このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ごま油入りのうどんの魅力を解説!香ばしさがやみつきになる!

ごま油入りのうどんの魅力を解説!香ばしさがやみつきになる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月25日

使用する具材や調味料によってテイストが大きく変わるうどん。そんなうどんのアレンジ方法のうちのひとつである「ごま油入りのうどん」を食べたことはあるだろうか。普通のうどんでは感じられない、ごま油特有の香ばしさを堪能できる。本記事では、そんなごま油入りのうどんの魅力や作り方を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ごま油入りうどんの魅力は?

ごま油というと炒め物で使うイメージが強いが、うどんの麺とも相性が非常によい。うどんのめんつゆは比較的さっぱりとした風味だが、そこにごま油が加わることにより、香ばしさが一気に強くなり、さらに食欲をそそられる一品へと変化するのだ。

また、ごま油にはさまざまな栄養も含まれている。血中のコレステロール値を下げる効果があるリノール酸やリノレン酸、抗酸化作用が期待されているビタミンE、悪玉コレステロールの数を抑える働きをするセサミンなど、魅力的な成分が多々入っているのだ。

ただ、一点注意しておきたいのは「ごま油のカロリー」だ。ごま油の原料であるごまはカロリーが高く、ごま油大さじ1杯で約111kcalもある。そのため、カロリーの摂取量を制限している人はごま油の過剰摂取に気を付けよう。

2. ごま油を使ったうどんの作り方を紹介

ごま油入りのうどんの作り方は非常に簡単だ。しかも、ごま油を加えることにより、アレンジの幅をさらに広げることができる。ここからはごま油入りのうどんのさまざまな作り方を紹介していこう。

釜たまごま油うどんの作り方や、ピリ辛風味のごま油うどんの作り方、豚バラ入りの豪華なごま油うどんなど、それぞれ順番に詳しく解説していく。

トロっと美味しい!釜たまごま油うどんの作り方

たまごとうどんとごま油が組み合わさることにより、よりリッチな風味の釜たまうどんを作ることができる。まず、沸騰したお湯で冷凍うどんを茹でて、麺が柔らかくなったらザルに引き揚げて、粗熱を軽くとる。その後、皿にうどんの麺を入れて、細かく刻んだネギ、生卵、希釈しためんつゆ、ごま油をかけたら完成である。

キムチの辛さが癖になる!ピリ辛ごま油うどんの作り方

辛いうどんが好みの場合は、キムチと組み合わせてピリ辛風味のごま油うどんを作るのもおすすめだ。作り方は先述した「釜たまごま油うどんの作り方」と途中まで同じで、皿に具材などを盛り付ける際に、市販のキムチを加えるだけである。

さらに辛さを加えたい場合は、めんつゆにコチュジャンを足すのがおすすめ。さらにコク深い味わいになるため、辛いものが平気な人はぜひトライしてみてはいかがだろうか。

ボリューム満点!豚バラごま油うどんの作り方

肉を使ったボリュームのあるごま油うどんを作りたい場合は、豚バラ肉を加えるのがおすすめ。まず、ナスと豚バラ肉を一口サイズに切る。そして、鍋にごま油を入れて、ナスと豚バラ肉をよく炒める。ナスが柔らかくなった段階で水、めんつゆ、砂糖を加え、軽く煮立たせたら、冷凍うどんを茹でる。うどんの麺が茹であがったら火を止めて、皿に盛り付けよう。

3. ごま油を使ったうどんと相性のよい具材は?

ごま油を使ったうどんの場合、ごま油の香りを活かせるような食材を選ぶのがおすすめである。以下のような具材は、ごま油うどんでよく使用されている傾向にあるので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しい。
  • タマネギ
  • おろしニンニク
  • アスパラガス
  • ニラ
  • もやし
  • トマト
  • キュウリ
  • 小松菜
  • 海苔
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • ツナ
タマネギ、もやし、肉類など、定番の具材はもちろん、ニンニクやニラといったやや癖のある野菜とも相性がよい。ちなみに、ツナ、トマト、アスパラガス、キュウリなどは冷やしごま油うどんの具材として使用するのがおすすめだ。

結論

美味しいだけでなく、さまざまな栄養も一緒に摂取することができるごま油入りのうどん。ごま油があれば、さっぱりとしたシンプルなうどんから、ピリ辛でやや癖のあるうどんまで、さまざまなタイプのうどんを作ることができるので、気になる人はぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >