このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アーモンドパウダーとは?栄養満点で何にでも使える万能食材の秘密

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

アーモンドパウダーという言葉を聞いたことがあるだろうか。聞き慣れない人や「アーモンドプードルとどう違うのか?」と疑問を持つ人も多いはず。知っている人は菓子作りに使うもの、としての認識が強いのではないだろうか。そんなアーモンドパウダーだが、実は菓子以外の料理にも使え、栄養も満点、かなり優秀な食材なのだ。今回はアーモンドパウダーについて詳しく紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもアーモンドパウダーとは何か

まず、アーモンドパウダーとはアーモンドを粉末状にしたもののことをいう。多くはお菓子作りの時にわれ、生地やクリームに混ぜ込むことでコクのある香ばしい菓子ができあがる。また、似た言葉で「アーモンドプードル」という言葉を聞いたことはないだろうか。何が違うのかと思う人もいると思うが、実は名前が違うだけで商品そのものは同じなのだ。パウダーは英語、プードルはフランス語。レシピによって表記が違うこともあるので、これを覚えておけばスーパーで悩むこともなくなるだろう。しかも、意外と知らない人が多いので豆知識として覚えておくとよい。

2. アーモンドパウダーの栄養素

アーモンドパウダーとは何か、ということは理解しただろうか。次はアーモンドパウダーの栄養素について説明する。アーモンドをはじめ、ナッツ類は基本的に高カロリー。もちろんアーモンドパウダーもカロリーは高い。しかし、糖質は低く、糖質制限をしている人でもしっかり取り入れることができる。小麦粉などの糖質の高い食材の一部をアーモンドパウダーに置き換えるようにして使うのがおすすめだ。
  • 不飽和脂肪酸
ほかにも、アーモンドに含まれる脂質は、ほとんどが「不飽和脂肪酸」。不飽和脂肪酸は、ナッツ類や植物油に多く含まれるもので、LDLコレステロールを減らす働きがある。また、アーモンドに入っている不飽和脂肪酸の多くは「オレイン酸」というもので、便秘改善にもよいとされている。
  • ビタミンE
「ビタミンE」の多さもアーモンドの特徴として見逃せない。ビタミンEには「抗酸化作用」があり、体内の脂質の酸化を防いでくれるといわれている。健康を考える人は積極的に取り入れたい食材だ。
このようにアーモンドをはじめとしたナッツ類は、高カロリー・高脂質であることから敬遠されがちだが、身体によい効果をもたらす栄養素を多く含んでいる。しかし高カロリーであることには違いないので、食べ過ぎには注意しよう。

3. アーモンドパウダーは料理にも使える

最初にも言ったが、菓子に使うものとしての認識が高いアーモンドパウダー。クッキーやケーキ、マフィンやパンなど、菓子作りが趣味の人は一度開けても使いきるのに苦労しないだろう。しかし、イベントの時や誕生日などで、菓子作りをするのに買ったが、のちのち使い道が分からなく気付けば賞味期限がきれてしまった、なんて経験がある人も中にはいるのではないだろうか。
実はアーモンドパウダーは菓子作り以外にも使い道がある。たとえば揚げ物をする際、パン粉にアーモンドパウダーを混ぜたものを使う。そうすると、食べたときにアーモンドの香ばしさがふわっと香り、いつもとはちょっと違った一品ができあがるだろう。ほかにもドレッシングに隠し味として入れたり、ゴマ和えならぬ、アーモンド和えにしてみたり、サラダに少しかけて風味を楽しんだり、アレンジ方法はたくさんある。さまざまな料理に活用して、賞味期限をきらして捨ててしまうことがないようにしよう。

結論

アーモンドパウダーは100円ショップにも売られており、手軽に購入することができる。栄養も豊富で、菓子作りをしない人でも、ぜひ普段の料理に取り入れてほしい。アーモンドパウダーを使ってワンランク上の料理を作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ