このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
卵を使った簡単料理4選!定番料理から意外なお手軽レシピまで!

卵を使った簡単料理4選!定番料理から意外なお手軽レシピまで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年5月 9日

さまざまな料理に活用でき、とても便利な食材の卵。今回は卵を使った簡単料理を紹介したい。卵は使い方次第でいろいろなアレンジができるほか、メインのおかずとしても活躍してくれる。定番の卵料理から、意外と簡単に作れる卵料理まで幅広く紹介していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単料理の定番!卵焼きのアレンジ

簡単料理の定番ともいえる卵焼きだが、アレンジ次第でいろいろなバリエーションの料理になる。シンプルに醤油や砂糖などで味付けして焼いた卵焼きも美味しいが、みじん切りにしたピーマンやにんじんを加えれば栄養価がアップする。シャキシャキとした食感も面白く、食べごたえのある卵焼きになるだろう。また、出汁を加えた出汁巻き卵や卵焼きにトッピングをするのもおすすめ。シンプルに仕上げた卵焼きにネギだれや大根おろし、野菜のあんかけなどをトッピングすれば、おかずとしてだけでなくつまみとしても活躍してくれる。キャベツや豚肉を入れた卵焼きを作り、ソースやマヨネーズをかけてお好み焼き風にしても面白い。

2. 茶碗蒸しは卵を使った意外な簡単料理

茶碗蒸しは蒸し器が必要だったり分離しやすかったりと、難しいイメージをもっている人も多いはずだ。しかし、レンジを活用すればとても簡単に美味しい茶碗蒸しが作れるのだ。作り方も簡単で、溶いた卵に出汁と具材を加えてレンジで加熱するだけで完成。滑らかに仕上げたいときは卵と出汁を合わせたあとに一度こしてから器に入れ、具材を加えるのがおすすめ。レンジで加熱する際はラップをかけ、低温でじっくりと加熱しよう。200W程度の低温で10分ほど加熱すると滑らかに仕上がる。500Wや600Wしか選べない場合は、30秒ごとに中を確認しながら少しずつ加熱するとよいだろう。加熱しすぎるとスが入ったり、表面がでこぼこしてしまうので注意したい。

3. 簡単料理の強い味方!卵とごはんで絶品丼

簡単かつ節約になるのが卵を使った丼。卵を使った丼の代表格が親子丼だが、卵と玉ねぎだけでも十分美味しい丼が作れる。鶏肉の代わりに厚揚げや油揚げを使ったり、ひき肉を一緒に卵でとじたりしても美味しい。めんつゆを使えば料理が苦手な人でも手軽に作ることができ、短時間でボリュームのある一品が完成する。卵丼を作るときのポイントは、卵に火を入れすぎないこと。溶き卵は火を入れすぎると固くなってしまうため、トロトロの半熟に仕上げるとよい。具材を出汁で煮てから最後に卵を加え、ふたをしたら弱火で煮る。数分で固まってくるので、様子を見ながら上手く半熟に仕上げてみよう。トロトロの卵とごはんの相性はバツグンだ。

4. 卵+野菜で作れる簡単料理

卵に野菜を加えれば、一気にボリュームのある簡単料理に変身する。なかでも意外な組み合わせが、卵とトマト。くし形に切ったトマトをフライパンで炒め、溶き卵と中華出汁を加えて合わせれば卵とトマトの中華炒めが完成。トマトのほどよい酸味と卵のまろやかさがベストマッチな一品だ。同じような材料でスープを作っても美味しい。トマトのほかにもほうれん草や玉ねぎ、きのこなどを一緒に炒めればさまざまなバリエーションの卵炒めが作れるだろう。さらにハムやソーセージ、豚肉などを加えればボリューム満点のおかずになる。ちなみに、油の代わりにマヨネーズを使って野菜や卵を炒めると、コクがアップするのでおすすめだ。

結論

卵を使った簡単料理にはいろいろな種類があるが、卵焼きだけでもたくさんのバリエーションがあるのには驚きだ。卵さえあれば、メイン料理となる丼も手軽に作れてしまうので万能な食材といえるだろう。卵は栄養も豊富なので、積極的に食事に摂り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >