このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グリルの基本を学ぼう!種類から使い方、メリットまで解説

グリルの基本を学ぼう!種類から使い方、メリットまで解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月29日

グリルは、魚を焼くことしかできないと思ってはいないだろうか。グリルを利用すれば、魚だけでなく様々な調理が可能なのである。さらに、グリルで調理することでジューシーな仕上がりになるのだ。グリルの効能や特徴を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グリルの種類

グリルは、上下にバーナーが付いており両面が焼けるタイプと、上にバーナーが付いており片面だけ焼けるタイプがある。両面が焼けるタイプは、片面タイプと比べ裏返す手間がかからず調理時間もおよそ3分の2となる。

さらに、下の受け皿に水を入れるタイプと入れないタイプがある。水を入れるタイプのグリルに水を入れずに使用すると、食材によっては脂が落ち発火の危険があるので、必ずグリルの種類は確認しよう。

2. グリルを使うメリット

グリル調理の最大のメリットは、直火と対流熱によるダブルでの加熱ができることだ。直火で食材の表面をカリッと焼き上げ、食材を対流熱でも加熱し旨みを閉じ込める。肉なら、パリッとジューシーに仕上げ、野菜であれば、本来の味わいをギュッと凝縮できるとされる。また、他の調理器具と比べて短い時間でできるのも魅力的だ。

3. グリルでの調理

グリルでは、色々な調理ができる。トーストは、中がふっくら、表面はカリッと焼くことができ、トーストと同時に野菜やソーセージなどの調理が可能だ。また、天ぷらや唐揚げなどの揚げ物をグリルを使ってあたため直すと、カリカリでジューシーに仕上げることができる。

結論

短い時間でおいしくジューシーに仕上げることができるのがグリルである。グリルを使ったレシピは沢山あるので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ