このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【麻婆豆腐】のカロリーや美味しく作るコツを伝授!決め手は花椒!

【麻婆豆腐】のカロリーや美味しく作るコツを伝授!決め手は花椒!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月16日

中華料理の中でも人気メニューとして挙がる「麻婆豆腐」。四川風と呼ばれる辛いものから、和風の優しい味わいのものまでアレンジができる料理でもある。今回は麻婆豆腐のさまざまな作り方や、作る際のポイントなどをまとめてみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麻婆豆腐のカロリーと栄養

低カロリーな食材として知られる豆腐を使っているからと、麻婆豆腐もカロリーが低いと思うのは危険かもしれない。豚ひき肉とごま油を使用しているからか、豆腐料理の中でもカロリーは比較的高いのだ。しかしながら、豆腐は脂質が少なく低カロリーでありながら、イソフラボンやカルシウムなどの栄養もしっかりと含まれている。体重制限中などでカロリーが気になる場合は、ひき肉を豚から鶏へ変える、もしくは肉を使わずおからを使用したり、野菜をかさ増ししたりすると抑えることができる。
この記事もCheck!

2. 麻婆豆腐は水きりが大事

低カロリーな食材として知られる豆腐を使っているからと、麻婆豆腐もカロリーが低いと思うのは危険かもしれない。豚ひき肉とごま油を使用しているからか、豆腐料理の中でもカロリーは比較的高いのだ。しかしながら、豆腐は脂質が少なく低カロリーでありながら、イソフラボンやカルシウムなどの栄養もしっかりと含まれている。体重制限中などでカロリーが気になる場合は、ひき肉を豚から鶏へ変える、もしくは肉を使わずおからを使用したり、野菜をかさ増ししたりすると抑えることができる。
この記事もCheck!

3. 電子レンジで麻婆豆腐を作る方法

家ではフライパンで作るイメージのある麻婆豆腐だが、じつは電子レンジでも簡単に調理が可能だ。材料は普通の麻婆豆腐と同じだが、異なるのは耐熱ボウルとラップを用意すること。ボウルにひき肉を入れさっくりとほぐし、酒などの調味料を入れてふんわりとラップをしてレンジで加熱する。温めている間に甜麺醤などの調味料を合わせ、加熱したひき肉に投入しひと混ぜし豆腐をのせてさらに加熱。最後に豆腐を崩し、ねぎ、ごま油をかければ完成だ。

4. 四川風麻婆豆腐の決め手は花椒

四川料理には欠かせない花椒は、辛みと酸味を兼ね揃えたスパイスだ。山椒と同じなのかと思うかもしれないが、山椒は独特な風味が特徴で料理のアクセントとして使用する。中国の家庭では、もっともポピュラーな調味料として常備されている花椒だが、中華料理だけでなく味噌汁や唐揚げにもかけても合う。花椒を使った四川風麻婆豆腐を作る際、花椒を入れるタイミングは最後。料理が台無しになる可能性もあるので、入れすぎには注意しよう。
この記事もCheck!

5. 和風麻婆豆腐のカロリーと作り方

優しい味付けがいい、中華料理は子どもと一緒に食べられないといった声に応えられるのが和風麻婆豆腐。普通の麻婆豆腐との違いは、鶏ガラスープではなく、かつお出汁を使うこと。そこに醤油と砂糖、味噌などで味を調える。カロリーは普通のものより少し低カロリー。しかしそれでもカロリーが気になる場合は、ひき肉を豚から鶏に変えたり、油を使わないでいいようにテフロン加工のフライパンを使ったりするとカロリーオフが可能だ。
この記事もCheck!

6. 麻婆豆腐の種類

麻婆豆腐は、黒麻婆と赤麻婆の2種類ある。本場四川の麻婆豆腐は、花椒のしびれる辛さが特徴の黒麻婆が主流となっている。最後にトッピングする花椒の色が、黒っぽいことが名前の所以である。一方、赤麻婆は唐辛子の辛味が決め手になっている。それに加えて豆板醤という調味料を使うことで、赤色の麻婆豆腐ができあがる。唐辛子の刺激と豆板醤の塩味から、シャープな辛さが赤麻婆の特徴だ。
この記事もCheck!

結論

電子レンジでも簡単にできる麻婆豆腐は、辛さを調整したり味付けを和風にしたりすることで子どもも楽しめる中華料理だ。調理前の下ごしらえで、豆腐の水きりをしっかりとするひと手間を忘れずに、ぜひオリジナルの麻婆豆腐を作ってみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ