このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

腹持ちの良さが長所!塩大福のカロリーや栄養を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年5月24日

カロリーや糖質を制限しているとき、どうしても甘いものが食べたくて仕方がないという衝動に駆られたことはないだろうか。そんな時、どうせ食べるならなるべくカロリーが低く満足感の高いスイーツを選びたいが、塩大福はまさにその条件にあてはまるスイーツということはご存知だろうか。ここでは、塩大福のカロリーや栄養、糖質を解説しつつ、何故満足度が得られやすいのかについても解説したい。

1. 塩大福のカロリーは?

冒頭で述べたように、カロリーや糖質を制限している方が食べるなら塩大福がおすすめなのだが、単純にカロリーだけを比べるなら塩大福よりも低カロリーなスイーツは多い。まず、和菓子同士で比較してみると、塩大福のカロリーは100gあたり235kcal。同じくあんこがたっぷりと詰まったどら焼きは100gあたり284kcalで、しっとりとした味わいが魅力の水ようかんは100gあたり171kcalとなっている。このように、塩大福は和菓子の中で比較的カロリーがあるスイーツということがわかるだろう。

一方で、洋菓子と比べてみた時の塩大福のカロリーは控えめだ。たとえばショートケーキであれば、フルーツの分を抜きにして計算しても100gあたり327kcal。塩大福と同じくお茶請けとして定番のカステラであれば100gあたり319kcal。プリンのように、100gあたり126kcalと塩大福よりカロリーの低いスイーツもあるにはあるが、食べごたえのあるスイーツと比べるとやはり塩大福のほうが低カロリーということがよくわかる。

何故塩大福がおすすめなのか。それは、塩大福がカロリー以上の満腹感を得られる腹持ちのよいスイーツだからだ。塩大福の皮は餅でできており、この餅の部分が腹持ちのよさに繋がっているのだ。腹持ちがよいということは、それ以上間食をしたいという気が起きにくくなるということだ。塩大福でしっかり満足感を得ることができれば、おやつを食べた分夕食は控えめに......といった調節もしやすくなる。このような理由から、塩大福はカロリーや糖質を制限しているときでも手に取りやすいスイーツとなっている。

2. お腹にたまるだけじゃない!塩大福に詰まった栄養素

腹持ちのよさが長所の塩大福なのだが、中に詰まっているあんこにはいろいろな効果を秘めている。あんこの原料は小豆である。塩大福にはその小豆の栄養が詰まっている。そのいくつかを紹介したい。

まず、小豆は食物繊維や鉄分が豊富だ。便秘や貧血予防に向いている。さらに、小豆にはビタミンB1、B2、B6といった糖や脂質、たんぱく質の代謝効率をあげる栄養素や、抗酸化作用が期待できるポリフェノールも含まれている。

このように、塩大福は満腹感が得られるうえに栄養もあるので、カロリーばかり高くて栄養が少ない菓子で満腹にするよりもよいスイーツといえるのだ。

3. 塩大福の糖質量も確認!

カロリーや糖質を制限している際にどうしてもスイーツを食べたくなったのであれば塩大福がおすすめではあるが、甘い和菓子である以上糖質の量には十分気を付けて食べたほうがよい。塩大福の糖質量は、100gあたり50.3g。重量のおよそ約半分が糖質でできている計算だ。

塩大福は腹持ちがよく満腹感を得られやすいスイーツとはいえ、口にすれば約50gの糖質を摂ることになる。食べる際はしっかりとその糖質量を意識し、夕食で主食を減らすなどの調節を行うようにしたい。

4. それでもカロリーが気になる......。塩大福をカロリーオフする食べ方

腹持ちがよくカロリー制限中でも比較的食べてもよいスイーツとはいえ、塩大福のカロリーは決して低いものではない。そこで、少しでも塩大福をカロリーオフする食べ方をいくつか紹介したい。

まず、塩大福の中でも皮に豆が入っている塩豆大福は、歯ごたえがある分咀嚼(そしゃく)回数が増え、より満足感が得られやすくなる。満足感を得ればそれ以上食べようという衝動は収まるので、結果としてカロリーオフに繋がるというわけだ。また、同じ塩大福でも中に果実が入ったフルーツ大福であれば、フルーツの分だけあんこが少ない分、トータルのカロリーがオフされるというわけだ。

食べ方にさえ気を付ければ、塩大福はカロリー制限中でも美味しく食べることができる。こういった方法を意識しつつ、どうしても甘いものが食べたいという衝動はこのように解消していくとよいだろう。

結論

塩大福はカロリーこそ高めではあるが、食べ方を意識すればカロリーや糖質制限中でも美味しくいただくことができる。どうしても甘いものが食べたいが、太りたくないという時は塩大福を選んで食べるとよいだろう。ちなみに、塩豆大福の生地に含まれた豆は赤エンドウで、ミネラルやビタミンなどの栄養が含まれている。健康面を考えるのであれば、豆入りの塩大福を選ぶのがおすすめだ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ