このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【香菜(パクチー)】を使った簡単アレンジレシピ3選!一味違った美味しさを楽しもう

【香菜(パクチー)】を使った簡単アレンジレシピ3選!一味違った美味しさを楽しもう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年3月19日

近年にわかに、国民的野菜といっても過言ではないほどブームとなってきた感のある香菜(パクチー)。爽やかでいて個性的な芳香に魅惑されたパクチストなるファンが増加中だ。食欲増進、整腸、抗菌といった効果も期待できるとあって、アサリの酒蒸し、餃子など定番の料理にもどんどん加えていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 香菜たっぷり蒸し料理「香菜とアサリの酒蒸しボンゴレ風」

香菜(パクチー)をたっぷり加えれば、いつものアサリの酒蒸しも新たな印象に変身。さらにショートパスタも足せば、イタリア料理のボンゴレ風に。おもてなしの前菜や酒肴にもぴったりだ。

【材料】(2人分)

アサリ:約200g(約20個)、香菜(パクチー)(みじん切り、葉を仕上げの飾りに少しとっておく):10~20g、ショートパスタ(フジッリ、ペンネなど):100g、玉ねぎ:1/2個、白ワイン:50ml、オリーブオイル:適宜、ニンニク(みじん切り):1~2片、塩・こしょう:適宜

【作り方】

1.アサリを1晩塩水につけ、砂を吐かせておき、殻をこすり合わせるようにしてよく洗う。
2.湯を沸かし、塩を湯の1%分(お湯1リットルに対して10g)入れ、ショートパスタを指定の時間よりやや短めに茹でる。パスタはザルに上げ、茹で汁は捨てずにとっておく。
3.やや小型のフライパンや土鍋(そのまま食卓に出せるものがあればベター。なければフライパンでも可)にオリーブオイルとニンニクを入れて火にかける。ニンニクの香りがたったら火を弱め、玉ねぎを炒める。
4.アサリを入れてひと混ぜし、白ワインと塩ひとつまみを加え、ふたをして5分ほど蒸す。その際、ショートパスタの茹で汁も大さじ3杯ほど加える。
5.貝が開いたら、茹でておいたショートパスタを和えるようにして加える。塩、こしょうで味を調え、みじん切りにした香菜を加える。
6.ふたをして弱火で3分ほど蒸したらできあがり。飾りに香菜の葉を載せる。

アサリの旨味がパスタにたっぷり絡んで、満足感のある1品に。レモンを添えて、少ししぼるとより爽やか。好みでプチトマトやエリンギなどを4の段階で加えても美味しい。

2. エスニックな香り漂う「香菜といろいろ野菜の餃子」

香菜(パクチー)好きな方にはおなじみのメニューだが、香菜(パクチー)以外の野菜もいろいろ入れると、ヘルシーで満足感ある餃子になるのでお好みでアレンジしよう。

【材料】(2人分)

餃子の皮:20枚、豚ひき肉:150g、香菜:30g、キャベツ:100g(約2枚)、椎茸:2枚、紫玉ねぎ(または玉ねぎ):1/2個、
《調味料》ニンニク(すりおろし):1片、生姜(すりおろし):1片、酒:大さじ1、醤油:小さじ1、胡麻油:小さじ1、塩・こしょう:適宜、サラダ油:大さじ1と仕上げ用に少々、水:1/2カップ

【作り方】

1.香菜(パクチー)の葉と茎、キャベツを洗って水気を拭き取りみじん切りにする。椎茸は軸の硬い部分を切り落とし、みじん切りにする。
2.豚ひき肉に塩少々を入れてよくこねる。さらに《調味料》を加えて粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
3.1の野菜を2の肉だねに加える(練り込まずに軽く混ぜ合わせる)。
4.餃子の皮の中央に3の具をのせて、皮の縁にぐるりと指で水を付ける。ひだを付けながら包んでいく。
5.大きめのフライパンに、サラダ油大さじ1を入れ、餃子を並べる。水を入れふたをして、火をつける。
6.弱火で7~8分蒸し焼きにする。
7.ふたを取って、サラダ油をフライパンの縁から少々回し入れて強火にし、焼き目が付くまで30秒~1分ほど焼く。

餃子のタレはお好みで。醤油と酢、ラー油の定番でも。レモン汁、ナンプラーやチリソースを加えてもいい。香菜が好きでたまらないという方は、薬味として、タレにも細かく刻んだ香菜をプラスしよう。

3. さわやかな香りを生かして「香菜のフレッシュペースト」

香菜(パクチー)ブームに乗っかって、万能調味料として人気の香菜ペーストがこちら。フードプロセッサーがあればあっという間にできあがる。サラダにはもちろん、蒸し鶏やシーフード、餃子や冷ややっこなど、さまざまな料理とのマッチングをお試しあれ。

【材料】(2人分)

香菜:1袋(約50g分)、ニンニク:2片、オリーブオイル:100cc、塩:小さじ1

【作り方】

1.香菜(パクチー)を洗って、水気をキッチンペーパーでよく拭き取る。フードプロセッサーに入るぐらいの適当な長さに切る。
2.すべての材料をフードプロセッサーにかけ、滑らかなペースト状にする。
3.煮沸消毒したガラス瓶に入れて、冷蔵庫で保存する(1週間ほど保存可能)。

イタリア料理でおなじみのバジルで作ったジェノベーゼのように、松の実やアーモンド、カシューナッツ、パルメザンチーズなどを加えるとコクが深まり、パスタや蕎麦と和えても美味しいので、ぜひアレンジを自在に楽しんで欲しい。
食卓に彩りと香りを添えてくれる香菜(パクチー)。香菜(パクチー)のペーストは、アサリの酒蒸しや餃子のタレとしても使えて、ますます香菜パワーがアップする。もし香菜(パクチー)をたくさん入手して、余りそうだという時には作りおきしておきたい。ファスナー付き保存袋や保存容器に小分けして冷凍すれば、1ヵ月ほど保存も可能だ。

結論

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ