このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【じゃがいも】のカロリーや下処理方法など基礎知識を徹底解説

【じゃがいも】のカロリーや下処理方法など基礎知識を徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月13日

カレーライス、ポテトサラダ、肉じゃが。定番の家庭料理には、必ずといっていいほどじゃがいもが入っている。じゃがいもはどんな料理にも使いやすく、素朴な味わいで料理になじみやすい。ホクッとこぼれるような食感が美味しく、品種によってはさつまいもと同じくらい甘みを感じるものもある。今回は、そんな万能食材・じゃがいもの特徴、カロリー、品種ごとの違い、じゃがいもを使ったメニューなどをまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. じゃがいものカロリーと糖質量

じゃがいもは、カロリー・糖質量ともに白米に比べて、その数値は約半分となる。数値だけ見ればダイエットに向いていると思うかもしれないが、調理方法によって数値が変化することには注意したい。
じゃがいも料理の定番・ポテトサラダや油で揚げるコロッケなどは、とくに脂肪分が多いメニュー。カロリーカットされたマヨネーズを用いる、揚げずにオーブンで揚げ焼きにするなど、調理方法を工夫するといいだろう。
この記事もCheck!

2. 【茹でる】じゃがいもの皮を簡単にむく方法

じゃがいもの皮むきは、思いのほか大変な作業だ。泥が付いていたらきれいに洗い流さなければならないし、表面がデコボコしているじゃがいもはスムーズに皮がむけない場合も。
そんな時は、皮がついた状態のまま茹でるとよい。あらかじめ皮に切れめを入れておき、水から10〜15分茹でたら、氷水に10秒ほどさらす。それだけで簡単に皮がむける。いつも皮むきに苦戦している人は、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

3. 【電子レンジ】じゃがいもの皮を簡単にむく方法

じゃがいもはもちろん電子レンジで下処理してもOK。水できれいに洗い皮に切れめを入れ、ラップで包み600Wの電子レンジで4〜5分ほど加熱。ラップを外し粗熱を取れば、皮がツルリとむける。電子レンジで熱したじゃがいもはホクホクの粉吹き芋のような食感になる。茹でる手間が惜しいときはこの方法をおすすめしたい。また、ピーラーで皮むきするときはまな板の上に固定してからむくと安定性が増すので、一度試してみてほしい。
この記事もCheck!

4. じゃがいもの芽に含まれる毒と下処理方法

じゃがいもは芽や芽の周辺、皮が緑色になった部分に毒が含まれる。下処理はきちんと行うようにしよう。また、未熟なもの(小さなサイズのもの)も毒が含まれている可能性がある。芽の部分の毒は「ソラニン」と「チャコニン」という天然毒で、吐き気や下痢、腹痛、頭痛などの症状が現れ、食中毒を引き起こす危険性もある。毒性の強い部分を取り除き、水に浸すことでも毒素が抜けるため、調理前にはしっかりと水にさらすようにしよう。
この記事もCheck!

5. じゃがいも3大メニューを上手に作るコツ

ポテトサラダ、ポテトフライ、マッシュポテト...じゃがいもは家庭料理の定番メニューによく使われている。美味しく作るには、各料理に適したじゃがいもを使うことが大切だ。ポテトサラダやマッシュポテトは男爵などホクホクした食感のものを使おう。
ポテトサラダは野菜の下ごしらえ、マッシュポテトはヘラで潰して滑らかな味わいにすることが美味しく仕上げるポイント。ポテトフライにはメークインなど煮崩れしにくいもの選び、小麦粉をまぶすことでカリカリとした食感になる。
この記事もCheck!

6. じゃがいも料理の定番!肉じゃがのルーツとは

おふくろの味は?と問われて「肉じゃが」と答える人も多いだろう。古くからある家庭料理だと思われがちだが、実は肉じゃがのルーツは「ビーフシチュー」だといわれている。
その昔、ビーフシチューの味を日本で再現することが難しく、和風の味付けでビーフシチューを再現できないかと試行錯誤して完成したのが肉じゃがという訳だ。確かに具材や調理方法を見ると、共通する部分は多い。しかし諸説あり、肉じゃがは認知度が高いながらも実は謎めいた料理である。
この記事もCheck!

7. 煮崩れしにくいじゃがいも【メークイン】の特徴

煮崩れしにくいというメリットを持つ品種・メークイン。その特性から、比較的煮込み時間が長いカレーやシチュー、ポトフ、肉じゃがなどの料理に使うことをおすすめしたい。
メークインは俵型のものが多く、細長く、表面のデコボコが少ないため、皮がむきやすいという利点がある。粘り気があることにより崩れにくくなっている。滑らかな食感は、どんな料理にもなじみやすい。
この記事もCheck!

8. ホクホク食感が美味しいじゃがいも【男爵】の特徴

男爵はじゃがいもの品種の中でも知名度が高く、多くの人がその品種名を知っているだろう。食感が特徴的で、粉吹き芋やコロッケ、ポテトサラダなどの料理によく使われる。
とくにおすすめは、じゃがいも本来の甘みや美味しさを存分に引き出せる「じゃがバター」。じゃがバターのほっくり感は、男爵ならではの味わいだ。
この記事もCheck!

結論

じゃがいもは定番の家庭料理によく使われる野菜で、品種や調理方法もさまざまある。作りたいレシピに適したじゃがいもを使ったり、茹で方など調理方法を工夫したりすれば、料理がさらに美味しくなるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ