このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スフレオムレツの作り方や注意点を徹底解説!オムレツとの違いは?

スフレオムレツの作り方や注意点を徹底解説!オムレツとの違いは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年4月21日

ふわふわの食感やほんのりと感じられるたまごの甘みが特徴的なスフレオムレツ。ごはんとしても、スイーツとしても活用できるスフレオムレツの魅力について、本記事で詳しく解説していく。スフレオムレツの作り方も解説するので、おしゃれで美味しい料理を作りたい人も必見である。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スフレオムレツとは?普通のオムレツとの違いを解説

スフレオムレツとは、卵白を泡立てたメレンゲを使用して作るオムレツのことを指す。通常のオムレツは、メレンゲを作る必要はなく、溶き卵を使って作っていくため、スフレオムレツのほうが難易度は高いといえるだろう。

スフレオムレツは、大きく分けて「ごはんとして食べるスフレオムレツ」と「スイーツとして食べるスフレオムレツ」に分類することができる。塩コショウなどで味付けをし、ケチャップや野菜を添えればごはんとして食べることができ、砂糖などで味付けをし、生クリームやチョコレート、フルーツなどをトッピングすればスイーツとして食べることができるのだ。要するに、スフレオムレツはさまざまなアレンジ方法が可能なのだ。

メレンゲを入れることにより、口のなかで溶けていくような食感を楽しむことができるスフレオムレツ。たまごが好きな人にはたまらない絶品料理なのである。

2. スフレオムレツを作ってみよう

それでは、スフレオムレツの具体的な作り方について解説していく。スフレオムレツの調理において最も重要となってくるのがメレンゲ作りである。メレンゲを上手に作れば、ふわふわ食感のスフレオムレツができるので、ぜひ以下のポイントを意識しながら作ってみてほしい。

卵黄をかき混ぜる

まず、たまごを卵黄と卵白に分けて、卵白は冷蔵庫で冷やしておく。卵黄はボウルに入れて、かき混ぜていこう。しょっぱい味付けにしたいのであれば塩コショウ、甘い味付けにしたいのであれば砂糖を入れてかき混ぜるのがポイントである。

メレンゲを作って溶き卵と混ぜる

次に、水や油などで汚れていない清潔なボウルに卵白を入れて、ハンドミキサーで泡立つまでよくかき混ぜていく。甘いスフレオムレツを作る場合は、ハンドミキサーでかき混ぜる前に、砂糖をひとつまみ入れてからかき混ぜ、その後は砂糖を2~3回に分け加えながら混ぜていくようにしよう。もし、卵白がなかなか泡立たない時は、裏ワザとして塩をひとつまみだけ混ぜると泡立ちやすくなるので、試してみてほしい。また、メレンゲは手早く混ぜることを意識しよう。時間をかけてかき混ぜていると、せっかく作ったメレンゲの泡が潰れてしまい、ふわふわ感の少ないスフレオムレツになってしまうため、注意が必要である。

ミキサーの先端でメレンゲを触った時に、つんと角が立つくらいになったら、ミキサーを止めて、先に準備しておいた溶いた卵黄と混ぜていく。一度にメレンゲ全部を溶き卵に混ぜるのではなく、2~3回に分けながらヘラでさっくりと混ぜるのがポイントだ。混ぜすぎるとメレンゲの泡がつぶれてしまうため注意が必要だ。

フライパンで加熱していく

あとは、フライパンで生地(メレンゲと溶き卵を混ぜ合わせたもの)を焼いていくだけである。油をひいて熱したら、平たくなるように生地をフライパンに入れてふたをして加熱をする。2~3分ほど焼くと、少しだけ生地が固まりはじめるので、その段階でフライ返しを使い生地を半分に折りたたもう。生地が固まったらスフレオムレツの完成である。

3. スフレオムレツのトッピング例を紹介

スフレオムレツは用途によって、トッピングが大きく変わってくる。ここからは、「ごはんとして食べるスフレオムレツ」と「スイーツとして食べるスフレオムレツ」のトッピング例をそれぞれ紹介していこう。

ケチャップやチキンライスを添える

ごはんとしてスフレオムレツを食べる場合は、シンプルにケチャップをかけて食べるのが定番である。スフレオムレツのみだともの足りない場合は、チキンライスを作って添えたり、スフレオムレツを作る際にチキンライスを生地で包んでオムライスに仕上げるのもおすすめだ。また、野菜を摂取したい人はトマトやレタス、ルッコラなどを添えるのもよい。

生クリームとフルーツでデコレーション

スイーツとしてスフレオムレツを食べる場合は、生クリームや好みのフルーツをトッピングするのもおすすめだ。イチゴソースやチョコソース、ジャム、パウダーシュガーといった「クレープによく使うトッピング」もデコレーションとして使えるので、自分好みのスフレオムレツを作ってみよう。

結論

スフレオムレツは、メレンゲさえ上手に作ることができれば、ふわふわの食感を再現することができる。自分好みの味にアレンジできるのもスフレオムレツの大きな魅力といえるだろう。ワンランク上のオムレツを作ってみたい人は、スフレオムレツにトライしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ