は自分の好みで決めればよい。しかし、両方のメリットとデメリットを正しく知っておくことで、判断の材料になるだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ