このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どら焼きのカロリーはやっぱり高い?栄養素と糖質も紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年5月24日

昔ながらのお茶請けのイメージがあるどら焼き。ついつい定期的に食べたくなってしまう身近な和菓子のひとつであるどら焼きは、あんこがぎっしりと詰まっていることもあって、当然カロリーも高めだ。美味しいからといって食べ過ぎるとすぐにカロリーオーバーになってしまうので注意が必要だ。そこで今回はどら焼きのカロリーや栄養を紹介する。どら焼きのカロリーを知って、日ごろからの意識を高めていこう。

1. あんこが大敵!どら焼きのカロリーはどのくらい?

しっとりとした生地にたっぷりのあんこが詰まったどら焼きは、その見た目通り100gにつき284kcalとそれなりにハイカロリーな和菓子だ。どら焼き1個当たりの重さは標準的なもので約70g。この標準サイズ換算で考えると、どら焼きは1個につき約199kcalとなっている。1膳(150g)のごはんが252kcalなので、どら焼き1個でごはん1食分の8割に相当するカロリーであるわけだ。

ちなみに、同じ和菓子である大福は100gで235kcal、水ようかんでは100gで171kcal。どら焼きは、同じ和菓子の中でも比較的カロリーが高めであることがわかる。一方で、洋菓子のカロリーは、同じく100gあたりでショートケーキなら327kcal、アップルパイは304kcal、ドーナツは386kcalと、洋菓子と比べるとカロリーが控えめであることがわかる。

2. マイナスばかりじゃない!どら焼きに詰まった栄養素

どら焼きは和菓子の中でもカロリーが高めである一方、そのカロリーの多くを占めているあんこには健康に嬉しい栄養も含まれている。あんこは小豆から作られているので、小豆に含まれる栄養を摂ることは可能なのだ。

小豆は食物繊維が豊富に含まれる食材だ。食物繊維には、便通を整えて便秘を防ぐ働きがある。ビタミンB群は代謝を促し、カリウムなどのミネラルも含まれており、さまざまな効果をもつ栄養を補うことが可能だ。また、小豆にはサポニンという抗酸化作用のもつ成分が含まれている。

また小豆は、ポリフェノールが多く含まれていることでも有名だ。ポリフェノールはワインなどに多く含まれ、活性酸素を抑える働きがある。このように、あんこが詰まったどら焼きは、さまざまな面で役に立つ栄養が詰まったお菓子でもあるのだ。

3. 食べ過ぎは気を付けて!どら焼きの糖質量

どら焼きに詰まったあんこには、さまざまな栄養が含まれていることは説明した通りだが、当然糖質もたっぷりと含まれている。どら焼き100gあたりに含まれる糖質は55.4g。どら焼きの重量の半分以上は糖質となる計算だ。

70gのどら焼き1個当あたりの糖質量に換算してもその量は約39g。たまの楽しみに食べるくらいなら問題はないが、糖質制限中に食べてよいものとはいえないだろう。

4. 少しでも食べ方を工夫してどら焼きのカロリーオフを!

たっぷりとあんこが詰まっていることでカロリーも糖質も高めのどら焼き。どうしても食べたいという時は、食べ方を工夫することで少しでもカロリーオフできるよう気を付けたいところだ。

たとえば、同じどら焼きでも糖質やカロリーをカットしたものを選んで食べるようにすれば、その分カロリーや糖質をオフすることが可能だ。また、どら焼きにはカスタードや生クリームなど、さまざまなバリエーションが存在する。そういったバリエーションの中から少しでもカロリーが低いほうを選んで食べるようにすれば、美味しいどら焼きを楽しみながらカロリーオフすることもできる。

ダイエット中にどうしてもどら焼きが食べたいという時は、こういった食べ方で少しでもカロリーを抑えたいところだ。

結論

どら焼きは糖質もカロリーも高めなので食べる際は注意が必要だ。どうしてもどら焼きを食べたい時は、その分食事の量を減らしたり、少しでもカロリーが少ない商品を選んだりと、工夫して食べるとよいだろう。ちなみに、どら焼きはすべて漢字で書くと銅鑼焼きとなり、字の通り楽器の銅鑼に似た形状であることから名付けられたとされている。ちょっとした雑学ではあるが、覚えておくとよいだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ