このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クラムチャウダーをアレンジ!バリエーション豊富なメニューを紹介

クラムチャウダーをアレンジ!バリエーション豊富なメニューを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年3月15日

クラムチャウダーは、あさりの旨みがたっぷりなうえ、野菜も入って具沢山の贅沢なスープだ。クラムチャウダーはそのままでも美味しいが、ひと手間加えてアレンジするとまた違った美味しさが楽しめる。ここではクラムチャウダーのアレンジ料理を紹介していく。

  

1. クラムチャウダーを味変アレンジ

基本のクラムチャウダーとは違う味に変えるアレンジを紹介する。

カレー味のクラムチャウダー

基本のクラムチャウダーは、あさりとにんじんや玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜を牛乳で煮込んでいる。コンソメや小麦粉も入れるレシピもあるので、好みに合わせて入れるのもいいだろう。また、市販でクラムチャウダーのルウもあるので、料理初心者は利用するのもひとつの手だ。基本の作り方でもあさりの旨みを感じられるが、カレー粉やカレールウを入れてカレーチャウダーにするとスパイシーになり、よりあさりの旨みを引き立てる。具材を煮込んでから牛乳を入れるが、そのタイミングでカレー粉やルウを入れよう。カレー粉を使うときは、とろみをつけるため小麦粉を合わせて入れるようにする。最後に溶けるチーズを入れるのもいいだろう。

味噌味のクラムチャウダー

基本のクラムチャウダーに味噌を入れると和風クラムチャウダーとして楽しめる。乳製品と味噌の組み合わせはコクと香ばしさがでるのでおすすめだ。味噌は合わせ味噌でもいいが、白味噌にしてみるのもいい。味噌を入れるタイミングは、カレーと同じで牛乳を入れるときに一緒に溶かし入れる。牛乳の代わりに豆乳を使うアレンジレシピもあるので試してみるといいだろう。味噌味のクラムチャウダーにも、溶けるチーズを入れるとさらにコクが出るのでおすすめだ。

トマトを入れるクラムチャウダー

基本のクラムチャウダーにトマトをプラスするアレンジだ。あさりと野菜の旨みにトマトの酸味が加わり、また違ったクラムチャウダーを味わえる。トマトはカットトマト缶を使うと簡単に作れるだろう。あさりと野菜を煮込むときにトマトも一緒に煮込もう。トマトクラムチャウダーはパンに付けて食べるのがおすすめの食べ方だ。

2. クラムチャウダーを麺でアレンジ

クラムチャウダーは麺類のアレンジも可能だ。

クラムチャウダーをパスタにアレンジ

クラムチャウダーのクリーミーさを活かして、クリームパスタに簡単にできる。できあがったクラムチャウダーに、茹でたスパゲティーなどのパスタを入れて混ぜ合わせるだけで、あさりの旨みを感じられるボンゴレクリームパスタができあがるのだ。クラムチャウダーを作ったときの残りで作るのもいいが、市販のクラムチャウダーの缶を使ってみるともっと簡単に作ることができるので、試してみるのもいいだろう。

ほかの麺類のアレンジ

パスタ以外にも、クラムチャウダーとうどんでアレンジしたカレーうどんもおすすめだ。長ねぎやちくわなどの具材を炒めて、水を加えてひと煮立ちさせたところにカレールウを入れて溶かしていく。そこにクラムチャウダーを入れて混ぜ合わせ、さらに煮込んだところに茹でたうどんを入れるとできあがりだ。クリーミーなカレーうどんは、耐熱皿に入れて溶けるチーズをのせてオーブンで焼き、グラタンにするのもいいだろう。
また、ラーメンにアレンジする方法もある。具はベーコンと玉ねぎとあさりだけのシンプルな具材にする。インスタントラーメンは塩味がいいだろう。ベーコンと玉ねぎを炒め、水を入れて沸騰させたところにあさりとインスタントラーメンの麺を入れて加熱。そのあと牛乳とスープの素を入れ、煮込むと完成だ。スープまですべて飲み干したくなるほど、濃厚で旨みのあるラーメンができるので、ラーメンが好きな人にはぜひ試してみてほしい。

3. クラムチャウダーをごはんでアレンジ

ここでは、ごはんを使ったアレンジ方法を紹介する。

クラムチャウダーをリゾットにアレンジ

本格的なリゾットは、米を出汁で煮て、チーズやバターでクリーミーに仕上げたものだが、ここでは炊いたごはんを使った簡単リゾットのアレンジを紹介する。クラムチャウダーを作る途中でごはんを入れるのだ。作り方は、野菜を煮込んだあと、あさりや牛乳、コンソメなどと一緒にごはんを入れて煮込むだけでできあがり。

クラムチャウダーをドリアにアレンジ

ドリアとは、ごはんの上にホワイトソースとチーズをのせて、オーブンで焼いたものだ。ホワイトソースの代わりにクラムチャウダーをかけるというアレンジで、あさりの旨みを感じられるドリアに仕上がる。ごはんにクラムチャウダーと溶けるチーズをのせて、焼き目がつくまでオーブンで焼くだけでできあがりだ。クラムチャウダーは作ったものでも、市販の缶詰や粉末スープでも手軽に作ることができる。

4. クラムチャウダーをグラタンにアレンジ

クラムチャウダーを使ったグラタンにアレンジする方法を紹介する。

クラムチャウダーをグラタンにアレンジ

クラムチャウダーをホワイトソースの代わりに使ってグラタンにすることができる。耐熱皿に茹でたマカロニを入れ、上からクラムチャウダーとチーズをかけてオーブンで焼くだけで、シーフードグラタンが完成だ。焼く前にパン粉やパセリをふりかけておくのもいいだろう。パン粉をのせることでさくっとした食感を出すことができる。

マカロニ以外のグラタンアレンジ

前述はマカロニのグラタンを紹介したが、パンやじゃがいもを使ったグラタンにするアレンジしてみるのはどうだろうか。パングラタンは、できあがったクラムチャウダーと食パンを耐熱皿に入れ、チーズをのせてオーブンで焼く。パンがクラムチャウダーを吸収し、チーズものっているので濃厚な仕上がりになる。じゃがいものグラタンは、じゃがいもを器にしてスープを入れて焼くといい。
じゃがいもを切らずにそのままラップで包み、電子レンジで加熱して柔らかくする。中をくり抜いて器のようにしたじゃがいもを耐熱皿に入れ、じゃがいもの中にクラムチャウダーを入れよう。溶けるチーズやパン粉、バターを入れてオーブンで焼けばできあがりだ。バターは風味づけになっているのでなくてもOK。前述した通り、グラタンの場合も市販の缶詰を使ってみるのもいいだろう。

結論

クラムチャウダーは、あさりの旨みとたっぷりの野菜を味わえるスープである。基本のクラムチャウダーを味変したり、クリーミーさを活かしてパスタや麺類、グラタンなどアレンジしたりとバリエーション豊富だ。市販でクラムチャウダーの缶詰やルウ、粉末スープを利用すれば、手軽に作れるので試してみるといいだろう。クラムチャウダーが好きな人にはアレンジレシピに挑戦してほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング