このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黄桃の一種「黄金桃」とは?味わいや美味しい食べ方などを紹介!

黄桃の一種「黄金桃」とは?味わいや美味しい食べ方などを紹介!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年2月10日

色鮮やかな黄色い見た目をしている「黄金桃(おうごんとう)」。代表的な黄桃の一種であり、淡い黄色の果肉と強い甘みが特徴の桃である。そんな黄金桃は日本の長野市川中島で偶然誕生したとされており(※1)、現在は長野県・山形県・福島県・山梨県などで栽培されている。今回は、そんなトロッとした滑らかな食感が楽しめる「黄金桃」の特徴や美味しい食べ方などを詳しく解説する。

  

1. 黄金桃とは?

黄金桃
黄金桃(おうごんとう)とはバラ科モモ属の植物の一種であり、鮮やかな黄色い見た目の果実は食用のフルーツとして知られている。重さ250~300g程度の大きな桃であり、豊かな香りと強い甘み、程よい酸味が特徴となっている。また、完熟するととろけるような滑らかな舌触りを楽しめるようになる。そのまま食べるのが一番美味しいが、コンポートやスムージーなどにしても美味しく楽しめる。

黄金桃の主な産地と旬の時期

農林水産省の「特産果樹生産動態等調査」によると(※2)、2018年時点の全国の栽培面積は92.0haとなっている。また、栽培面積で見ると山形県が28.1haで最も広く、福島県(23.2ha)、山梨県(16.1ha)、長野県(12.0ha)と続いている。黄金桃は桃の中では「晩生タイプ」であり、例えば、長野県では8月下旬~9月初旬に収穫期を迎える。夏の終わりごろに食べられるフルーツとなっている。

黄金桃の味わいや食感などの特徴

一般的に黄桃は実が固くて加工用(缶詰用)に向いているが、黄金桃はジューシーで滑らかな舌触りが楽しめる生食向きの品種となっている。また、味は強い甘みとさわやかな酸味が特徴であり、香りはマンゴーのようなフルーティで豊かなものだという。なお、果皮の色味は基本的に鮮やかな黄色をしているが、日光に当てて栽培したものは通常の桃と同じように赤っぽく染まる。

2. 美味しい黄金桃の選び方

黄金桃
美味しい黄金桃を見極めるには、通常の桃と同じで果皮・見た目(形)・香りなどを参考にするのがおすすめだ。以下のポイントを参考に美味しい黄金桃を選ぶようにしよう。

美味しい黄金桃を見極めるポイント

・果皮:ハリ感があり、うぶ毛が生えているもの
・見た目:左右で均等にふっくらとしているもの
・香り:マンゴーのような甘い香りがするもの

3. 黄金桃の美味しい食べ方

黄金桃
黄金桃はそのまま食べても美味しいが、コンポートやジャム、スムージー、ケーキ、タルトなどにするのもおすすめだ。ここでは、そんな黄金桃の美味しい食べ方をいくつか紹介しておこう。

その1.コンポート

黄桃は缶詰で売られていることも多いが、黄金桃もコンポートにして食べると美味しい。コンポートの作り方は、まず黄金桃の皮を剥き、半分にカットして種を取り除く。それから鍋に黄金桃・白ワイン・砂糖を加えて、ゆすりながら火にかける。そして、鮮やかに色付いたら火からおろして、しっかりと粗熱を取る。最後に、冷蔵庫で冷やしたら完成だ。贅沢な黄金桃のコンポートを楽しもう。

その2.各種洋菓子

黄金桃は果肉の色味がとてもキレイなので、フルーツタルトの上にのせたりトッピング用として使ったりするのもおすすめ。輝くような色鮮やかな黄色の果肉が、お菓子やデザートの見栄えをグッとよくしてくれるだろう。白桃と合わせて使えば、白と黄色のコントラストを楽しむこともできる。

4. 黄金桃の正しい保存方法

黄金桃
購入した黄金桃の果肉がまだ硬いなら、新聞紙などに包んでから冷暗所などに2~3日程度置いて追熟させよう。また、果肉が柔らかくなったら、新聞紙に包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するとよい。熟した黄金桃はあまり日持ちしないため、早めに食べきるのがポイントだ。

5. 黄金桃に関するよくある質問

黄金桃
ここまで、黄金桃の基本や選び方、食べ方などについて詳しく解説してきた。しかし中には「ゴールデンピーチとの違いは何か」や「黄金桃を美味しく食べるにはどうしたらいいか」などが気になる人もいるだろう。そこで最後に、黄金桃に関するよくある質問・疑問に回答する。

Q1.ゴールデンピーチとの違いは?

黄金桃は黄肉種の総称と使われることもあり、ゴールデンピーチも「黄金桃の商品名の一種」と紹介されることが多い。しかし「特産果樹生産動態等調査」では別の品種として集計されている。岡山県や愛知県での栽培が盛んとなっており、愛知県豊田市の特産品の一つにもなっている(※3)。黄金桃と同じで、色鮮やかな見た目や豊かな香り、強い甘みなどが特徴となっているという。

Q2.黄金桃を美味しく食べるには?

黄金桃を生で美味しく食べるなら、事前に冷やしておくのがおすすめ。例えば、食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れておくか、すぐに食べたいなら氷水にさらしておくのがよい。また、事前に黄金桃を冷凍しておき、半解凍の状態でシャーベット風にして食べるのもおすすめとなっている。

結論

黄金桃は黄桃の代表的な果実であり、ジューシーな食感が特徴的で生食に向いている。流通時期は8月~9月頃となっているため、もし興味があったら黄金桃を購入してみるとよいだろう。近くのスーパーや八百屋などで見つからない場合は、ネットショップなどで探すと見つけることが可能だ。
(参考文献)
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2019年7月14日

  • 更新日:

    2022年2月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧