このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【出し巻き卵】の知識まとめ。ふわっと作るコツから保存方法まで

【出し巻き卵】の知識まとめ。ふわっと作るコツから保存方法まで

投稿者:ライター 河原希(かわはらのぞみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 9日

日常の食卓はもちろん、弁当やつまみとしても活躍する料理「出し巻き卵」。しっかり焼き目をつけるものや、ふっくらとした口当たりになるものなど、作り方によって仕上がりはさまざまだ。ここでは美味しい出し巻き卵の作り方や保存方法、さらにはカロリーや献立も紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ふわふわの出し巻き卵を作るコツ

ふわっとした口当たりの出し巻き卵を食べたい人も多いだろう。しかし、店で食べるような味をなかなか出せないこともしばしば...。
そんな人必見のふわっとした出し巻き卵を作るコツが存在するのだ。おさえるポイントはたったの3つ。ひとつは材料にマヨネーズを入れること。これはマヨネーズに含まれる油が卵の持つタンパク質と結びつき、ふわりとさせてくれる。ふたつ目は火加減だ。黄身と白身では固まる温度が違うため、ここに注意すると固くなりすぎない。最後は卵の混ぜ方だ。オムレツを作るときとは違い、混ぜすぎないことがポイント。この記事では、それらのコツを徹底解説している。いつも硬い出し巻き卵になると悩んでいる人はぜひチェックしてほしい。
この記事もCheck!

2. 美味しい出し巻き卵の味付けと作り方

出し巻き卵は、味付けや巻き方が仕上がりのキーとなるといっても過言でない料理だ。この記事では、味付けのポイントや出汁を入れるタイミング、巻き方のコツを紹介している。出汁の基本はかつお節からとったものと市販のめんつゆで作ったものだ。時間の都合などで使い分けてもよいだろう。巻き方のポイントについても詳しく説明している。うまく巻きあげるには3つのポイントをおさえよう。卵液の準備、焼く準備、焼いていく工程。どれも簡単で、いますぐ試すことができる。さらに、この記事では出し巻き卵のアレンジレシピも紹介しているため、あわせてチェックしたい。野菜入り出し巻き卵や出し巻き卵サンドイッチは、普段とは違った味わいが楽しめるだろう。
この記事もCheck!

3. プロ級!出し巻き卵の作り方

店で作られる出し巻き卵はなぜあんなに美味しいのだろう?プロと自分との違いはどこだろう?と考えたことがある人もいるかもしれない。この記事では、プロの料理人も実践する出し巻き卵の作り方のコツを紹介している。ポイントとなるのが卵の選び方だ。割る前にふるか光を当てて、割ったあと黄身と白身を見てチェックできる。なるべく鮮度のよいものを使おう。さらに、店のようなキレイな出し巻き卵を作るには、卵液と焼き方が重要だ。火力や調味料まで細かく説明されている。これを見るとプロ顔負けの出し巻き卵ができるだろう。また、出し巻き卵のアレンジレシピもあわせて紹介している。簡単に味変できるため、ぜひ作ってみてほしい。
この記事もCheck!

4. 出し巻き卵のカロリーと栄養

卵は低カロリー、低糖質でダイエットに向いている食材だ。ここでは、出し巻き卵のカロリーと栄養について迫っている。ダイエット中の人は必見だ。出し巻き卵のカロリーは、卵のカロリー以外にほぼ何も入っていない数値になっている。そのため、美味しくダイエットをするのに最適だ。そんな出し巻き卵の栄養価は、基本的に卵の栄養のみになる。卵の栄養価は高く、ビタミン群(ビタミンCを除く)やタンパク質など栄養の偏りも少ない。足りない栄養素とそれを補う食材も紹介しているため、あわせてチェックするとよいだろう。元々低カロリーの出し巻き卵だが、それでもカロリーが気になる人向けに、食べ方の工夫も紹介している。
この記事もCheck!

5. 出し巻き卵を楽しめる献立とは?

せっかくの美味しい出し巻き卵を、献立トータルで楽しみたいと思う人もいるだろう。この記事では、出し巻き卵に合う副菜やスープを紹介している。出し巻き卵は朝食ではメインに、夕食では副菜にと献立の中で立ち位置が変わる料理だ。ここでは、メインとして食べる場合の献立を紹介している。見ためにも美味しそうな献立は必見だ。出し巻き卵は和食のため、味噌汁と合わせて献立を組むことも多いだろう。そのほかにも、鶏がらベースの野菜スープとも相性がよい。味噌汁と鶏がらスープに入れたい食材もあわせて紹介している。せっかく献立を考えるのだから、アレンジして楽しむのも手だ。この記事では、海苔入りの出し巻き卵、カレー風味の出し巻き卵、ひじき入りの出し巻き卵の作り方を紹介している。ひと手間加えるだけで、献立が華やかになるだろう。
この記事もCheck!

6. 気になる出し巻き卵の保存方法

出し巻き卵は、老若男女問わず人気の料理だ。作りすぎて余ったときや、多めに作っておいて弁当用にしたいときなど、保存したい場面に出合ったことがある人も多いだろう。この記事では出し巻き卵の保存方法について紹介している。出し巻き卵には、保存期間が長い冷凍保存がおすすめだ。どのような状態でどうやって保存すればベストなのか説明されている。また、出し巻き卵を冷凍保存した場合の解凍方法も紹介しているため、あわせてチェックしたい。
この記事もCheck!

7. 出し巻き卵と卵焼きの違いとは

出し巻き卵とは、出汁を加えた卵焼きのことである。関西と関東とで味が違うのも特徴だ。厚焼き卵とは名前の通り厚みが特徴的な卵焼きのこと。出し巻き卵とは違い出汁は入れず、砂糖や醤油で味をつけるものが多い。卵焼きは出し巻き卵と違い、具材を入れて作れるのが特徴。それぞれの大きな見分け方は、出汁が入っているのか具材は入っているのかを見るとわかりやすいだろう。
この記事もCheck!

結論

出し巻き卵は、味のアレンジも保存もきく優れた料理だ。ちょっとしたコツをおさえるだけで、自宅で簡単に店のような味が再現できるのもうれしい。どれも簡単に試せるため、ダイエット中の人も出し巻き卵を楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >