このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆パスタを絶品に仕上げる作り方を紹介!簡単なのに喜ばれる!

納豆パスタを絶品に仕上げる作り方を紹介!簡単なのに喜ばれる!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月19日

納豆パスタといえば、簡単に作れる美味しいパスタと思っている人もいるかもしれないが、ちょっとしたポイントをおさえて作ることで、単なる簡単なパスタではなく絶品の納豆パスタになるのだ。今回はそんな絶品の納豆パスタを作るポイントについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. とにかく絶品!納豆パスタとは

納豆パスタとは、その名の通り納豆を合わせたパスタのことだ。シンプルで簡単に作れることから最近話題になっているパスタだ。そんな納豆パスタを絶品といわせるためには、通常の納豆パスタにひと工夫プラスするのがおすすめだ。納豆をよりパスタに絡みやすくするために卵黄を加えたり、さらには納豆には欠かせない薬味をプラスしたりするのもいいだろう。とにかく納豆の美味しさを存分に引き立てる具材をプラスすることで、絶品の納豆パスタになるのだ。

2. 絶品納豆パスタの作り方

材料

絶品納豆パスタを作る際の材料は、パスタ、納豆、卵黄、大葉、青ねぎ、刻みのり、じゃこ、オリーブオイル、濃口醤油だ。材料だけを見るとシンプルで普通のように感じるがこのシンプルな材料がそれぞれ合わさることで絶品納豆パスタが完成する。

作り方

まず、パスタを茹でておく。その際、パスタの茹で汁に塩を加えるとパスタが美味しく茹であがる。また、この絶品納豆パスタは冷製パスタで作ることも可能だ。パスタは水でしめると硬くなってしまうので、冷製にして作る場合は、パスタをしっかり茹でておくのがおすすめだ。パスタを茹でている間に絶品納豆パスタには欠かせない、薬味を食べやすくカットして用意しておく。納豆は箸で事前によく混ぜて粘り気を出し、濃口醤油を混ぜておく。しっかり冷やして水気をきったパスタを器に盛り付けたら、納豆とじゃこ、刻みのり、薬味をトッピングしてオリーブオイルをかけて卵黄をのせたら完成だ。食べる際は、全体をよくかき混ぜて味わうのがおすすめだ。

3. 絶品納豆パスタを美味しく作るポイント

絶品納豆パスタを美味しく作るポイントは、納豆のタレを使わないことだ。納豆のタレを加えて混ぜてしまうと、少し甘みを感じるぼやけた味になってしまうので、濃口醤油を使うのがおすすめなのだ。さらに好みでおろしにんにくを加えるとスタミナバツグンの食欲をそそる味付けになる。また、薬味の大葉は千切りしてから水につけてアク抜きをしておくとより美味しく味わえる。ほかにも薬味のねぎの辛みが強い場合は、水にさらすと辛みを抑えることができる。また、好みでじゃこを加えても美味しい仕上がりになる。このようにちょっとしたポイントをおさえることで、絶品の納豆パスタが完成するのだ。

4. 変わり種!クリーミーな絶品納豆パスタ

納豆パスタというと和風ベースの味付けのイメージがあるが、実はクリームベースのパスタにしても絶品なのだ。作り方は、ボウルに納豆と卵、牛乳、しょう油、オリーブオイルを加えてフードプロセッサーに入れる。フードプロセッサーで材料を細かく撹拌したら、茹でたパスタを加えてよく絡めて、水菜、かつお節をトッピングしたら完成だ。意外な組み合わせに思えるが、クリーミーな味わいの中に納豆の味わいがよく合い、新感覚の絶品納豆パスタになる。使うパスタは、できれば生パスタを使うとよりクリーミーなソースとよく絡み美味しく仕上がる。フードプロセッサーを使っているので、泡立つようなクリーミーなソースが決め手だ。

結論

単なる納豆パスタでも、ちょっとしたポイントをおさえることで、より絶品の納豆パスタを作ることができる。基本的に作り方は簡単なので、忙しい日の食事にもとても重宝する。絶品の納豆パスタを作るポイントは、納豆と薬味のバランスを考えることだ。シンプルな味付けだからこそ薬味のアクセントがよく感じられるので、使う具材にこだわって絶品納豆パスタを仕上げてみるのもおすすめだ。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >