このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マシュマロでお菓子を作るメリットは?ムースやプリンにアイスも!

マシュマロでお菓子を作るメリットは?ムースやプリンにアイスも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年7月 2日

マシュマロは、かわいらしい見ためとふわふわな食感からスイーツのトッピングにも使われるのだが、じつはお菓子作りの材料としても使うことができる。ここではマシュマロを使うことのメリットやマシュマロお菓子の作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロを使うメリット

単体またはトッピングとして食べられることの多いマシュマロは、じつはお菓子作りの材料にも向いている。その理由の1つがマシュマロの材料にある。ふわふわとした食感を出すため、マシュマロには卵白やゼラチンといった材料が使われている。卵白を泡立てるとメレンゲになることからも分かる通り、卵白はふわっとした食感を生み出す。ゼラチンはゼリーを固めるときに使われ、プルンとした食感を生み出す。マシュマロを使えばこれらの材料を用意する必要がなくなる。また卵白やゼラチンは扱いが難しい材料なのだが、マシュマロは比較的扱いやすいというメリットもある。

また、マシュマロには砂糖が入っているがしつこくない甘さのため、お菓子作りで使ったとしても甘くなりすぎないうえ、ほかの食材の味も邪魔しない。もしマシュマロだけでは甘みが足りない場合はチョコやジャム、ドライフルーツを加えれば甘みを補えるだけではなく、味のバリエーションを増やすこともできる。ちなみにマシュマロによっては中にチョコソースやいちごソースが入っているものもあり、それらを使えばまったく同じ材料でも異なる味わいのお菓子を作ることができる。

2. マシュマロを使ってできる冷たいお菓子

マシュマロにはゼラチンが入っているため、冷やして作るお菓子で大活躍だ。たとえばマシュマロとヨーグルトを混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やせば簡単にムースが作れる。ヨーグルトの酸味が気になりそうだが意外にもさっぱりとした味わいのムースになり、ジャムやはちみつをかければお菓子として楽しめる。ムース状になるまでは少し時間がかかるが、一晩で完全に固まるため寝る前に作っておけば翌朝には食べられる。

加熱が必要な作業になるが、マシュマロを使えばプリンやアイスといった自宅で作るのが面倒なお菓子も作ることができる。プリンもアイスも必要な材料はマシュマロと牛乳(または生クリーム)だ。ただし、これだけでは少し味気ないと思えばチョコなどを加えるのがおすすめだ。ここではチョコを加える場合の作り方を紹介する。作り方はいたって簡単で、マシュマロと牛乳を加熱しながら混ぜ合わせ、そこに細かく刻んだチョコを加えてよく混ぜ合わせる。ここまでの工程はプリン、アイスともに同じだ。プリンの場合はプリンカップに移して冷蔵庫で冷やし、アイスの場合は金属製のバットなどに移し替えて冷凍庫で冷やす。どちらも固まれば完成だ。ちなみにアイスを作ろうと思うとアイスクリームメーカーなどが必要となるのだが、マシュマロを使えばいつもの調理器具で作ることができる。

3. マシュマロを使ってできる温かいお菓子

表面をこんがりと焼いた焼きマシュマロは、ふわふわしたマシュマロに香ばしさが加わり、また違った美味しさを楽しめる。焼きマシュマロを使った定番のお菓子に「スモア」がある。スモアは焼きマシュマロとチョコをグラハムクラッカーで挟んだお菓子で、アメリカやカナダではキャンプの定番のお菓子だ。ほかにもマシュマロをグラタン皿に敷き詰めてマシュマログラタンを作るのも面白い。フルーツやチョコを一緒に入れて焼けば見ためもかわいらしいお菓子になる。手間はあまりかからないのに写真映え間違いなしの一品だ。

ここまではマシュマロの表面を焼いただけでふわふわ食感も楽しめる温かいお菓子だったが、次に紹介するのはサクサク食感が特徴のマシュマロクッキーだ。使う材料はマシュマロとトッピング用のナッツのみだが、マシュマロには卵白が含まれているためメレンゲクッキーのようになる。マシュマロクッキーを作るにはマシュマロを長時間焼く必要があるためオーブンで作ろう。オーブンは120℃に予熱しておく。その間にマシュマロを半分に切って天板に並べる。並べる際はくっつかないように少し隙間をあけておこう。まずは15分ほど焼き、途中でオーブンから取り出してマシュマロの上にナッツを置く。再びオーブンに入れ、今度は45分焼く。もし焦げそうだったら途中で取り出して構わない。

結論

マシュマロには卵白やゼラチンなどが含まれており、それらをうまく活用することで美味しいお菓子を作ることができる。たとえばヨーグルトや牛乳と混ぜ合わせて冷やせばムースやプリン、アイスといったお菓子を作れる。一方で焼きマシュマロをこんがりと焼いてスモアやマシュマログラタンを作るのも面白い。ぜひマシュマロを活用していろいろなお菓子を作ってみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ