このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グリルパンは調理法の幅が広がる!魚焼きグリルを有効活用しよう!

グリルパンは調理法の幅が広がる!魚焼きグリルを有効活用しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月27日

キッチンのコンロにたいてい設置されている魚焼きグリル。従来のグリルは魚を焼く用途以外ではほとんど使われず、さらに後片付けがちょっと厄介なものだった。しかし、昨今のキッチンは進化が目覚ましく、魚焼きグリルでできることが増えている。後片付けも面倒でない進化系グリルパンの活用法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 魚焼きグリルにセットする進化系ツール「グリルパン」が続々登場!

進化系ツールとは、魚焼きグリルの網の上に置けるグリルパンのこと。南部鉄器のものからステンレス製のものまで素材のバリエーションは豊富で、蓋付きのものもある。そのまま魚焼きグリルに入れて調理でき、出来上がったらグリルパンだけを取り出して、食卓に並べることができる。つまり調理器具=食器というわけ。魚焼きグリルの網皿と受け皿を別々に洗って乾かすという面倒な後片付けもいらない。

2. グリルパンで調理法のバリエーションが広がる!

進化系グリルパンは、炒める以外のほとんどの調理方法をカバーできる。グリルパンの種類と、魚焼きグリルの片面グリルと両面グリルの違いなどで、熱の伝わり方が異なるため調理時間は様子を見ながら調整しよう。

✔ノンフライ調理

普段は油で揚げているエビフライやトンカツも、魚焼きグリルの高温にあやかり揚げずに調理できる。

✔グリル料理

牛肉や鶏肉、魚の周りに野菜を散らして、上からさっとオイルと塩胡椒を振りかけて加熱すると短時間でメインディッシュの出来上がり。

✔オーブン風料理

グラタンやドリアなどのオーブン料理もお手の物。表面がカリッと焦げるまで、約20分程じっくり焼こう。オーブンと違いあらかじめ熱しておくなどの手間もなくて簡単だ。

結論

なかなか使われず「キッチンの死角」とまで言われてしまう魚焼きグリルだが、進化系ツールを活用して簡単調理のレパートリーを増やしてみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ