このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【野菜うどん】の作り方を紹介!野菜不足解消にもぴったり?

【野菜うどん】の作り方を紹介!野菜不足解消にもぴったり?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年8月 7日

誰でも簡単に作ることができるうどん。うどんの麺だけだとかなりシンプルな味になってしまうが、さまざまな具材を混ぜることによって、一気にボリューム満点の一品料理へと変化する。今回はそんなうどんの麺と相性バツグンの野菜を紹介していこう。野菜不足を感じている人にもおすすめできるうどんの作り方も解説していくので参考にしていただけたら嬉しい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. うどんと相性のよい野菜は?

うどんの麺と相性のよい野菜は数多くある。たとえば、よく使用される野菜では以下のような野菜が挙げられる。
  • タマネギ
  • ネギ
  • ゴボウ
  • ダイコン
また、サラダ風の冷たいうどんを作る場合は、トマトや水菜、キュウリ、ナス、ズッキーニ、パプリカ、レタスといったサラダの具材として使われることが多い野菜もおすすめだ。サラダ風のうどんを作る時は、野菜のほかにハムやツナ缶といった食材を加えるとさらにボリューミーなうどんへと早変わりする。

さらに、一見変わり種と思われるアボカドやレモンといった野菜も、アレンジの方法次第では相性バツグンになるだけでなく、写真映えもばっちりなオシャレなうどんを作ることができる。

うどんと野菜のバリエーションは無限大にあるといっても過言ではないだろう。

2. 野菜たっぷりうどんの作り方を紹介

それでは、本題でもある野菜入りのうどんの作り方をいくつか紹介しよう。使用する野菜の種類によって、うどんの作り方も大きく異なってくるため、ぜひ好みの野菜に合った作り方を試してみてほしい。

寒い冬にもおすすめ!野菜入りの温うどんの作り方

まずは、温かいうどんと野菜を組み合わせた作り方を紹介していく。まず、ニンジン、ダイコン、ゴボウ、タマネギ、ネギを切る、ニンジンやダイコンはいちょう切り、ゴボウはささがき、タマネギは薄切り、ネギは小口切りに切るのがおすすめだ。

野菜の準備ができたら、鍋のなかに水を入れて沸騰させ、ニンジン、ダイコン、ゴボウ、タマネギが柔らかくなるまで茹でる。野菜にしっかりと火が通ったら、うどんのスープの素と冷凍うどんを入れ、最後にネギを入れて軽く煮込んだら完成だ。

さっぱり美味しい!サラダ風うどんの作り方

夏にぴったりな冷たいうどんと野菜を掛け合わせたいのであれば、サラダ風にアレンジするのもおすすめである。まず、トマト、水菜、キュウリ、ナス、レタスなどをそれぞれ食べやすい好みの大きさに切る。野菜の下準備が終わったら、沸騰したお湯が入っている鍋のなかにナスを入れて柔らかくなるまで茹でる。その後、冷凍うどんを入れて、麺が柔らかくなるまで茹でよう。麺が茹であがったら火をとめて、ザルにうどんを入れて冷水でよく冷やす。最後に皿にうどんの麺と野菜を盛り付けて、希釈しためんつゆをかけたら完成である。

ちょっぴり変わり種!アボカド入りうどんの作り方

普段あまり目にしない変わったうどんを作ってみたい場合は、アボカドと納豆を使用した冷やしうどんにトライしてみるのもおすすめだ。まず、アボカドの皮と種を取り除き、薄切りにしておく。その後、沸騰したお湯のなかに冷凍うどんを入れて麺が柔らかくなるまで茹でて、ざるにあげてから冷水で冷やす。その後、皿にうどんの麺、アボカド、納豆、希釈しためんつゆをかけたらアボカド納豆うどんの完成だ。ちなみに、辛い食べ物が平気な場合は、キムチなどを加えるのもおすすめだ。

3. 栄養面を考えるならどんな野菜がおすすめ?

「野菜を摂取するのであれば、栄養面もしっかりと考えたい」と思う人は多いだろう。栄養と一口にいっても「どのような効果を得たいか」によって、おすすめの野菜は変わってくる。

たとえば食物繊維が豊富な野菜を食べたいのであればゴボウやタケノコなどがおすすめだし、ビタミンCが豊富な野菜を食べたいのであればもやし、ほうれん草などがおすすめである。

また、ニンジンに豊富に含まれているβ-カロテンは抗酸化作用が期待されており、ネギに含まれている成分は免疫力の向上や血行の改善に効果的だ。野菜によって期待できる効果は異なるため、自分の目的に合わせた野菜を選ぶようにしよう。

結論

温うどんでも冷やしうどんでも、うどんと野菜の相性はよく、アレンジ方法や得たい効果によっておすすめの野菜も変わってくる。摂取したい野菜を先に決めてから、それに合ったアレンジをするのもおすすめといえるだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ