このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【石垣もち】はゴロゴロしたさつまいもが目を引く大分の郷土料理!

【石垣もち】はゴロゴロしたさつまいもが目を引く大分の郷土料理!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年7月11日

郷土料理とは、地域の食材や調理法を使って食べられている料理だが、最近では地域を飛び出して広い地域で食べられるようになっている。しかしそれでもまだ認知度の低い郷土料理は多くある。ここで紹介する「石垣もち」もその1つだ。ここでは石垣もちが食べられている地域や由来、作り方など石垣もちの魅力を余すところなく紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 石垣もちとは?

郷土料理のなかには名前を聞いただけではどのような料理か想像できないものもあるが、石垣もちはどうだろう?実際に料理を見てみると、もちという名前がついているが実際には角切りのさつまいもが入った蒸しパンに近い。なぜ石垣という言葉が入っているのかというと、ゴロゴロと入っている角切りのさつまいもが石垣のように見えるからという説と、石垣が多くみられる地域で作られていたからという説がある。さつまいもの産地といえば鹿児島県を真っ先に思い浮かべてしまうかもしれないが、石垣もちは大分県の郷土料理だ。大分県もさつまいもの産地であり、現在は「甘太くん」というブランドさつまいもを名産品として生産している。また、大分県は小麦の栽培が盛んで、小麦を使った料理や菓子が多く存在する。地域で獲れた食材を活かして作られたのが石垣もちなのだ。

2. 石垣もちで使われる食材とカロリー

石垣もちで欠かせない食材といえばさつまいもと小麦粉だ。しかし小麦粉と一口にいっても薄力粉、中力粉、強力粉の3種類ある。レシピでは小麦粉とだけしか書かれていないことが多いが、その場合は薄力粉を使おう。もっちりとした食感にしたいなら強力粉を混ぜるのもおすすめだ。
石垣もちのメイン食材であるさつまいもと小麦粉の100gあたりのカロリーは、それぞれ132kcalと368kcalである。さつまいもと小麦粉のほかにも砂糖などを加えるため、カロリーはさらに高くなる。代表的な石垣もちのレシピを使ってカロリーを計算してみよう。以下は6人分の材料である。
  • 薄力粉:500g
  • さつまいも:(正味)650g
  • 上白糖:75g
  • 食塩:12g
総カロリーは1,237kcal、1人前206kcalという計算になる。

3. 石垣もちはいつ食べられる?

郷土料理にはめでたいときに食べられるものと、日常的に食べられているものとがある。石垣もちは後者で、手軽に材料が手に入ることや作り方が簡単であることから、冬から春にかけて農作業の合間のおやつとして食べられていた。冬から春と限定的だったのは、さつまいもと小麦粉の収穫が秋だったことが関係している。ちなみに農作業中のおやつのことを「こびり」と呼ぶのだが、「小昼(こびる)」が訛ったとされている。残念ながら現在では石垣もちを食べる機会は減ってきているが、地元の学校給食で提供されたり自治体がレシピを公表したりと石垣もちを絶やさぬようにさまざまな取り組みが行われている。

4. 石垣もちの作り方

石垣もちの材料はスーパーで揃えることができるため家でも作ることができる。用意する材料はさつまいもと小麦粉のほかに砂糖と塩、水だ。生地をふっくらとさせるためにベーキングパウダーを入れることもある。調理器具としては蒸し器が必要だ。まずさつまいもは皮をむいて1cm角に切り、色が悪くならないように5分ほど水に浸けておく。その間に小麦粉に砂糖と塩を加え混ぜ合わせておき、水気をきったさつまいもを混ぜ合わせる。途中で水を加えながら硬さを調整し、ひとつにまとまるくらいまで捏ねる。十分な硬さになったら適当な大きさに等分し丸く成型する。用意しておいた蒸し器に並べて、20分ほど蒸せば完成だ。きちんと火が通っているか不安な場合は竹串でさつまいもを刺して、抵抗なく竹串が通るか確認しよう。

5. 石垣もちの食べ方

石垣もちの材料はシンプルだが、さつまいも自体にしっかりと甘みがあるため何もつけずにそのまま食べることができる。蒸すことでもっちりとした食感を楽しむことができるため、少量でも食べごたえは十分で子どものおやつとしても最適だ。できたては当然美味しいのだが、もともとは農作業の合間に食べられていたことから冷めても十分美味しい。小麦粉の種類は配合を変えることで食感に変化を与えることができるため少しずつ変化をつけることができるのも大きな魅力だ。

結論

角切りのさつまいもがポイントの石垣もち。もちという名前だが小麦粉を使っており蒸しパンに近いというのが特徴的だ。もともとは農作業の合間に食べられていたおやつでシンプルながらさつまいもの甘さが引き立つ郷土料理だ。最近は食べられる機会が減っているが見ためもかわいらしいため、子どものおやつに作ってみてはいかがだろうか。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 石垣もち
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/ishigakimochi_oita.html
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >