このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

からし菜ってその名の通り辛いの?【サラダからし菜】とは?

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

奈良時代から平安時代に中国から伝わってきたという「からし菜」。その名のとおり、種子はからしの原料となる。独特のほんのりとした苦みが料理のアクセントとなるため、好きな人も多い。また通常のからし菜をより食べやすくした「サラダからし菜」はサラダなどの生食でも食べられる。今回はそんなからし菜について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サラダからし菜の特徴

からし菜の特徴

からし菜はアブラナ科の野菜で、白菜やキャベツの仲間である。種子はからしの原料となり、葉にもツンとした辛みがある。これはアリルイソチオシアネートという成分によるもので、わさびにも含まれている。茹でたり、ちぎったりして細胞の組織を損傷することで生成される成分で、抗菌作用や抗酸化作用があるといわれている。

サラダからし菜の特徴

サラダからし菜は、からし菜を食べやすく改良した品種である。通常のからし菜の葉は大根の葉のように大きな切れ込みが入っているが、サラダからし菜は針状に伸びているのが特徴だ。緑色と紫色の2色ある。その名のとおり、サラダなどの生食にするのがおすすめ。

からし菜、サラダからし菜の栄養

からし菜やサラダからし菜は、β-カロテンやビタミンCを多く含む。これらの栄養素には、抗酸化作用が期待でき、積極的に摂取したい栄養素である。またカルシウムも豊富で、100gあたりに含まれる量は牛乳やヨーグルトよりも多い。
さらに葉酸は、成人男女が1日に必要とする量のおよそ1.5倍含んでいる。
このようにからし菜は、栄養的にも大変優秀な野菜なのである。

2. サラダからし菜の旬や選び方

サラダからし菜の旬は2~4月の春ごろ。全国各地で栽培されており、時期になると直売所などで多く販売される。白菜や水菜などに比べるとややマイナーな野菜ではあるが、珍しいものでもないので、比較的手に入りやすい。
購入する際は、次の点に注意して選ぶとよいだろう。

葉の緑色が鮮やかで、いきいきとしているもの

黄色く変色していたり、しなびていたりするものは鮮度が落ちているので注意する。葉先までピンとはっているものを選ぼう。

葉が大きすぎないもの、軸が細めのもの

からし菜は成長しすぎると、食感がかたくなってしまうので、やや若いものを選ぶとよい。ほどよい大きさのものを選ぼう。

軸が折れたり、切り口が変色したりしていないもの

元気がなくなって軸が折れているものや、根の切り口が茶色くなっているものは、収穫から時間が経っているものなので注意する。

3. サラダからし菜の食べ方

からし菜はその辛みを活かして漬物や炒め物に、サラダからし菜は生のままサラダや和え物にするのがおすすめである。
炒め物にする場合は、シャキシャキの食感を残すため、強火でサッと炒めるのがポイント。肉との相性がよいのでサラダにもハムやベーコンなどを入れるとよい。
また、サラダからし菜は紫色のものもあるので、組み合わせによって彩りよく仕上がる。

からし菜と豚肉のオイスターソース炒め

  • からし菜は洗って3~4㎝長さに切る。豚肉は一口大に切る。
  • フライパンにごま油とにんにくを熱し、豚肉を入れ、火が通るまで炒める。
  • からし菜を加えサッと炒めたら、オイスターソース、塩こしょうで味を調えて、火を止める。

サラダからし菜と生ハムのサラダ

  • サラダからし菜は洗って手でちぎる。生ハムは食べやすい大きさに切り、トマトはくし形に切る。茹で卵はスライスする。
  • 器に1を彩りよく盛り付け、好みのドレッシングをかける。

結論

ピリッとした辛さがクセになるからし菜とサラダからし菜について紹介した。同じからし菜という名がついているが、通常のからし菜とは見た目は全く違う。それぞれに適した食べ方があるので、調理方法によって使い分けるとよいだろう。栄養豊富なうえ、いつもの料理に加えるだけでちょっとしたアクセントになるので、積極的に取り入れていきたい野菜である。
この記事もcheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ