このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ビールに合うつまみ】節約から時短まで!簡単なつまみを紹介!

【ビールに合うつまみ】節約から時短まで!簡単なつまみを紹介!

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月12日

数ある酒のなかでも最も身近にあるビール。仕事に疲れて帰宅したあとの一杯は最高だ。そんな至福のときに欠かせないのがつまみである。飲みたいときにすぐできるつまみから節約、ヘルシーつまみまで、今回はおすすめのつまみについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビールに合う定番つまみ

枝豆

夏のビールのおともといえば枝豆である。塩茹でしただけの枝豆はさっぱりしていて食べやすいので、気付いたら空のさやがてんこ盛り、なんていうこともあるだろう。簡単にできること、箸を使わずに手もあまり汚れないことなども人気のひとつだ。冷凍の枝豆も販売されているが、その日採れた枝豆を塩茹でして食べると格別の美味しさがある。

焼き鳥

居酒屋呑みの定番つまみといえば焼き鳥である。甘辛いタレとビールの相性はバツグンだ。家で作るときには串に刺さずに焼いてもいいだろう。鶏もも肉と白ねぎを焼いたねぎまやレバー、砂ずり(砂肝)など種類も豊富で食べ飽きることもない。

唐揚げ

ビールを呑みながらがっつり食べたいときにぴったりなのが唐揚げである。最もポピュラーな鶏の唐揚げのほか、タコの唐揚げや豚肉の唐揚げなど具材もさまざまだ。カレー粉をまぶしたスパイシーなものや香味ダレをかけたものなど、味付けを変えることもできるのでアレンジは無限大。

2. 家計に優しい!節約つまみ

もやし

節約食材の定番といえばもやしである。淡白な味のもやしをビールに合うつまみにするにはピリ辛にするのがポイントだ。ナムルやごま和えにも豆板醤やコチュジャン、ラー油などの辛みをプラスすることで、美味しいつまみに大変身。

豆苗

家で手軽に再生栽培もできる豆苗を使えば、節約つまみを作ることができる。茹でた豆苗をしょうゆ、コチュジャン、ごま油、おろしにんにくで和えてユッケ風にしたり、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく、ベーコン、豆苗を炒めたりなど、簡単にできるものも多いので使い勝手がよい。

鶏皮

鶏肉の部位のなかでも安価で手に入れることのできる鶏皮。食べやすい大きさに切ってカリカリに焼くと、塩こしょうをふるだけでジューシーなつまみになる。油っぽさが気になるときには大根おろし、小口切りにした青ねぎをのせ、ポン酢をかけて食べるとあと味がさっぱりする。

3. すぐできる!ビールに合うつまみ

やみつききゅうり

包丁を使わずに作ることができる、やみつききゅうりはサッとできるあっさり系つまみ。きゅうりを袋に入れめん棒などで叩いて一口大にし、鶏がらスープの素、醤油、ごま油などで和えるだけでできる。きゅうりのほかキャベツを使用したり、塩昆布を加えたりなど自分好みにアレンジしてみよう。

ソーセージ

肉系つまみで簡単にできるのはソーセージである。そのまま焼くだけでももちろん美味しいが、ソースを絡めたり、赤唐辛子と一緒に炒めたりなどひと手間加えるのもおすすめだ。じゃがいもを一緒に焼くとさらに食べごたえもアップする。

さばの味噌煮

時間をかけて煮詰めなければならないイメージのあるさばの味噌煮も、レンジを使えばすぐできる。さばの旨みとコクのある味噌の味がビールにもぴったりだ。

4. 気にせず食べられる!ヘルシー系つまみ

冷奴

あっさり系つまみの代表ともいえる冷奴。定番の生姜醤油のほか、キムチやザーサイをのせたり、塩昆布や明太子をのせたりなど、食べ方もさまざまである。含まれる糖質が少なく、良質なタンパク質が豊富なので、糖質制限中にもおすすめだ。

茹で肉

カロリーが高いイメージのある肉類も、茹でて脂を落とせばヘルシーつまみになる。ささみや鶏胸肉など脂質が少ない部位を選んで調理するほか、脂の多い鶏皮なども茹でることでさっぱり食べることができる。千切りにしたきゅうりとあわせてバンバンジー風にしたり、豚しゃぶにしたりなど、茹でてこそ美味しい料理も豊富なので試してみてほしい。

結論

ビールに合うさまざまなつまみについて紹介した。肉系や魚介系、ガッツリ系やあっさり系など、その日の気分によって合うつまみも変わるだろう。どれも手近な食材で簡単にできるものなので、いつも同じつまみしか食べないという人は、今回紹介したつまみを試してみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >