このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【クラムチャウダー】に合う献立を紹介!どんなおかずが合う?

【クラムチャウダー】に合う献立を紹介!どんなおかずが合う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年2月11日

クリーミーな味わいやあさりの旨みが魅力的なクラムチャウダー。人気のあるメニューなのでクラムチャウダーを中心に献立を考える人もいるだろう。そこで本記事では、クラムチャウダーに合うおすすめの献立を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クラムチャウダーに合う副菜は?

一般的なクラムチャウダーは牛乳や生クリームをベースにしていることが多いため、同じクリーミーなテイストのタルタルソースを使ったサラダか、反対にさっぱりとしたテイストのグリーンサラダなどを合わせるのがおすすめだ。それぞれの副菜の特徴や作り方について簡単に紹介していこう。

クリーミーな味わい!タルタルソースを使ったサラダ

茹でたブロッコリーやむきエビ、つぶした卵、マヨネーズ、小さく切ったプロセスチーズ、塩コショウをすべて混ぜるだけで作ることができるタルタルサラダ。メインディッシュがさっぱりとした料理の場合、クラムチャウダーだけだと物足りないと感じる人は、タルタルサラダを副菜として作れば、十分な満足感を得やすくなるのでおすすめだ。

さっぱりして美味しい!グリーンサラダ

反対にメインディッシュがコッテリとした料理の場合、副菜はさっぱりとしたグリーンサラダなどをもってくるのがおすすめだ。クラムチャウダーも比較的クリーミーで味が濃厚なため、グリーンサラダのようなあっさりした副菜がちょうどよい。ベビーリーフやアスパラガス、サニーレタスなどの野菜にレモン風味のドレッシングをかければ、さわやかな味を楽しむことができる。

2. クラムチャウダーに合うメインディッシュは?

クラムチャウダーをスープとして作る場合、がっつり食べたいのなら肉料理、あっさりとした食べ物を好むなら魚料理をメインディッシュにするのがおすすめだ。なかでも相性のよいアクアパッツァやチキンステーキについて解説していく。

魚介系で統一するなら!アクアパッツァ

あさりだけでなくエビや鮭といった魚介類を豊富に入れたクラムチャウダーを作る場合は、いっそのこと主食はアクアパッツァなどの魚介系で統一するのもひとつの方法だ。アクアパッツァとは魚介類、トマト、オリーブオイルを一緒に煮込んだイタリア発祥の料理である。魚介類や野菜、調味料などをクッキングシートに包み、電子レンジで加熱をすれば簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

がっつり食べたいなら!チキンステーキ

魚料理では物足りないと思う場合は、チキンステーキなどのがっつりとした肉料理がおすすめだ。とくにチキンステーキはボリュームも満点なので、スタミナをつけたい時にもうってつけである。チキンを塩コショウでシンプルに味つけするのもよし、デミグラスソースやトマトソースなどで味付けするのもよしといった自由度の高い料理なので、好みの味つけで食べてみるとよい。

3. クラムチャウダーを使ったアレンジメニューを紹介

最後に少し変わったクラムチャウダーのアレンジメニューを2つ紹介しよう。クラムチャウダーと一口にいっても、酒粕を使ったものやトマトベースのものなど、さまざまな種類のクラムチャウダーがある。簡単な作り方についても紹介するので、通常のクラムチャウダーに飽きてしまった時や、アレンジメニューに挑戦したい時の参考にしていただけたら嬉しい。

酒粕を使ったクラムチャウダー

酒粕というと味噌汁やお菓子の材料として使う人も多いが、実はクラムチャウダーの材料としても使うことができる。作り方は基本的なクラムチャウダーとほとんど変わらず、牛乳や豆乳などを鍋に入れるタイミングで一緒に酒粕も入れるだけである。ヘルシーで食べやすいクラムチャウダーを食べたい人におすすめのアレンジメニューといえるだろう。

トマトベースのクラムチャウダー

クラムチャウダーのベースというと、牛乳や生クリームなどを思い浮かべる人が多いと思うが、トマトの水煮缶を使ったトマトベースもクラムチャウダーも非常に美味しい。あさり、ニンニク、ベーコン、セロリ、ジャガイモ、キャベツ、トマトの水煮缶、調味料などを一緒に煮込めば、ほんのり酸っぱくてさわやかな風味のクラムチャウダーを作ることができる。

結論

クラムチャウダーを中心に献立を考える場合、あっさりとしたメニューを作るか、それともコッテリとしたメニューを作るかによって、献立も大きく変わってくる。その時の気分や、好みによって料理を作ってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >