このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

初めてお好み焼きを作る人のために!基本の作り方をチェック

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年8月16日

店では何度もお好み焼きを食べたことはあるし、買ってきて食べることもあるけれど、自分で作ったことはない、という人もいるかもしれない。そんな方のために、お好み焼きの作り方の基本をアドバイスしよう。どれもシンプルなことばかりだが、材料が多いお好み焼きだからこそ、手順よく料理にかかることは大切だ。

1. お好み焼きの作り方1 焼き始める前の準備は?

基本の材料は?

最も基本的なお好み焼きの材料は、小麦粉・キャベツ・卵・豚肉・焼き油だ。これに、味付け用及びトッピングとしてお好み焼きソース・好みによってマヨネーズ・かつおぶし・青のりが加わる。その他の材料としては、イカ・エビ・牡蠣などのシーフード、モダン焼きにするなら中華そばをお好みで準備する。山芋・青ねぎ・こんにゃく・天かす・桜エビ・紅生姜などが欠かせないという人もいる。一皿料理である割には、多くの材料を必要とするのだ。

初めに材料をそろえてから調理開始!

このように、多くの材料を必要とするお好み焼きは、写真のように初めに各材料をきちんと並べてから調理にかかるとよい。むだなく落ち着いて焼くことが、美味しい作り方の第一歩である。

お好み焼きの生地の作り方のコツ

お好み焼きの生地を作るときは、あまり混ぜ過ぎないようにしよう。そして、生地に余分な水分が出てしまわないよう、キャベツは焼く直前に生地に混ぜ合わせるのがコツだ。これを守らないと、べちゃべちゃしたお好み焼きになってしまう。

2. お好み焼きの作り方2 焼き方のコツは?

生地の準備ができたら、いよいよ焼き始めよう。表面はカリッと、中はふっくらジューシーに焼き上がるお好み焼きの作り方のコツは何だろうか?

あらかじめホットプレートをよく熱する

焼き方の第1のコツは、焼く前にホットプレートを十分熱くしておくことだ。これは、焼きムラを防ぐために必要な準備だ。ホットプレートは、中の電熱線が入っている場所によって多少の温度差が出るのだが、十分な予熱をすることで全体が平均的に望みの温度になるというわけだ。

引っくり返すタイミングを見極めよう

作るときのコツは、予熱によって高温になったホットプレートにお好み焼きのタネを落とし、高温で手早く焼き始めること。写真のように表面がふつふつしてきて、少したったら引っくり返す。このタイミングが遅ければ焦げてしまうし、早過ぎると引っくり返したときに生地が流れて形が崩れる。

ふたを使って蒸し焼きにしよう

お好み焼きを作るとき、必ずしもふたをして蒸し焼きにしなければいけないということはないが、蒸し焼きにする方が、初心者でも失敗しにくい。ふたをして蒸らし気味にして焼くと、中心部が生焼けになるのを避けられる。何度もふたを開けたり閉めたりすると、ふたの内側に水滴がついてしまうので、その都度拭き取り、水滴をお好み焼きの上に落とさないように注意することだ。

3. お好み焼きの作り方3 トッピングは?

ソースとマヨネーズを美しく

美味しそうに焼き上がったら、仕上げのトッピングだ。昔はマヨネーズの絞り口は太いものが普通だったが、現在は細い絞り口のものもあり、きれいな線や絵が自在に描けるのが嬉しい。無難に幾何学模様を描くのもよいし、メッセージや似顔絵など、さまざまなものをソースやマヨネーズで描いてお好み焼きを楽しくデコレーションすると、一層楽しい作り方となる。

かつおぶしは食べる寸前にかけよう

かつおぶしと青のりは定番のトッピングだが、中でもかつおぶしはできれば食べる寸前にかけたい。時間が経つと、かつおぶしが水分を吸ってしまい、べしゃっとなって見た目が悪くなるからだ。食べる人に自分でかけてもらえば安心だろう。

青のりを切らしていてもグリーンをアクセントに

青のりを切らしていたり、あるいは途中でなくなってしまったという場合は、青のりの代わりにちょっとしたグリーンをお好み焼きのトッピングにする作り方もおすすめだ。カイワレ大根を少し添えるだけでも、とても美味しそうに見える。お好み焼きは、色彩的には地味な料理だが、作り方の中でほんの少し見た目を意識すれば、センスある印象のお好み焼きになるだろう。

結論

お好み焼きの作り方の3つのポイントとして、「焼き始める前の準備」「焼き方のコツ」「トッピング」について、それぞれ紹介した。基本をマスターしたらちょっとしたコツを押さえて、さらに美味しいお好み焼きの作り方に挑戦しよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ