このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

早めに食べたほうがいい!?いちご大福の正しい保存方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月22日

ひな祭りや入学式といったお祝いの日をはじめ、手土産で持参しても喜ばれるいちご大福。モチモチの生地やフレッシュないちご、ほっこりとした美味しさのあんこのバランスが絶妙なスイーツだ。人によっては大量に作り過ぎたり、たくさん貰ったりして、その日のうちに食べきれないこともあるだろう。そこで今回は、いちご大福の正しい保存方法について紹介したい。

1. いちご大福は保存できるのか

ジュワッとジューシーないちごを、あんこと生地で包んだいちご大福。とくにいちごが旬の時期になると、和菓子屋はもちろんスーパーやコンビニでも見かける機会が多い。店舗の場合は常温で陳列されているものが多いが、自宅でも同じように保存して大丈夫なのだろうか。

基本的に砂糖を多く使用した和菓子は、腐敗菌が増えにくく傷みにくいといわれている。ただし、夏の暑い時期は普通の食品と同じように腐敗しやすいという。いちご大福の場合は腐ると、あんこが酸っぱくなったりまわりにカビが生えたりすることがある。

では、どのように保存するのがベストなのだろうか。いちご大福を販売するメーカーのホームページをチェックしてみると、10℃以下で要冷蔵というものが多かった。しかし中には保存料を使用しておらず日持ちしないので、保存せずにその日のうちに食べてほしいというメーカーや、冷蔵庫に入れると餅の部分が固くなることがあるため、常温で保存を......というメーカーもあった。

ちなみに冷蔵保存の場合、保存期間は2~3日以内というものが多いが、7日までOKとするメーカーもある。おそらく、いちご大福に使用する材料の内容や量によって保存方法や保存期間が異なるのだろう。

2. いちご大福は冷蔵保存に向いている

大粒のいちごをあんこで完全に包んだり、少しだけいちごが見えるように作ったり、丹精込めて作られているいちご大福。冷蔵保存に向いているようだが、どのように保存すればよいのだろうか。

高温多湿になりやすい夏場は、ひとつずつラップで包んで密封し冷蔵保存することをおすすめする。もともと1個ずつパッケージされてある場合は、そのまま冷蔵庫に入れてもOK。

ちなみに、片栗粉やコーンスターチといったでんぷん系の材料を使用して作られる和菓子は、基本的に冷蔵保存は苦手だという。いちご大福を作るとき、餅の代わりに白玉粉を使用して生地を作る方法がある。白玉粉はもち米の中のでんぷん質を中心に取り出した粉だ。夏場は冷蔵保存すべきだが、気温が低めの冬場は常温で保存してもよさそうだ。ただし消費期限は守って食べるようにしよう。

3. いちご大福は冷凍保存に向いていない?

全国和菓子協会によると、大福・カステラ・餅・どら焼きといった和菓子のほとんどが、一定の期間であれば冷凍保存で美味しさを保てるという。冷凍する際は食べる量ごとに小分けしてラップなどで包み、早めに保存するとよいといわれている。

しかし、いちご大福を販売するメーカーのホームページでは、冷凍保存OKと記載されているところは見当たらなかった。おそらく大福のみなら冷凍は可能だが、中に入っているいちごに問題があるのかもしれない。

ちなみにいちご大福を食べると、中のいちごがピリピリすることがあるという。それは、いちごそのものが作り出す炭酸ガスが影響しているようだ。いちごはいちご自体に含まれる糖分を自ら分解し、炭酸ガス&水を作り出す。その炭酸ガスは、炭酸飲料と同じようなピリピリ感を感じるガスなので、人に悪影響を及ぼすことはないという。

結論

いちご大福の保存方法について紹介したが、理解してもらえただろうか。正しい方法を覚えておけば、慌てて食べる必要はない。ただし、いちご大福の場合は消費期限が短いものが多いのが特徴だ。購入する際は、なるべくその日のうちに食べきれる分を購入するようにしよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ