このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マフィンの作り方や美味しい食べ方とは?似ている食べ物も解説

マフィンの作り方や美味しい食べ方とは?似ている食べ物も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月15日

バターの香りや甘い味わいで愛されているマフィン。しっとりとした食感と、愛嬌のある膨らみが何とも魅力的なスイーツである。今回は、マフィンのカロリーや栄養素、似ている食べ物やおすすめの食べ方、簡単レシピなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マフィンの気になるカロリーや糖質は?栄養素も解説

カップケーキとも似ているマフィンは、ふんわりとした甘さとバターの香りが人気のスイーツ。ごくシンプルな材料から作られており、手軽さも魅力である。なかなかのボリューム感があるといえるが、スイーツの中でもカロリーはやや高め。砂糖やバターを使用しており、生クリームたっぷりのショートケーキと同等の糖質を有している。マフィンには、粘膜に作用するといわれるビタミンAや、体内の酸化防止に効果が期待できるセレン、ミネラルの一種であるモリブデンなどの栄養素が含まれているのも特徴である。食べすぎには注意して、おやつタイムを楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

2. マフィンとスコーンの違いとは?見た目や作り方が違う食べ物

マフィンとスコーンは、どちらもパンに近しいイメージがある焼き菓子である。マフィンはアメリカで親しまれてきた食べ物。カップの型を使ったクイックブレッドとして、ハムやチーズなどが入った甘くないマフィンも存在している。対するスコーンは、スコットランド生まれ。アフタヌーンティーの習慣が広まったことにより、紅茶に合う菓子として登場したのが始まりである。原料はほぼ同じだが、油分や作り方の違いにより、見た目や食感が大きく異なるのが何とも興味深いところである。しっとりしたマフィンとサクサク食感のスコーンの成り立ちについて、ぜひ覚えておくといいだろう。
この記事もCheck!

3. マフィンはイングリッシュマフィンとどう違う?

名前が似ていることから、混同されやすいイングリッシュマフィンとマフィン。実は原材料や味わいが全く異なる食べ物である。イングリッシュマフィンは、もともとイギリス発祥で、アメリカに渡ったのち、主に朝食用のパンとして親しまれている。強力粉やバター、塩、イーストを原料としており、食事系のアレンジレシピも多彩に揃う。マフィンは、カップケーキ型のスイーツでイースト菌は使用しない。おやつにぴったりの甘い味わいと、かわいらしい見た目が特徴だ。食事用のパンと、甘いお菓子と区別するといいだろう。
この記事もCheck!

4. マフィンの美味しい食べ方は?紅茶との相性バツグン

イギリスでは、カップケーキ型の甘いスイーツのことをマフィン、朝食で食べることが多いパンをイングリッシュマフィンと区別している。どちらのマフィンも、紅茶やコーヒーと一緒に美味しくいただくことをおすすめする。とくに甘くしっとりしたマフィンは、風味が素晴らしいダージリンや、コクのあるアッサムなどの紅茶と相性がバツグンだ。自分好みの紅茶を選んで、優雅なティータイムを過ごしてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

5. 簡単で美味しいマフィンのレシピを紹介!作り方のポイントも

愛嬌のある形と甘さで人気のマフィンは、実は自宅で簡単に手作りできるスイーツ。ポイントは、使用するバターを常温に戻しておくことと、オーブンをあらかじめ温めておくこと、そして粉類を事前にふるって準備しておくことである。作り方は、至って簡単。バター、砂糖、塩をボウルの中でかき混ぜ、牛乳と卵を投入する。さらに、薄力粉とベーキングパウダーを入れ、さらっと混ぜ合わせた生地を型に流し込み、オーブンで20分程度加熱する。焼けたら取り出し、少し冷ませばできあがりだ。チョコレートを混ぜたアレンジなど、応用もきくのでぜひ試していただきたい。
この記事もCheck!

6. コストコのマフィンはリーズナブルでおすすめ!冷凍もOK

会員制業務用スーパーのコストコには、「ミックス&マッチマフィン」という名称のマフィンが販売されている。直径約10cmという大きさで、リーズナブルな価格も評判だ。定番のフレーバーはチョコレートチップ、ブルーベリー、バナナクランブルの3種類で、期間限定商品も人気だとか。かなりのボリュームなので、食べきれない場合は、冷凍保存をおすすめする。機会があれば、家族や友人と楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

結論

スコーンやイングリッシュマフィンと似たイメージがあるマフィンだが、味わいはどちらとも異なっている。自宅でもわりと簡単に作れるので、自分好みのアレンジを加えて、美味しい紅茶と一緒に味わってみてはどうだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >