このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コストコのチョコクレープがハイクオリティーでおすすめ!常温保存OK?

コストコのチョコクレープがハイクオリティーでおすすめ!常温保存OK?

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年5月 5日

今回紹介したいのは、コストコで購入できるおすすめのチョコレートクレープ。クレープは店で買うと意外に高く、家で作ろうと思うとなかなか難しいもの。しかし、コストコのクレープは安くて美味しいのでとてもおすすめだ。クレープの味や価格はもちろん、美味しい食べ方も紹介するのでぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コストコの【TIGREAT チョコレートクレープ】

コストコで売られているクレープの中でも人気が高いのが、TIGREATのチョコレートクレープ。小腹が空いたときにちょうどよいサイズのチョコクレープで、1袋に20本入って約750円で購入できる。1本のサイズは約30gで、細長いクレープの中にたっぷりのチョコレートソースが入っている。ソースの中にはヘーゼルナッツが入っているので、香ばしい香りや風味も感じられる。
甘みもしっかりとあり、海外のチョコレートが好きな人にはとくにおすすめだ。クレープの生地は薄く焼いたものをくるくると巻いてあり、食べごたえがある。そのまま食べると、しっかりとした食感が楽しめるだろう。
1本あたりのカロリーは約140kcal。そこまで高いカロリーではないが、手軽に食べられるので食べすぎには注意したい。トッピングなどをするとさらにカロリーはアップしてしまうので、少しずつ食べるとよいだろう。

・常温で保存可能

TIGREATのチョコレートクレープの最大の特徴は、常温で保存できること。クレープは冷蔵や冷凍のものが多いが、この商品は常温で保存できるので持ち歩きにも便利だろう。とはいえ、あまりにも暑い日や湿気の多い日は長時間放置しないようにしよう。冷凍もできるので、夏場などは購入したらすぐに冷凍してもよいだろう。

2. 食べ方いろいろ!冷凍しても美味しい

TIGREATのチョコレートクレープは常温保存でき、そのまま食べても美味しい。しかし、温めたり冷凍したりしても美味しいのだ。

・凍らせる

個包装になっているので袋のまま冷凍しておけば、食べたいときにすぐ食べられるのでおすすめ。凍ったまま食べても美味しいし、半解凍くらいで独特の食感を楽しんでもよいだろう。

・レンジで温める

レンジで10秒ほど温めて食べるのもおすすめ。温めるときは少しずつ加熱し、チョコレートソースがトロっとしてきたら食べごろ。加熱することで生地がよりもっちりとし、柔らかくなって食べやすくなる。温めすぎると、中のチョコレートソースが外に出てきてしまうので注意しよう。食べる際は中のソースでやけどをしないよう、気を付けながら食べるとよい。

・トースターで焼く

トースターで軽く温めて、カリッとした食感を楽しむのもおすすめ。表面はカリッと、中はモチモチトロトロでいろいろな味わいを楽しめるだろう。レンジと同様、中のソースが熱くなっている可能性があるので注意しよう。

3. チョコレートクレープを使ったおすすめアレンジ

・トッピングで豪華に

チョコレートクレープを皿にのせ、アイスや生クリームなどをトッピングすれば豪華なデザートが完成する。フルーツを添えてもよいだろう。生クリームをのせる場合は、甘さ控えめのものがおすすめ。クレープ自体が甘いので、あっさりめのクリームを添えると最後まで飽きずに食べられるだろう。仕上げにチョコレートソースやキャラメルソース、好みのフルーツソースをかければ見栄えもよくなる。

・フライパンで焼く

フライパンで焼くのは少し手間がかかるが、その分美味しさもアップ。軽くバターを溶かしたフライパンでクレープの両面を焼き、グラニュー糖をまぶしてさらに焼く。グラニュー糖が溶けて香ばしい香りがしてきたら完成だ。表面がカリッとキャラメリゼされるので、ほんのり苦くて大人な味わいに。

結論

クレープは自宅で作ろうと思うとなかなかハードルが高いもの。しかし、コストコにはそのまま食べられる美味しいチョコレートクレープが売られているのだ。ほどよいサイズ感と食べやすさで、子どものおやつだけでなく大人のティータイムやデザートにもピッタリだろう。甘いもの好きな人は、ぜひチェックしてみよう。
※価格は執筆日時点での情報となり、すべて税込みです。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >