このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【キヌア】の炊き方を解説。炊飯器や電子レンジでも炊ける?

【キヌア】の炊き方を解説。炊飯器や電子レンジでも炊ける?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年4月29日

スーパーフードとして名をはせる「キヌア」。あまりに小さい粒ゆえに、その調理法に頭を悩ませる人も多いかもしれない。キヌアは、火が通ると5倍ほどの大きさに膨らむ食材である。そして、炊き方も非常に簡単であるのがありがたい。さまざまな料理に応用できるキヌアの炊き方について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炊飯器や電子レンジを使ってキヌアを炊く

キヌアを調理する際にもっとも気軽にできるのは、炊飯器や電子レンジなどどこの家にもある道具を使用することである。火加減などを気にしなくて済むこれらの調理道具を使ったキヌアの炊き方をみてみよう。

炊飯器を使ってキヌアを炊くとき

まず、キヌアを調理する際にはある程度の水洗いが必要である。これは、キヌアの表面にサポニンという成分が付着しているためで、これにより苦味が出ることがあるからである。米と違い、粒が小さいので洗いにくいかもしれないがこれも慣れである。炊飯器を使ってキヌアを炊くときは、水はキヌアの倍量とおぼえておこう。あとは炊飯スイッチを押すだけである。キヌアは、種類によって独特の香りが残ることがある。そのため、炊く際に酒を加えるとよいかもしれない。

電子レンジを使ってキヌアを炊く場合

電子レンジを使った炊き方の場合も、キヌアを水洗いすることを忘れてはいけない。洗ったキヌアを耐熱の容器に投入、キヌアの3倍の水を加える。ラップをして、10分ほど加熱をするとキヌアが炊きあがる。もちろん、シリコンスチーマーなどを使用しても問題ない。電子レンジを使用する場合も、炊く際には塩をひとつまみ入れるとあとで食べるときに食べやすい。もちろん、酒や醤油をわずかに加えることで、調理に応用する際にはより使いやすくなるだろう。

2. 鍋を使ってキヌアの炊くときは

次は、鍋を使ってキヌアを炊く方法である。鍋を使ってキヌアを炊くと、よりプチプチ感が実感できるという人も多い。

鍋を使ってキヌアを炊くには

鍋でキヌアを炊く際には、水はキヌアの量の2倍ほどを使う。よく洗ったキヌアと水を加えて、15分ほど加熱しキヌアに水分を吸わせる。その後、火を止めて10分ほど蒸す。炊く際に、ブイヨンなどを使うとキヌアにほどよい味がつく。

香りが気になる人は茹でるという方法も

キヌアは比較的淡白な味わいではあるが、その種類は200種にも及ぶ。なかには、土臭さが鼻につくタイプがあるため、炊いたときにこのにおいが気になるという人もいるかもしれない。
その場合は、炊くよりも茹でるほうがにおいは気にならない。この場合は、洗ったキヌアをたっぷりの熱湯で15分ほど茹で、ざるにあげればできあがる。また、においがとくに気になる人は、炊いたり茹でたりする前に2~3分フライパンで炒るという方法もある。

炊いたキヌアは保存できるか

こうして炊いたキヌアは、冷蔵庫で2~3日は保存が可能である。日常的にキヌアを食べたい人は、少し多めに炊いて小分けにして冷凍保存しておくという方法もある。冷凍したキヌアは、自然解凍が望ましい。

3. ごはんとキヌアをともに炊く場合

炊きあげたキヌアは、別に炊いた白いごはんと一緒に混ぜて食べることができる。さらには、米と一緒に炊飯器で炊くという方法もある。米1合に対して、キヌアは大さじ1杯くらい。塩を少々加えると食べやすくなる。
また、疑似穀物であるキヌアと五穀米などともに炊いても非常に美味しい。その場合は、おむすびや焼きおにぎりにすれば人寄せの際にも使えるメニューとなる。市販の商品の中には、キヌア入りの玄米ごはんなども売られている。白米と食べれば、キヌアが苦手な人も毎日規則的に摂取できてとても便利である。

結論

初めての人はキヌアの調理法に戸惑うことも多いかもしれない。しかし、キヌアはご覧のように簡単な炊き方で調理ができる食材なのである。炊飯器や電子レンジなどで気軽に調理できるほか、鍋でも炊くことができる。炊きあがったキヌアは冷凍保存も可能である。スーパーフードのキヌアを、ぜひ日常の食生活に取り入れてみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ