このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カップラーメンをおいしく食べる裏ワザを総ざらい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

世界に誇る日本の食文化であるインスタントラーメンおよびカップラーメン。メーカーのたゆまぬ努力により、毎年少しずつカップラーメンのレベルが上がっていっているのは、誰も否定できないだろう。それでも、さらに美味しく食べられる裏ワザやアレンジを追及したくなるもの。そしてその情報は、ネットを通じて人々の間でシェアされている。今回はカップラーメンのおいしく食べる裏ワザをまとめた。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カップラーメンの麺を美味しくする裏ワザ

カップラーメンの麺といえば、ひと昔前は、スナックのようなイメージのものが一般的だった。そしてそこに生麺感覚を再現しようとした商品が誕生したときは、感動すら覚えた人も多かっただろう。

今、ネットで人気のカップラーメンを美味しくする裏ワザに、麺をもちもちにするというものがある。

その方法とは、電子レンジを使うもの。

まずは、付属のカップの中に麺と具(かやく)を入れ、カップの内側に表示されている線より少し上までお湯を注ぐ。それを、耐熱性のある器にざっと移し、ラップをふわっとかけて電子レンジで3分ほど加熱する。

そのひと手間で、麺がもちもちになる。見た目にも麺に透明感が感じられ、あきらかにお湯をかけて待つものとは違った仕上がりになる。

もともとは、カップのうどんで人気を博した方法ではあるが、カップ入りの即席そば、そしてカップラーメンでも麺がもちもちになるといわれているようだ。

気を付けてほしいのは、電子レンジにかける前に、粉末スープを入れないことである。また付属のカップ容器は、電子レンジをかけることを想定してつくられていないので、そのまま使うと吹きこぼれや器の変形の可能性があるので、かならず耐熱性の器に移すようにしたい。ただ、最初に付属のカップにお湯を注いでから、器に移したほうがお湯の軽量はラクなのでおすすめである。

2. カップラーメンのスープを美味しくする裏ワザ

カップラーメンのスープをアレンジする裏ワザも人気を博している。

少し大胆ではあるが、それは、お湯のかわりに、牛乳や緑茶を入れるというものである。

牛乳を入れると、醤油味のカップラーメンは、コクが加わり、コーンスープのような旨味が出てくるという。スープスパゲティーのような和洋のジャンルを超える仕上がりになるということだ。

また緑茶を入れると、緑茶の持つ苦みや渋みが味を引き立てて思いがけないうまさにつながるという。

さらには、カップラーメンなのにスープにしないという裏技がある。麺をやわらかく戻すのに、湯は必要だが、麺が戻った後は湯切りして水分を切ってしまう。そこにスープの素を半分ほど入れ、さらにごま油を加えてよく混ぜると、油そば風になるというもの。味が濃いので、卵黄を落とすと塩気がマイルドになる。

3. カップラーメンにちょい足しする裏ワザ

これは、ラーメン屋さんで、また自宅でインスタントラーメンをつくるときの感覚であるが、カップラーメンにちょい足しするという発想である。

スープの風味を変えるという意味では、すりおろしたニンニク、ラー油、ごま油、芝麻醤、XO醤、しょうが、かつおぶし、牛脂などを加えて味にアクセントをつける方法がある。

また、少しでも見た目が豪華になるよう、具材も加えよう。卵、乾燥わかめ、もやし、ねぎ、キャベツといったものを加える。カップラーメンの具はフリーズドライ状態なので、生の食材を加えるだけで、ぐっと贅沢になる。

結論

カップラーメンをアレンジして楽しむ裏ワザはいかがだっただろうか。どれも簡単で、すぐ試せるようなものばかりである。いくらカップラーメンの質が上がったからといって、やはりまだまだインスタント感はなくなっていない。麺やスープをアレンジしたり、食材を加えることで、味の変化を楽しむことができ、また独自の新しい食べ方の発見ができるよろこびも味わえるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ