このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

海の恵みをたっぷり受けた【塩トマト】ってどんなトマト?

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月17日

干拓地特有の天然塩分やミネラルを多く含む「塩トマト」。限られた地域で栽培される希少な品種である。一般的なトマトよりもやや小ぶりで、フルーツトマトの先駆けともいわれる。ジューシーで栄養も豊富な塩トマトはまさに自然が生んだトマトの最高傑作といっても過言ではないだろう。今回はそんな塩トマトについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 塩トマトの特徴

塩トマトは熊本県八代地区の干拓地で栽培されるトマトである。かつて海の底だった八代地区の土壌は塩分濃度が高く、水分の吸収を阻害するため、本来植物の生育には適さない。しかし、塩トマトは干拓地のその特性を活かし、トマトに水分ストレスを与えることで甘みをギュッと濃縮させているのである。
こうして育てられた塩トマトは、甘みが強いだけでなく、土壌に含まれるミネラルも豊富に取り込んでいるため、旨みがぎっしりと詰まっているのだ。

さまざまな塩トマトブランド

ひと口に塩トマトといっても販売されている名前はさまざまである。塩トマトの生産地である八代平野の文字から取った「はちべえトマト」を筆頭に、「太陽の子」「塩次郎」「塩乙女」などじつに多くの名があるのだ。
また、贈答品としては糖度10度以上の最高品「ロイヤルセレブ」などが販売されている。

調味料としての塩トマト

今回紹介するのは熊本県で栽培されるトマトの一種である塩トマトだが、じつは調味料としての塩トマトも存在する。
調味料としての塩トマトとは、スライスしたミニトマトに塩、にんにく、はちみつなどを混ぜて漬けたもので、塩麹や塩レモンと同じく、調味料として使われる。カルパッチョやパスタの味付けなど、さまざまな料理に使えるとあってとても便利だが、今回紹介する八代地区の塩トマトとは、まったくの別物なので混同しないように注意しよう。

2. 塩トマトの旬や選び方

塩トマトの旬は2~3月だが、出荷自体は12~5月頃まである。限られた地域で栽培されているため、全国的に大量に出回ることはないが、地元以外のスーパーでも購入できる場合がある。また、インターネット販売もあるので、自宅用や贈答用として購入したい場合に利用してみるとよいだろう。自分の目で見て購入する場合は、次の点に注意して選ぶとよい。

ヘタがピンと張っていて、周りがややへこんでいるもの

ヘタがしおれたり、枯れたりしているものは避けよう。反り返るほど張っているものがよい。また、トマトの上部からヘタにかけての部分がへこんでいるものは、しっかりと実に栄養が行き渡っている証拠なので美味しい。

尻の部分にスターマークがはっきり出ているもの

トマトの尻部分に現れる放射線状の線を「スターマーク」という。これがくっきりと出ているものほど美味しいといわれるので、要チェックだ。

表面に産毛がたくさんあるもの

水分ストレスにさらされて栽培される塩トマトは、大気中の水分を少しでも取り込もうとうぶ毛を伸ばす。この産毛がたくさん伸びているものほど、より甘みが凝縮されている証なのでうぶ毛が多いものを選ぼう。

3. 塩トマトはシンプルに美味しく食べよう!

塩トマトはそれだけで甘いため、そのまま生で食べるのがよい。一般的にトマトの甘みを際立たせるために塩をふって食べる場合があるが、塩トマトの場合はそんな必要はない。塩やドレッシングなどかけずで、ぜひそのままの塩トマトを味わってもらいたい。
また、調理する場合もなるべくシンプルな味付けのものにするのがよいだろう。凝っていろいろな調味料をかけたりすると、かえって塩トマトの旨みを消してしまいかねないので注意しよう。

塩トマトのブルスケッタ

  • 塩トマトは角切りにし、塩、オリーブオイル、レモン汁で味付けしておく。
  • フランスパンを2cmほどの厚さにスライスし、トースターでこんがりと焼く。表面ににんにくをこすりつけてから、1をのせ、バジルを散らす。

結論

熊本県の限られた地域でのみ栽培される塩トマトについて紹介した。自然の甘みと旨みが凝縮された最高級の塩トマトは希少価値が高く、高級品としても扱われる。特別な日のディナーに、お世話になった人への贈答用に、大地の恵みをギュッと閉じ込めた塩トマトを選んでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ