このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつでも手軽に焼ける!下味を付けて冷凍したタンドリーチキン

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月25日

タンドリーチキンは、漬けダレに数時間から数日漬けてから焼くのが一般的だ。つまりタンドリーチキンは、思い立って作り始めてから、すぐには食べられない。漬けてすぐに食べられないのなら、下味を付けた状態で冷凍しておこう。そうすれば、あとは食べたいときに焼くだけだ!

1. タンドリーチキンを冷凍するときの鶏肉の切り方

冷凍用タンドリーチキン 鶏肉は小さめに

タンドリーチキンに下味を付けて冷凍する場合、鶏肉は小さめに切るのがコツだ。冷凍タンドリーチキンの場合、解凍せずにそのまま、あるいは半解凍の状態で焼く方がよい。完全に解凍してしまうと鶏肉からドリップが出て、味も栄養価も損なわれるからだ。解凍せずに焼くのだから、肉があまり大き過ぎると、うまく焼けない。それを防ぐために、鶏肉を小さく切っておくのだ。

冷凍用タンドリーチキン 鶏肉は大きさを揃える

もう1つのコツは、鶏肉の大きさがなるべく揃うように切るということだ。ひと切れの肉の大きさがあまりにも不ぞろいだと、個々に焼け具合が違ってくるので、見張りが難しくなる。その点をラクにするためにも、切る段階で鶏肉の大きさを揃えておくとよいだろう。

好みで鶏皮は除去しよう

鶏の皮を取り去ればカロリーオフになる。ダイエット中の方は、冷凍する前に皮を除去しておこう。また、タンドリーチキンをグリルで焼く場合、皮の脂肪が垂れ落ちると煙が出て、味にスモーク臭がついてしまう。これは好みだが、スモーク臭があまり好きではない方は、鶏皮を除去するとよいだろう。

2. タンドリーチキンを冷凍する方法

タレをもみ込むときはポリ袋を使おう

冷凍用のタンドリーチキンの漬けダレを合わせたら、タレと肉をポリ袋に入れて、もみ込もう。このとき、あまり強くもむとポリ袋が破れてしまうので注意しよう。心配な方は、ポリ袋を二重にすれば安心だ。

ポリ袋ごとタンドリーチキンを冷凍するのはNG

タレが鶏肉によく行き渡ったら、今度はタレごと鶏肉をフリーザーバッグに移そう。この作業が面倒だからといって、焼く前のタンドリーチキンをポリ袋に入れたまま冷凍するのは絶対にやめよう。薄いポリ袋に肉を入れて冷凍すると、ポリ袋にシワが入って肉の中にめりこむ場合がある。こうなると解凍しなければ取れず、後で苦労する。また、冷凍庫内で食品同士がぶつかり合うことによって、ポリ袋は容易に破れてしまう。この場合も始末に困ることになる。このタイミングで横着をすると、かかる労力は後で数倍になって返ってくることになるので、くれぐれも気をつけたい。

フリーザーバッグに入れて肉をもむのもやめよう

だからといって、初めからフリーザーバッグに入れてタレをもみ込むのも考えものだ。ポリ袋に比べると、冷凍保存用のフリーザーバッグは硬くて厚みがあるので、タレをまんべんなくもみ込むのには適していない。

3. 冷凍したタンドリーチキンの焼き方

冷凍タンドリーチキンにふさわしい調理器具は?

冷凍したタンドリーチキンを焼く方法について考えてみよう。オーブン・グリル・フライパン・オーブントースターなど好みの調理器具で焼けばよいのだが、ここでおすすめしたいのはオーブントースターだ。冷凍してあったタンドリーチキンを焼くのは、どんな場合だろうか?休日のおもてなし料理というよりは、どちらかと言えば平日の夜の時短料理というイメージではないだろうか?

オーブントースターを使えばコンロはフリー

オーブントースターを使って冷凍のタンドリーチキンを焼くメリットの1つとして、メインのコンロを使わずに済むということがある。フライパンでタンドリーチキンを焼きながら、隣では副菜を作り、奥のコンロでは味噌汁の味噌を溶く。こんな芸当はなかなかできないものだ。オーブントースターを使って焼けば、コンロをゆったり使える。冷凍タンドリーチキンの焼け具合は、時々オーブントースターの窓からのぞいて確かめればよいのでラクだ。

鶏肉を小さく切って冷凍しておけばオーブントースターでも十分

大きめの肉を焼くならオーブントースターでは少々荷が重いかもしれないが、あらかじめ小さめに切って冷凍しておいたタンドリーチキンなら、オーブントースターでも手軽に焼くことができる。時間がないときの一品として、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

結論

豪華なメインディッシュ用の料理というイメージの強いタンドリーチキンは、タレに漬け込んで冷凍しておくことで、好きなときに手軽なおかずとして利用できる。オーブントースターで焼けば、さらにラクだ。一度にたくさん漬け込み、その日に食べきれなかった分を冷凍しておくのもおすすめ。一度の手間で、美味しいタンドリーチキンが二度楽しめる!
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ