このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【オリーブオイル】と【グレープシードオイル】の違いとは?栄養・味など

【オリーブオイル】と【グレープシードオイル】の違いとは?栄養・味など

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月14日

オリーブオイルは多くの家庭に買い置きのあるオイルであろう。対してグレープシードオイルはここ数年で、シェアを広げつつある存在だ。どちらも海外生まれのオイルであることは共通しているので、洋風料理に使っているという人も多いかもしれない。今回はそれぞれの違いと使いわけについて解説をしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オリーブオイルとは

オリーブオイルとは、オリーブの果実から抽出したオイルのこと。地中海を中心にオリーブ栽培が盛んな場所で作られる。日本でもここ数年、小豆島などで生産されているが、まだまだ価格は高めである。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルは国際オリーブ協会によって、細かく9つの種類に分類されている。バージンオリーブオイルの中でも最高峰と言えるのがエキストラバージンオリーブオイルである。日本ではエキストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルが主流で、ドレッシングなど、生で使う場合は香りのよい前者を活用するとよいと言われている。

オリーブオイルの栄養価

オリーブオイルには、ビタミンが多く含まれている。これはオリーブオイルが果実から抽出されるものだから。またほかの油に対してオレイン酸の含有量が多い。オレイン酸とは不飽和脂肪酸のひとつで、悪玉コレステロールを減らす効果があるとされている。

2. グレープシードオイルとは

グレープシードオイルは、その名の通りぶどうのタネから抽出したオイルのこと。ワインの副産物ともいわれている。国産品はかなり流通が少なく、輸入品または輸入素材で作られたものがほとんどである。

グレープシードオイルの栄養価

グレープシードオイルの栄養価として特筆すべきは、コレステロールがゼロであるというところにある。またビタミンE、ポリフェノールの含有量も多い。癖のない味わいで、香りもほぼなし。色もほぼ無色透明なので、一見すると何のオイルかはわからないほどである。

食用以外にも

グレープシードオイルはその癖のなさ、そして肌なじみのよさから、マッサージなどのキャリアオイルとしても広く活用されている。エッセンシャルオイルをプラスして使うと、よい香りとハーブの効果が加わり、相乗効果が生まれる。

3. オリーブオイルとグレープシードオイルの違い

栄養価

カロリーはほぼ同じだが、含有される栄養価が異なる。とくに大きな違いは脂肪酸。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は腸内環境を正常に整える効果が期待できる。対してグレープシードオイルに多く含まれるリノール酸は、摂取しすぎると善玉コレステロールを減少させてしまう危険性があるので注意が必要だ。

味わい

オリーブオイルは高い香りが特徴。オリーブを感じさせる清涼感のある香りとほんのり辛みを感じる味わいが特徴である。対してグレープシードオイルはほぼ無臭、味わいも無味である。これは抽出された本体が、果実と種子という違いも大きく関係している。

使い分け

オリーブオイルとグレープシードオイルの使い分けのコツは、香りにある。オリーブオイル特有の香りが料理のエッセンスになりうるものは、そちらを使うべき。パスタなどはそれに当たるだろう。対してグレープシードオイルは無味無臭なので、洋風料理に限らず、和食などオールラウンダーに使うことができる。

結論

オリーブオイルとグレープシードオイルはどちらも酸化しにくく、家庭で重宝するオイルだ。違いは果実オイルと種子オイルであるという点。含まれる栄養素も異なり、味わいにも違いがある。どちらもオイルなので、摂取のし過ぎはカロリー過多の原因に。適量を上手に使い分けたいものだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ