このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

材料はたったの2つ!にんじんしりしりの簡単な作り方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月13日

にんじんしりしりは、にんじんの大量消費に役立つうえ、常備菜や弁当のおかずとしても重宝するメニューだ。しかし、にんじんを大量に千切りして炒めるのには、意外と手間がかかる。そこで本記事では、時間や手間をできるだけ短縮した、にんじんしりしりの作り方を紹介する。にんじんを大量に手に入れた際はもちろん、お弁当作りを始めたり、夕食当番で一品に迷ったりした際は、ぜひこちらの作り方を参照してほしい。

1. にんじんしりしりに必要な食材の選び方

にんじんしりしりに最低限必要な食材の選び方は、たった2つ。にんじんと卵を選ぶだけでよい。基本のにんじんしりしりには、これにツナを入れるが、にんじんと卵だけでも十分美味しく作れる。

食材の選び方と言えば、調味料の選び方が気になる方もいるだろう。にんじんしりしりの味付けは、塩だけでも十分だ。好みによって醤油やめんつゆで味付けするのもよい。仕上げには、すりごまや鰹節をふりかけると、にんじんしりしりの風味を引き立てることができる。

にんじんしりしりのアレンジ

にんじんしりしりは、食材の選び方を少し工夫するだけで簡単にアレンジできる。旨みを足しつつ食べごたえあるにんじんしりしりを作るには、ベーコンやちくわ、コンビーフを入れてみよう。さっぱり食べるには、生姜を足すとよい。味付けに塩昆布を選ぶことで、出汁の旨みが加わって、味わい深いにんじんしりしりができる。

2. にんじんしりしりの簡単な下ごしらえ

にんじんしりしりの作り方で、もっとも時間がかかる工程は、やはり千切りだろう。下ごしらえで簡単に終わらせておくには、スライサーを使うとよい。家庭にある千切り用スライサーで十分に事足りるが、にんじんしりしり用スライサー「しりしり器」も便利だ。

しりしり器は普通のスライサーと異なり、にんじんの切り口が少しガサガサでいびつになる。この切り口から味がしみ込んでいくため、冷めても美味しいにんじんしりしりを作れるのだ。

ちなみに「しりしり」は、沖縄の方言で「千切り」という意味を指す。千切りの工程はにんじんしりしりを作るのに外せない工程であるため、下ごしらえで手早く終わらせよう。

包丁で簡単に千切りする裏ワザ

スライサーやしりしり器がなくとも、包丁で簡単に千切りする方法もある。にんじんを5cm程度の長さにカットしたら、片側をスライス。スライスした面を下にして置き、厚さの薄い切れ目を入れていく。このとき完全にカットせず、下部が数ミリ残り、繋がった状態にしておくことが重要だ。切れ目を入れたにんじんを半分に切り、切れ目を右に向けて置いて端から切ると、にんじんが千切り状となる。この方法で、千切りにかける時間を大幅に短縮できるため、ぜひにんじんしりしりの下ごしらえに活用してほしい。

3. にんじんしりしりの簡単な作り方

基本のにんじんしりしりは、フライパンでにんじんを炒め、味を付けてから卵をさっと炒め合わせる、という簡単な工程で作ることができる。しかし、より簡単ににんじんしりしりを作る方法もある。それは電子レンジを使う方法だ。

電子レンジを使ったにんじんしりしりの作り方

まず、千切りしたにんじん、調味料、卵以外の材料を耐熱容器へ入れ、ラップをふんわりとかけて約2分加熱する。全体をよく混ぜ、味を均等に馴染ませたら、溶き卵を回し入れて再びラップをし、さらに2分加熱する。再び全体を混ぜてから1分加熱し、仕上げにごまや鰹節をかければできあがりだ。この作り方は、炒め物の経験がない人でも、簡単ににんじんしりしりを作れる。さらに洗い物を減らすこともできるため、ぜひ一度挑戦してほしい。

結論

にんじんしりしりは、作り方が簡単なうえ、にんじんと卵さえあれば作ることができる。もちろん具材や味付けをアレンジするのも楽しい。一番の手間に思われがちな千切りは、調理器具や裏ワザを使って乗り切ろう。甘いにんじんと卵を組み合わせたこの料理は、野菜嫌いの子どもでも食べられることが多い。わざわざフライパンを出さずとも簡単に作れるため、ぜひ家族のために作ってみよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ