このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

今日から試したくなる!自宅でできるエスプレッソの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月27日

「作り方がよくわからない」「ハードルが高そう」、などの理由から、自宅でエスプレッソコーヒーを作ることを、断念してしまうケースは少なくないようだ。しかし、自宅で作ったエスプレッソの味わいも、また、格別なものがある。そこで今回は、自宅で比較的簡単に試せるエスプレッソコーヒーの作り方などをご紹介しよう。

1. エスプレッソ作りに必要な豆の選び方

やはり美味しいエスプレッソを作るためには、使用する豆のクオリティが極めて重要になってくる。豆のクオリティは、豆の種類に加え、保管状態及び湿度や気温などにも左右されるので、豆を選ぶ際には、その点もあらかじめ頭に入れておくとよいだろう。

エスプレッソには、中煎り~深煎りの豆が適しているようだが、豆の種類に特にこだわりのない場合は、エスプレッソ専用の豆を選ぶと間違いなさそうだ。

豆は、挽かれて粉になると酸化が進みやすい。特にエスプレッソ専用の豆の挽き粉は、極細に挽かれているため、空気に触れやすくなる分、酸化も進みやすくなるようだ。もちろん、エスプレッソを作る直前に豆を挽き、それを使用することが最も理想的ではある。

ただ、エスプレッソ用の豆を自宅で挽く場合は、専用のグラインダー(コーヒーミル)が必要になるようだ。これは、通常使用されているドリップ用のコーヒーミルで挽いても、エスプレッソ作りに適した極細に挽くことができないためだ。

2. エスプレッソ作りには直火式のメーカーが便利

本格的なエスプレッソを作るためには、エスプレッソ専用のマシンが必要になるが、専用のマシンは、それ相応に高価である。もちろん、可能であれば専用のマシンを使用するに越したことはないが、エスプレッソ専用のマシンよりも安価で入手できる直火式のコーヒーメーカーを使用した方法もおすすめできる。

直火式のコーヒーメーカーの使い方の詳細については、各製品によって多少異なってくるようだが、基本的に、コーヒーの粉と水を入れてただ火にかけるだけと、いたってシンプルだ。各製品に添付されている使用説明書に従えば、簡単に本格的なエスプレッソを作ることができる。

直火式メーカーには、金属製のフィルターが付いているため、ペーパーフィルターは不要だ。その分、豆の成分がストレートに抽出されるので、豆本来の味を堪能することができる点が魅力だが、直火にかけるため苦みが強く出やすい傾向があるようだ。

専用のマシンを使用する場合、豆の挽き具合は極細が推奨されているが、直火式メーカーの場合は、中細挽き程度でも特に大きな支障はないようだ。そのため、もし通常のコーヒーミルがある場合は、わざわざ専用のグラインダーを調達せずとも、それで十分に間に合わせることができる点もおすすめだ。

3. 自宅でエスプレッソ風コーヒーを簡単に作る方法

わざわざ専用のマシンやグラインダーを用意せずに、簡単に本格的なエスプレッソの味わいに近いコーヒーを作る方法もある。それは、エスプレッソ用の豆を、お店などでエスプレッソ用に挽いてもらい、ペーパードリップ方式で作るという方法だ。

用意するものは、通常のペーパーでドリップコーヒーを作るのに必要な、ドリッパーとフィルターペーパーと、サーバー(ドリップポット)だ。

作り方の手順(2杯分)

1.サーバーにドリッパー、フィルターをセットする

2.フィルターにコーヒー粉を入れる

3.お湯を入れて蒸らす
エスプレッソ用の粉は極細のため、蒸らす時間は10秒程度と通常よりも短めにするのがポイント。

4.抽出する
15㎝ほどの高さから、お湯を回しかける、目盛りの60ccまで抽出できたら、素早くドリッパーを外す。60ccの目盛りを超えてしまうまで抽出すると味に雑味が加わるので気をつけよう。

あとはお気に入りのカップに注げば完成だ。

結論

自宅で比較的簡単にできるエスプレッソの作り方や、専用のマシンなしでできるエスプレッソの作り方をご紹介した。このほかにコーヒープレスを用いるという方法も比較的お手軽に試せるのでおすすめだ。いろいろと試してみて、その味わいの違いを楽しまれてはいかがだろう?

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ