このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

旨みとサクサクをそのまま!天丼の天ぷらを正しく保存する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年6月 8日

江戸時代から食べられていたといわれている天丼。日本を代表する料理のひとつで、ソウルフード的存在な一品だ。サクサクとした天ぷらにほかほかのごはん、そこに濃厚なタレをかけて食べる絶品和風料理。ボリュームもたっぷりでさまざまな味を一度に楽しむことができるのが特徴的だ。各家庭でも食べられており、天丼好きな人も多いと思う。今回は、天丼が余った場合に行う、旨みを逃さない正しい保存方法について紹介していく。

1. 旨みをそのまま!天丼の正しい保存方法

作りすぎて余ってしまった天丼は、天ぷらとごはんを分けて保存するのが正しい保存方法だ。ごはんにタレがしみ込んでいる場合は、保存期間中に菌が繁殖してしまう可能性があるため、保存を断念すべきであろう。

常温保存は、油の酸化による味の低下・室温による菌の繁殖などの恐れがあるため、避けるのが無難である。そのため、旨みを保ち、長期間保存するためにも正しい保存方法は冷蔵保存、もしくは冷凍保存を選定しよう。

冷蔵保存の場合は2日程度、冷凍保存の場合は2週間程度の保存が可能だ。保存が長期間になるほど、天ぷら本来の旨みが逃げてしまうため、なるべく早めに食べることをおすすめする。

2. 早めに食べよう!天丼の天ぷらの冷蔵保存の方法

天丼の天ぷらの保存作業を行う際は、必ず材料の粗熱が取れた状態で行うのがポイント。粗熱が残った状態だと、菌の繁殖や旨みの低下などにつながる恐れがある。

天丼の天ぷらはクッキングシートで挟み、ジップ付きの保存袋に入れ、空気に触れないようにし、冷蔵保存しよう。空気に触れないようにすることで、油の酸化を遅らせることができる。天丼の天ぷらを挟むシートにキッチンペーパーを使用した場合、天ぷらとシートがくっついてしまう可能性があるため、クッキングシートの使用をおすすめする。タレは別の容器に入れ密閉し、冷蔵保存をしよう。

3. 長期保存も可能!正しい天丼の天ぷらの冷凍保存

冷凍保存を行う際も、冷蔵保存と同様に天丼の粗熱を取った状態で保存作業を行う。保存方法もほとんど同じでクッキングペーパーで挟み、ジップ付きの保存袋に入れ保存する。そのあとは、旨みを逃さないために、急速冷凍を行うのがポイント。金属製のバットなどに保存袋ごと置き、冷えやすい状態を作って冷凍庫に入れよう。

ごはんは、1食ごとにラップで巻き、ジップ付きの保存袋に入れ保存する。タレは冷凍保存が難しいため、食材を解凍し、再度天丼として食べる際にもう一度作るのがおすすめだ。

4. サクサクな仕上がり!天丼の天ぷらの解凍方法と温め方

天丼に使用される天ぷらの解凍方法は、電子レンジ・オーブントースターを使う2通りがある。たまごやイカは、電子レンジで温めると破裂してしまう恐れがあるため、冷蔵庫で解凍したのちオーブントースターで温めよう。天ぷら本来の旨みを引き出すためにも、素早く解凍を行うことが大切だ。

電子レンジ

天ぷらは食べる前日に冷蔵庫に移し、解凍しておこう。クッキングペーパーを取り外し、重ならないように皿に並べ、様子を見ながら数分間加熱する。食材によっては中まで熱が通りにくいものもあるため、確認しながら加熱を行っていく。

オーブントースター

こちらも前日に冷蔵庫に移して解凍。保存の際に施したシートなどを取り除き、オーブントースターで加熱する。オーブントースターで天ぷらを加熱することで、サクサクとした天ぷらをよみがえらせることができる。

結論

天丼は海外観光客からも人気の料理。天ぷらの揚げ方、使用する食材次第で、全く別の味わいになる。旬の野菜や海鮮などを取り入れ、その時期に味わえる最高の食材を使用するのがよいだろう。天ぷらは保存方法をおろそかにするとすぐに味が落ち、傷んでしまう。美味しく食べるためにも、保存作業を怠らずいつ食べても最高な天丼を味わってほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ