このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チャーシューの作り方や味付けのポイントを紹介!気になるカロリーは?

チャーシューの作り方や味付けのポイントを紹介!気になるカロリーは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月19日

チャーシューといえばラーメンのトッピングとして、日本人にはなじみ深い料理のひとつだ。醤油ベースのこってりとした味付け、ジューシーな肉の旨みがたまらないチャーシューは、元々は中国の料理から生まれたもの。調理に時間がかかるイメージが強いが、家庭でも簡単に作れるならやってみようと思われる方もいるだろうか。今回はチャーシューにフォーカスし、自宅でもできる調理法とアレンジレシピをご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チャーシューの作り方

数多く存在するチャーシューのレシピ。煮込むのもよいが、本格的に作りたいなら焼いて作るのがベスト。焼く前は、密閉容器を利用してあらかじめ肉をタレに漬け込んでおく。タレの水分を取ったら火にかける。焼きながらハチミツを塗ると肉が柔らかくなり、表面のパサつきを軽減できるので覚えておこう。焼くときはオーブンでじっくりと火を通すのがポイントだ。
この記事もCheck!

2. 簡単なチャーシューの作り方

とろとろ食感のチャーシューを作りたいなら、脂身多めの豚バラ肉を選ぼう。フライパンで表面を焼き、1時間程度下茹でしてから調味料で煮込む。ラーメン屋で出されるようなチャーシューを作りたいなら圧力鍋で作るのがよい。弱火で長時間じっくり煮込むのが重要だ。時短で作りたいなら電子レンジでも調理が可能。豚肉ブロック全体をフォークでまんべんなく刺し調味料をなじませる。クッキングシートをかぶせ、ラップをふんわりと乗せたらレンジにかける。一気に過熱するのではなく、少しずつ調理するのがポイントだ。
この記事もCheck!

3. 豚バラチャーシューの作り方

豚バラ肉でチャーシューを作るときは、肉の選び方に注意が必要だ。なるべく赤身が多めに入った鮮度のよいものを選ぶようにしよう。下ごしらえは入念に。常温に戻し塩コショウをふったら、少し薄くなるまで麺棒などで叩く。肉を焼くときは、大さじ2杯程度の油をたっぷりと入れる。これは余分な脂を取り除くために大切なプロセスになる。焼き色がついたら1時間ほど下茹でをし、最後に調味料を加えた煮汁でじっくり火を通していこう。
この記事もCheck!

4. チャーシューの味付けのポイントとは

チャーシューの味付けのポイントは醤油、ハチミツ、そして紅糟(ホンツァオ)だ。本格的なチャーシューを作るなら、普段とは異なったこだわりのものを選ぶのもよい。ハチミツは砂糖の代わりに使えば複雑な味わいになり、カロリー軽減にもつながる。表面に塗ると、照りが出てチャーシューの見た目もよくなる。紅糟は中国の調味料のひとつ。本格派を目指す人はぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

5. チャーシューのカロリーと栄養素とは

肉料理のひとつであるチャーシュー。麺やごはんなどとセットで食べられる場合が多いため、その分カロリーは高くなってしまう。高カロリーではあるがただ美味しいだけではなく、栄養面でも優れている。豚肉にはビタミンB1が多く含まれている。タンパク質も摂取できるので成長期の子どもにもぴったりだ。できるだけカロリーを抑えたいなら、鶏肉を代替品として使うのもよい。
この記事もCheck!

6. 冷凍チャーシューのアレンジ法とは

材料の豚肉が安く手に入ったら大量に作っておき、食べきれない分は冷凍保存しておこう。そのまま食べても美味しいチャーシューだが、アレンジして食べるのもおすすめだ。すでに味付けされているので、そのまま野菜と炒めるだけでも簡単に一品が完成する。串に刺して焼けば見た目も楽しめるメニューに早変わり。ココナッツミルクは豚肉とよく合うので、エスニック風煮込みにするのもよいだろう。
この記事もCheck!

7. チャーシューのアレンジレシピとは

作りすぎて余ってしまったチャーシューは、アレンジして食べるのもよい。定番のチャーシュー麺だけでなく、麺の種類を変えてエスニックヌードルを作るのもおすすめだ。ポークウェリントン風にするのもあり。イギリス発祥のオーブン料理である、ビーフウェリントンをベースにしたレシピだ。いつもの食べ方に飽きたら、子どもと一緒に作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

8. チャーシューにも種類がある?その違いとは

実はチャーシューは、一般的に叉焼と焼豚の2種類が存在する。叉焼とは、中国語で叉焼肉という料理のこと。本来は串焼肉を意味する言葉で、豚バラ肉やモモ肉にタレをつけて専用の炉で焼いたものを指す。一方、焼豚はチャーシューまたはやきぶたと読む。日本では煮込んで作るタイプが多く、いわゆる煮豚のことを指す場合が多い。焼豚は、叉焼をベースに日本で作りやすく改良した料理である。本格的な叉焼は、中華街などで一度食してみるのもいいかもしれない。
この記事もCheck!

結論

今回はチャーシューの作り方とアレンジレシピについてご紹介した。本格派を目指したいならオーブンを使った調理がおすすめだ。焼きすぎにさえ注意すれば、あとはオーブンにおまかせでOK。記念日やホームパーティーなど、腕を振るいたいときに最適な一品。ぜひ手作りチャーシューで、皆を驚かせてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >